栃木県那須町

渋江和彦

那須高原こたろうファーム

トマト、野菜セット

那須高原こたろうファームの渋江です。山形県出身、栃木県那須町在住です。東京で金融や食品関係の会社で約20年働き、脱サラして農家になりました。夏のトマトをメインに、様々な高原野菜を栽培しています。


【思い切って飛び込んだ農業の世界】
もともと植物を育てることに興味があり、将来は農業をと漠然とかんがえておりました。東京に住んでましたが、那須高原が気に入り、思い切って那須に引っ越しました。しばらく新幹線等を使い会社勤めをしておりましたが、やりたかった農業の世界に思い切って飛び込みました。


【100種類以上の野菜を育てています】
夏のトマト、ミニトマトをメインに、レタス、キャベツ、サラダ向け葉物から、なす、ピーマン、とうもろこし、かぼちゃやイモ類など、年間100種類以上の野菜を育てています。

見て楽しい、買って楽しい、料理して楽しい、食べて美味しい、カラフルな野菜で食卓に彩りを、と考えて様々な野菜を作っています。いつも見慣れている、食べ慣れている野菜の美味しさに気づいていただきたいし、見たことのない野菜にも触れる機会をたくさんもっていただきたいです。料理に彩り豊かな野菜を添えることでお皿が華やかになる、そして食卓を囲んだみんなが笑顔になる、美味しさはもちろんですが、見た目にも華やかな食卓を提案していきます。

那須連山の麓に広がるこの地域は、 昼夜の寒暖差が大きく、森林に囲まれた豊かな自然があります。高原地域らしく昼夜の寒暖差も大きく、野菜を美味しく育てることが出来ます。

【トータルでお皿を提案したい】
農家は作物を作るだけが仕事ではないと思ってます。その作物は生で食べたほうがいいのか、それとも焼いたり蒸したりしたほうがいいのかを伝えることはもちろんですが、そのお皿の盛り付けや他の料理との組み合わせや相性も含め、トータルでお皿を提案できるようになりたいと思っております。

渋江和彦さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください