神奈川県三浦市

山崎孝史

ヤマザキ ファーム

メロン


3つの海に囲まれた、潮風そよぐ神奈川県三浦半島で農家をしています。年間を通じて温暖な気候と豊かな土壌を活かし、父親の代より30年以上にわたりメロンを育てています。

◆農家になった経緯
代々、実家が農業を営んでおり、農業は身近な存在でした。幼い頃から海や森が遊び場で、自然の中で過ごす時間がお気に入りでした。農作業の手伝いをするうちに、季節のうつろいを肌で感じながら、野菜を育てる農業は、自分にぴったりの仕事だと実感し、農家になることを決意しました。

◆土づくりを大事にしています
やるからには基礎から学びたいと考え、大学の農学部へ進みました。農業について知識を得ていく中で、土について学ぶ'土壌学'に出会い、土づくりの大切さ、面白さにすっかり夢中になりました。しっかりと根を伸ばせる土づくりが、野菜がもつ本来の美味しさを引き出す、第一歩であることに気づかされました。その後、土好きがこうじて土壌医検定2級を取得しました。現在はメロン職人の父、母と妻と共に、食べてくれる皆さんが笑顔になっていただけるような、メロンづくりを目指しています。

◆メロンの甘み、旨みを最大限に引き出す、栽培のこだわり
○メロンの品質にこだわる露地栽培
メロンというと温室やビニールハウスの中での栽培をイメージされる方が多いかと思います。ヤマザキファームでは露地の畑にパイプとビニールでトンネルを作り、その中で地面を這わせるようにメロンを育てる'地這い栽培'という方法で栽培しています。はじめて畑を見た方からは、ここでメロンが出来るのか!と驚かれることもしばしばです。太陽の光をたくさん浴びられるよう、メロンを植える株間を広くし、生育に合わせたつるの管理を行うことで、たっぷりと糖分を蓄えた、果実の大きなメロンに生長していきます。

○厳選された有機肥料と土づくり
メロンをあたえる肥料には、コンブなど様々な素材を発酵させて作られたボカシ肥料、カツオなどの魚粉、漢方粕から作られた堆肥など、有機肥料を多く使用しています。これらの有機肥料はアミノ酸やミネラルを豊富に含んでおり、メロンの生育に合わせて、ゆっくりと肥料が効いていくため、糖度や旨みの向上に貢献しています。また、有機肥料を畑に施すことで、肥料に含まれる成分をエサとして、土の中の微生物の活動が活発になります。この微生物たちの力を借りながら土を耕し、ふかふかでやわらかな土づくりを目指しています。

○いよいよ収穫!樹の上で完熟をむかえたメロン
同じ日にちに花が咲き、着果した果実でも、その着果位置や樹の状態によって、果実の成熟にも差が見られます。そのため収穫をむかえた畑のメロンを毎日一つ一つ確認し、完熟したメロンから収穫していきます。時間はかかりますが、長年の経験とこまめな観察で収穫のタイミングを見極めています。市場を通さない、産地直送だからこそ出来るこだわりです。

たくさんのこだわりが詰まったヤマザキファームのメロンをぜひご賞味下さい!

山崎孝史さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

なかのみ
2019.01.09.
注文した大根が本日届きました。お芋もありがとうございます!大根の立派さに惚れ惚れしています。これからいろんなお料理こしらえます。
山崎孝史 | ヤマザキ ファーム
2019.01.10.
ご利用いただきありがとうございます!

三浦だいこんの迫力ある姿を堪能していただけたようで何よりです。火を通しますと甘みが増し、さらに美味しくいただけますので、色いろなお料理にご活用下さい。

この度はありがとうございました!