東京都青梅市

繁昌知洋

繁昌農園

野菜セット、ナス、サツマイモ

◆ようこそ 東京旬感野菜 繁昌農園へ!
東京青梅市で有機野菜を栽培しております繁昌知洋です。
自然が残る東京青梅、この地で本気に農業をしています。

◆若いからこそのチャレンジ
大学時代から自然や環境生態学に興味を持っていて、いつかは自然と関わることのできる農業をやってみたいと思っていました。でも、いきなり農業を始めることはコストもかかるし、難しいと思っていましたが、ちょっと社会人経験した後に、「やるなら若いうちからはじめてみよう!」という陽気なチャレンジ精神から農業を始めました。
農の後継者不足が問題視される昨今、若い力でこの東京の地から農業を微力ながら支えていきたいと思っています。

◆都心から60分。多くの自然が残る青梅市で都市農業
繁昌農園は2016年春、東京青梅市の約3反の畑を開墾することから始まりました。
都内という好立地にありながらも多くの自然が残る青梅市。そこで、旬のお野菜を中心に年間40品目100品種のお野菜を生産、販売しております。
都心から車、電車で約60分の距離で、生活する方々が多い首都圏だからこそとれたての新鮮お野菜をご提供できます。また、収穫体験や種まき、野菜の食べ比べ体験も行っています。

◆本来の「お野菜の味」を大切に
野菜には本来の甘み、苦み、旨みがあります。それは作る品種によって左右されますが、その本来の「お野菜の味」を大切にしています。農薬に頼らず、自然のシステムをできる限り尊重することで、本当のお野菜の味を追求していきます。

◆カラフル野菜推進!
例えば一言にナスといっても緑色だったり、白色だったり、ヘビみたいに長かったり、お団子みたい形だったり千差万別です。色彩には意味があります。
それぞれで改良されてきたり、昔からの伝統種だったりと…そんな、個性豊かな野菜達をもっと知ってほしい!
そんな考えから鮮やかなカラフル野菜を栽培しています。

◆農場の理念
・お客様に役立ち、野菜を通じて心のサービスをすること
・人と自然を結び、持続可能な農業を努めること
・農業を通じて、人間性を豊かにすること
繁昌農園では、都市農業の枠組みながら、農業と食を通じて都市と自然を結び、生きることを豊かにすることを目指しています。

◆農業を楽しもう!
3k(きつい、きけん、きたない)のイメージを払拭して、楽しく、人と自然がつながる将来のために農業を始めました。試行錯誤な毎日ですが、やりたいことをやらさせていただき、幸せな日々を過ごさせていただいてます。
「楽しく、かっこいい農業!」を目指し、東京という時代の変移が多い都市で順応しながら新しい農業の「カタチ」を追求していきます!

繁昌知洋さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください