兵庫県南あわじ市

竹川大輔

竹川ファーム

淡路島産玉ねぎ、淡路島産 キヌヒカリ お米


【淡路島で一番楽しい農業を。竹川ファームの竹川です。】
兵庫県淡路島出身。南あわじ市在住です。サイコーの淡路島で両親、妻と農業をしています。
30歳のとき、今まで両親は農業、私は会社員という、兼業農家でしたが、専業主婦の妻の「一緒に農業して、淡路島で一番楽しい農業をしよう」という一声で「農」に目覚めました。私自身も、やはり淡路島のこの土地、この田で両親そして祖父母から受け継いだ田で育ったものを食べて、大自然の田舎の風景が大好きで、今では娘二人にも同じ思いで育って欲しいと願って毎日家族で精一杯農業を楽しんでいます。

【野菜の栽培に適した土地。淡路島。】
淡路島は兵庫県の一番南に位置し、瀬戸内地域にあたります。地中海性気候のように、 温暖で日差しがあたる時間が長く、収穫時期となる夏季に雨が少ないという野菜の栽培に適した特徴を持っています。

また、三原平野は砂壌土中心地帯であり、玉ねぎ栽培に適した肥沃な土壌を保っていることも大きなポイントです。 水田転換畑で夏にはみずはりを行うことで病害を予防するといった土作りへの工夫も特徴的です。

【特徴は栽培期間の長さ。】
淡路島の玉ねぎは栽培期間が一般的な玉ねぎよりも長く、通常は4ヶ月程度で収穫するところを、約半年間かけて栽培します。 12月に定植を行い、大地に深く根付かせます。 肥料に有機質を多く使うのではなく、玉ねぎの状態を見つめながら肥料を適度に肥やします。

農薬もその時々に最小限にとどめることがより安心でおいしい玉ねぎをつくる、心の技術だと思っています