福島県耶麻郡猪苗代町

土屋直史

つちや農園

私たちは知っている。あの歌を。
一度は聞いている。あの歌を。
ぼくはあの歌を、また聞きたくてここにいる。
そう誕生の歌を。

ぼくは、福島県の猪苗代町という、北は会津磐梯山、南は猪苗代湖に挟まれた、美しい土地で400年続く米農家の次男坊として生まれました。
父は自由に生きる事を許してくれ、音楽に没頭し、都会に出た事もありました。
しかし、どうしてもぼくの求める音楽ができなかった。どうしてもやっている事が嘘臭かった。着飾った音、考えた音、、、
ちがう、これじゃない。音楽は自然にあふれているのに、なぜ?それを表現できない?
元来、没頭すると視野が狭くなり突き詰めてしまう性格だったため、どんどん、自分の音、音楽に信頼が置けなくなってきました。
そうして、ぼくは音楽ができなくなりました。

その時、ぼくの眼前に浮かんだのが会津磐梯山の姿でした。あの雄大な姿は、ぼくの心に刻まれており、そこにある圧倒的な存在感でもって、ぼくをじっと見つめていました。
帰ろう。
帰って、地に足をつけよう。

ぼくは父の作るお米に誇りをもっていました。
幼稚園の卒園アルバムには、父と農業をするのが夢と書いていたそうです。
自由に生きる事を許した父は、もちろん、あの頃はまだ屋号がありませんでしたが、つちや農園に就農するのを許し、そこから、ぼくの「農」が始まりました。
最初は、父や、先に就農した兄の手伝いをしながら稲作を始めたぼくは、ある時に、ひょんな事から自分の「農」とは?というものの1つの指標を見つけました。

皆さんは、日本の正史における稲作の起源をご存知でしょうか?考古的には、縄文時代後期から弥生時代にかけて稲作が伝来したというのがいまの一般的な解釈ですが、実は稲作の起源は正史(日本書紀)に、はっきりと記載されています。
天孫降臨の章、天孫ニニギノミコトが日本に天下るにあたり、皇祖天照大神より、3種の重大な神勅を賜ります。
1つ目は、天壌無窮の神勅。
2つ目は、宝鏡奉斎の神勅。
そして、
三つ目の斎庭(ユニワ)の稲穂の神勅。
これこそが始まりでした。

曰く、『吾が高天原に所御す斎庭の穂を以て、亦吾が児に御せまつるべし。』
(わが高天原につくっている神に捧げる稲を育てる田んぼの稲穂をわが子にまかせよう)
この神勅には、高天原で行われている米作りをそのまま地上でも、おこないなさい。
と言う意味も込められています。
神々がおこなった米作り『農』をならい、『農』という暮らしをならい、更に、天上から伝えられた斎庭の穂を地上に稔らせることによって、地上を天上と等しいものへ、高天原を地上へ、今を神代へ、という壮大な勅命です。
この思想が始まりなんです。

さて、翻って今、ぼくは、この起源と思想を知った時、かなりショックを受けました。全然こんな農業出来ていない。
全てのモノに神が宿る日本で、八百万の神が協力しあう農。
生きとし生けるものが、手を取り合って行う農。
これっぽっちも出来ていません。
そしてユニワの農の模索の旅が始まりました。

日々の模索の中で、今現在は、無肥料無農薬の自然栽培というもので稲作をしています。
大型機械は使ってしまいますが、稲作発祥、伝来当時の肥料や農薬という概念のない時代のスタンスに立てば、見えるものがあるかもしれない。という考えもありますし、無肥料でも、というか、無肥料だからこそ元気に育つ稲たちを見ると、神秘さというか、様々な生命や現象が絡み合うことによってのみ育まれる稲作というものに、ユニワの片鱗を見、また、人間の欲、人間の範疇の枠外にあるものを感じることができて面白いのです。
特にぼくは、欲深い性分です。もっと量をとってやろうとか、美味しくしてやろうなどと、人間的な思考の範疇で行動しがちです。自然栽培を実践しているとそういう欲を抑えられる気もします。まぁ、人間的な欲求もとても大事な事とは認識しているのですが。笑

実際、こういうスタンスで田んぼや稲に向き合っていると、最近は、稲作というものは祭祀的な意味合いがものすごく強いのではないか?と思うようになりました。
田んぼという空間で、1つの星の歴史を再現しているような気がするのです。地球の46億年を再現しているのでは?と。
大地が生まれる灼熱の時代、泥の海の攪拌の時代。全球凍結の冬の時代。そして、陸地の時代。それぞれを彩る生命たちがしたたかに生まれては消えていき、ここに残る。その再現であり、新たな国産み神話なのではなかろうか。と。
そういう観点で、その流れに寄り添い、人間として、稲や、田んぼ、水、大気、地域の環境、地球、宇宙を見る事ができ、また、農を完成する事ができれば、いずれ田んぼで新種の生命が誕生するだろうし、きっと空には新たな星が誕生するだろう。そんな夢のような確信がぼくにうまれたのです。
そう、誕生なんです。

ぼくは、忘れない。
作業中、不思議な感覚におそわれた事を。
無肥料栽培米の選別中に、仕上がったお米をマジマジと見ていた時におそわれた感覚を。
お米が、なにか、騒がしい。
さらにマジマジとみる。
聞こうとする。
騒がしくなにをしているのか。
聞こえなくとも聞こうと、見えなくとも見ようと。
パッと何かが、脳裏に火花のようなものが散りました。

誕生の歌。
歌っているんです。
お米は。
誕生の歌を。
お米は種だから。
生命そのものの種だから。
歌っていたんです。
誕生の歌を。生命そのものの歌を。
声は小さく、聞き取る事は出来なくとも、歌っていたんです。
それは、きっと、ぼくも歌っていたのだろうし、すべてのモノが歌っているし、歌っていたんだと思います。

感じたのはその時一回でした。
だから、ぼくは、もっと大きな声で、みんな聞こえるような、思い出すような大きな声で、誕生の歌を歌うお米を、育てられればと思っています。
この生命という音楽であふれた世界で、ぼくはもう一度、あの誕生の歌を聞きたいし、自身も生命としてお米と一緒に歌いたい。

土屋直史さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

土屋直史 | つちや農園
2018.12.21.
\\\冬至とシリウスと新嘗祭と///

農業にとって暦はとっても大事。

種を蒔く時期や管理に注意する時期、はたまた、土地を耕すタイミングなどを計るのに欠かせません。
かつて、日本の暦を製作していたプロ集団といえば、安倍晴明で有名な陰陽寮です。彼らは、太陽や月の運行、星々の動きなどから、季節を読み取り、様々な作業に最適な日取りを読み取りました。それが所謂「旧暦」の「太陰太陽暦」です。

そんな暦に関して、農業を通して気づいた事をお話しします。

私は稲作を始めてから、11月23日の新嘗祭を大事にするようになりました。稲作をしていると、人間の力の無力さを感じたり、なにか不可思議な力の存在を感じる事がおおく、自然への敬意のような感覚が、ごく自然に湧いてきます。
ですので、新穀を神様にお供えし、ともに味わい、豊かな実りの感謝と喜びを分かち合うことの大切さが実感できるからです。

そんな新嘗祭ですが、実は新嘗祭こそが新年の始まりだったという事をご存知の方は少ないかもしれません。

以前は、新嘗祭の日から新しい年が始まりました。

なぜか?

この話を知った時に私は、ちょうどお米の収穫が終わり、新しいお米が食べれる時期だから、新米の切り替わりと同時に新年が来るんだなぁ。なんて漠然と思っていました。

ところが、ある時気づいたのです。

あれ?新暦で新嘗祭やってるのって最近じゃない?と。
本来は旧暦じゃないの?と。

そうして、旧暦の新嘗祭11月23日を調べるとあら不思議。

それは冬至だったのです。

とはいえ、毎年ぴったり11月23日に来るということではないので、断言は出来ないのですが、太陰太陽暦を決める時に、冬至は11月に来るように合わせるそうです。(ちなみに今年は旧暦11月16日が冬至)

日本は太陽神の天照大神を最上位に置いています。
冬至は最も日の短く、太陽の力が最も弱くなる日だと位置付けられています。太陽は農業にとっても大事な存在です。

様々な神話やそれに基づく祭祀をみると、太陽神や農業神の死と再生を描くものが多いことに気がつきます。

永遠に力強いものはなく、冬を弱く衰えた太陽神や農業神の表れだとし、もう一度強く若々しく復活させ、春を迎えたいと人々は願いました。

日本におけるその儀式が新嘗祭だったのではないでしょうか。

それは、新天皇即位後初の新嘗祭を大嘗祭と位置付け、即位に最も重要な儀式である事にもあらわれているのではないでしょうか?

冬至を境に、太陽は若く生まれ変わり、日はだんだんと長くなっていきます。

また、暖かな春がきます。

木々や草が萌え出で、生命の気配が色濃くなっていきます。

そんな思いで、今年の冬至を過ごしてみてはいかがでしょうか?

余りにも文章が長くなりすぎたので、シリウスに関しては、また明日!(๑˃̵ᴗ˂̵)

なべひろ
2018.12.22.
なるほど… 勉強になります。
ありがとうございます(^^;
土屋直史 | つちや農園
2019.02.21.
なべひろさん。
と、私は思っているというレベルの話です。笑
でも、実際そういう研究をされている方もいますね。

シリウスの話も面白いのですが、なかなか投稿できていないので、気長にお待ちください!^^;
土屋直史 | つちや農園
2018.12.19.
\\\京都で「神代穂」を観てきたよ///
先日、稲の事を調べていたら、たまたま見つけた論文に「神代穂」なる品種が紹介されていた。

曰く、とある神社に古来から伝えられている「特殊稲」の品種で、背丈が2mを超える赤い色素を帯びていない長粒インディカ種の稲である。と。

おお、ユニワの農を目指す俺こと土屋直史としては、これは是非とも、この目で拝みたい。

早速アポをとり、妻と2人で、京都は梅宮大社に向かった。

梅宮大社につき、時間には早かったのでこちらでお待ちください。と案内された待合室で、われわれを迎えてくれたのは、長さ1.8mはありそうな稲のお飾りだった!!

ここここここれが!あの「神代穂」か!?

時が経つのを忘れ、興奮冷めやらぬ2人が待つ待合室に、小柄で優しそうな男性が入ってきた。

なにを隠そう彼こそが梅宮大社宮司の橋本氏である。

橋本宮司は、我々の為にかわからないが、改めて「神代穂」について文献等を調べてくれており、優しく丁寧な口調で説明してくださった。

梅宮大社は歴史上の動乱に巻き込まれることが多く、資料や文献がほとんど散逸してしまったそうで、そのなかでも残っている文献や伝承、由来、縁起を稲と神社の両方に絡めて詳しく聞かせてくださった。

その話の中で衝撃の事実が発覚した。

この品種が論文に書かれていたインディカではなく、熱帯ジャポニカであるというのだ!!

なんたる事だ!

この品種は本当に「神代穂」かもしれないではないか!
なぜなら、温帯ジャポニカやインディカ以前、初期の渡来は熱帯ジャポニカ種であると言われているからだ。となると、初期に渡来した稲の形質を保ってきているかもしれない。

しかも、倒伏した際はすぐに節から根っこが生えてくるとの事!

橋本宮司は「これは船に乗り穂抜き収穫した品種じゃないか?」ともおっしゃっていた。

橋本宮司によると、やはり数多くの動乱の中で、もともと伝えられていた品種はとだえ、伊勢神宮から、もともとの品種に近い品種を譲り受けたのではないかと考えられる。とお話されていた。文献にはもともとの品種も伊勢神宮からの系統だと書いてあったそうだ。

しかし、それでも、渡来初期の品種だったら面白いと夢をみてしまう。

同じく、農法についてもお聞きしたが、太古から伝えられる農法もあったであろうが、動乱の中で途絶えてしまったのであろう。との事だった。

神職を継ぐ前は音楽史学者であった橋本宮司は、さすが歴史学者を思わせる語り口と切り口で、大変わかりやすく、面白かった。橋本宮司!ありがとうございました!

世の中には、まだまだ知らない米や稲がある。

ユニワの道はまだまだ遠く果てしない。

マルドゥック
2018.11.10.
土屋さん

貴重な亀の尾 届きました!
グルメな知人が精米したてのご飯は格別に美味いと言っていたので、今回は人生初の玄米買い!!

近所に精米所があることで、郊外に住んでて良かったと感じつつ、7ぶつきで初精米してきました!

まずは精米報告、これから炊き上げます!

土屋直史 | つちや農園
2018.11.10.
マルドゥックさん
ありがとうございます!
お米も様々ですが、精米は実は、ものすごく重要だったりします。もちろん、おっしゃる通り、精米してから日が浅いほうが美味しいです。しかし、精米したてはお米が荒れてるから少し寝かせたほうが良いというお米屋さんもいます。まるでワインのよう。

このコイン精米所はタイワ精機製でしょうか?タイワの機械だったら多分コイン精米所でも大丈夫だと思います!

精米した後は、ジップロックにいれ密閉して冷蔵庫に保管するとなお良いですよ^_^

というわけで、米ライフ楽しんで下さいー!
まほんぐ
2018.11.10.
届きました。
感動大作のプロフィールを拝読した直後だったので(とりあえず亀の尾ってだけでポチってました)、興奮してます。お米でこんなワクワクしたの初めてです。またポストします!

マルドゥック
2018.11.10.
投稿、先越されましたな…。
土屋直史 | つちや農園
2018.11.10.
まほんぐさん
ありがとうございます。
感動大作?かどうかはわかりませんが、お米にワクワクしてくれてありがとうございます!!

お米は本当に楽しいんです!
沼です!沼なんです!!

ぜひ、色んな生産者さんの色んな品種、色んなお米を、色々試して、抜け出せなくなって下さい!笑
まほんぐ
2018.11.12.
マルドゥックさん、いえーす。いいの期待してまっせ( ̄∀ ̄)

土屋さん、沼!!すでにハマり始めてます笑
尊敬する食系の会社やってる経営者が以前学生へのメッセージで「お米はよく噛んで食べて下さい」って言ってたんですが、まさに自然とよく噛むようになりました。毎日美味しく頂いてます。ありがとうございます!
土屋直史 | つちや農園
2018.11.14.
まほんぐさん

ハマっちゃいましたか!笑
特に無肥料栽培米は、インパクト重視というより、じんわり染みわたる美味しさの傾向があります。また、浸水時間や、浸水温度、なにで炊くかでも、お米の印象はガラッと変わります。

やればやるほどわからなくなる。それがお米道です!

楽しんでくださいー。
おみそひめ
2018.11.09.
この度は貴重な亀の尾を届けていただきありがとうございました。ごちそうさまでした!

まず箱のイラストが可愛い!磐梯山に猪苗代湖に鴨まで楽しそうに歌っていてほっこりしました。

封を開けてみて、最初に思ったのが「なんて揃ったお米なんだ!」割れ欠けは無くても多少の大小や不揃いがあるものですが、つちや農園の亀の尾は均一均等にみんな揃ってこちらを向いてきらっきらしていました。

といでみると、お米が健康的で明るいのです。私には歌は聞こえませんでしたが、人間でいうなら4,5歳くらいの元気な子どもが一斉にはじけて遊んでいるような、そんなイメージが浮かびました。
いつまでもさわっていたいお米!といでいると元気とか輝きとかがお米を通して伝わってきて、うっかりずっととぎ続けるところでした。

ところが、炊いてみたらイメージは一変。見た目はいろんなお米の祖(おや)であることを彷彿とさせる、どっしりとした質感に代わりました。
もちろん美味しいに決まっているのですが、「美味しいだろう!?」と自己主張しないのですね。他のおかずやご飯のお供を引き立てることに徹していて、自分は前面に出てこないのです。過不足が全くない、良い意味での「中庸」を感じました。
しかもいつのまにかのどをするする通り越しておなかに収まっている。しっかりした噛みごたえと味があるのに、流れるように食べる、不思議なお米でした。

美味しいお米作りに工夫と挑戦を続けておいでだと思います。その恩恵が受けられてとても嬉しいです。
本当にありがとうございました!ごちそうさまでした。
土屋直史 | つちや農園
2018.11.09.
おみそひめ様
なんと嬉しいご報告でしょう!!ありがとうございます!!今年の苦労が報われたような気分になりました。本当に稲たちは頑張りました。亀の尾は本当に不思議なお米で、様々なシーンで、その特性が良い方に作用し、いろんな料理にあいます。忘れ去られていた、飯米としての可能性を体感いただけた事がなによりの幸いです!ありがとうございます!