長崎県西海市

井上篤

井上巨峰園

シャインマスカット

◆ごあいさつ
ぶどうの女王シャインマスカットを栽培している「井上巨峰園」の井上篤です。
井上巨峰園は長崎県西海市にある創業50年のぶどう園です。先代の父から受け継ぎ、私も20年ほど前から先代のもとでぶどう作りのノウハウを学んできました。
今は、「根域制限栽培」や「接ぎ木」など新しい技術も積極的に取り入れながら、美味しいシャインマスカットづくりに専念しています。

◆父が作り続けたぶどう畑を守りたい
8年ほど前に先代が倒れた際、「元気になったらまたぶどうをしたい」という言葉を聞きました。父が作り続けてきたぶどう畑を荒らすことはできない思い、ぶどう作りに取り組んでいます。
数あるぶどうの品種の中でも、現在はシャインマスカットの栽培に力を注いでいます。
ある時子どもたちに食べてもらう機会があり見ていると、子どもたちが一番多く食べたものがシャインマスカットでした。これは色々な品種を育てるより、シャインマスカット一本にしよう!と決め、今に至ります。

◆マスカットを甘くする栽培にこだわっています
今年から「根域制限栽培」をはじめました。根域栽培とは根本を遮水シートで覆い、雨水の侵入を99%防ぐ栽培方法のことです。マスカットに与える水分量を常に管理できる栽培方法です。
マスカットは水分ストレス(水分調節)を受けると、旨味や甘みを粒に凝縮させ、通常よりも香りの強いシャインマスカットができます。その為、うちのシャインマスカットは「糖度18度以上(巨峰20度)」と。他のマスカットより1粒ずつに詰まっている果汁(甘み)の量が違います。

◆子どもたちにも、世界中の人々にも自分の畑で育ったぶどうを食べてほしい
近所の幼稚園の子どもたちを招き、食育の一環として苗木を植えるところから始めて、先日袋掛けをしました。あとは収穫体験を計画しています。この体験を通して子どもたちにも伝えていきたいです。
今後は地元だけではなく、日本全国、また、世界でも自分の畑で育ったぶどうをたべてもらいたいです!

◆ぶどう栽培で大切にしている三本柱
①学ぶ姿勢を忘れずに!
 くじけそうなときは原点に戻ることを心がけています。
②イイ!と思ったらすぐに行動にうつすことです。
 失敗することもたくさんありますが、失敗から学ぶことの重要性を信じています。
③一番大事なことは楽しんでやることです!

◆常に学ぶ姿勢を忘れずに
まだまだ技術や品種など、どんどん進んでいるぶどう作り。
「常に学ぶ姿勢を忘れずに」をモットーに進化していきます。

井上篤さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください