愛媛県松山市

有田文宣

アボカドラウンジ有田

アボカド

【あいさつ】
 アボカドラウンジ有田 代表の有田文宣です。
昨年定年退職して、本格的にアボカド栽培を始めております。
『アボカドラウンジ有田』は息子の案ですが、由来は瀬戸内が見える丘でアボカド狩りをしてゆっくりとくつろぎ、リフレッシュしてもらいたいという思いで付けました。                      
【きっかけ】
 定年後は農業をして、何かこだわりの物を作りたいと思っていた矢先、15年前庭先に放っておいたアボカドの種から芽が出て、どんどん大きくなるのを見て、定年後の人生はアボカド栽培にかけようと思い、定年に先駆け6年前からアボカド栽培を始めました。
【アボカドにかける思い】
 現在市場に出回っているアボカドは99%が輸入品であり、鮮度や安全性で問題がある。そこで、日本を代表するアボカドを作ろうと思い、先ず私が作ったアボカドは、『和ボカド』で商標登録を取りました。
 生産面では、日本一安全なアボカドを目指して、山の尾根で南向きの斜面で、周りから農薬の飛散や流れ込みが無い所の雑木林を開墾、6年前に植え付けし、ようやく昨年から少しずつ収穫できる様になりました。
 栽培方法は、肥料も農薬も使用しないで自然に近い環境で栽培しております。年に1回炭を撒き、根張りを良くする事により、アボカド自身の落ち葉や枯草が堆肥になったのを効率よく吸収する工夫をしてます。害虫や病気・鳥の被害そして風による擦り傷を防ぐ為、1個ずつ袋がけしております。
現在6種類(カビラグリーン・ベーコン・フェルテ・ピンカートン・福徳利・ハス)を150本植え付けております。
 昨年アボカド園内にテラスが完成しましたので、アボカド狩りをして瀬戸内海の景色を見ながら、アボカドのデザートを食べてリフレッシュ出来るように準備をしております。

有田文宣さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください