佐賀県佐賀市

相良伸武

さがら自然農園

◆さがら自然農園の相良伸武です
農家ではなく百姓になりたくて、2016年に佐賀市の街中から山間部に移住しました。地域のおじちゃん、おばちゃん達の知恵にたくさんの事を学びながら、農薬や化学肥料を使わず、自然の循環と生き物達の力を借りて、美味しい作物を届けたいと思います。

◆農家になった経緯
子どもキャンプに長年従事し、いろんな意味で食の大切さをきちんと伝えたいと思っていました。また私自身、生活に関わる全ての事を自身の知恵と経験でやれる百姓にあこがれを持っていました。二つの思いが合致して移住を決意し、本物の百姓を目指して日々奮闘中です。

◆2018年の生産物のご紹介
さがら自然農園の生産物は農薬・化学肥料を使わず、必要最小限の厳選した有機物のみで育てています。
・お米
少量の米糠ぼかしと太陽の恵み、山から湧き出るそのままの水で作っています。また、稲刈り後は天日掛け干しのゆっくり自然乾燥で美味しいお米を目指しています。
・お野菜
お米づくりに時間を取られなかなか思うようにできていませんが、今年はそら豆、玉ねぎ、黒豆、落花生、里芋が取れました。来年はにんにく、原木椎茸に挑戦したいと思います。

◆生産地域について
佐賀市富士町は市の一番北側に位置し、福岡市に隣接しています。私が暮らす富士町関屋地区は標高400m前後で夏は涼しく、冬は雪深い場所です。朝晩の寒暖差は大きいのでお米づくりには適した土地ですが、冬の作物は限られます。