福岡県筑紫野市

八尋幸隆

むすび庵

かぼちゃ、じゃがいも

◆むすび庵の八尋幸隆(やひろ ゆきたか)です
福岡県筑紫野市在住です。農園名ほ「人と人の結びつきを大切にし、その中で何か新しいものが蒸される(生み出される)場にしたい」との思いに由来しています。

◆農家になった経緯
1973年21歳の時、公害問題や農業の現場で農薬の使用が増えてきている現状を何とかできないかとの思いから就農しました。以来有機農業の考え方と技術を深めながら45年ほど農に従事しています。現在は後継者二人とともに力を合わせてやっております。

◆都市近郊農業だからこそ
いわゆる都市近郊農業でむつかしいところもありますが、それを逆手にとって命につながる食べ物やそれを生み出す農の大切さを伝えられるように努力しております。

◆伝えていきたいこと
食べ物が命を作るということを基本におけば、農を営む私たちは食べる時に自分自身が躊躇するようなものは作ってはならないと思います。また食べる人は食べ物のその先に環境を維持保全し、生き物を育む農があることに思いをいたさなければならないと思います。

◆今後の夢
ささやかな農業体験の場を提供して、「農は作る人と食べる人が協同して作り上げるもの」ということを具現化していきたい。