岩手県岩手郡七ツ森

徳田慎太郎

五代目 徳田慎太郎より

米、ごぼう、里芋、山菜 みずのこぶ、枝豆、大豆

五代目 徳田慎太郎より”にて


お米、お野菜、お豆を生産しております

徳田慎太郎です。

いわて 雫石 七ツ森で農業を営んでおりますが、

七ツ森は 宮澤賢治の''春と修羅”という

詩集に描かれた 美しい自然に囲まれた

地域にあります


祖父の世代は農業を営んでおりましたが

父の世代より、家族が減り、畑はつかわず

父がお米を生産しておりました。

その父が 9月 稲刈り前 他界してしまいました。 会社につとめ、それまで、農業深くかかわっていなかった自分は

周りの方に稲刈りを依頼することもできましたが、家族の土地を守り、引き継ぎたい

と想い失敗と試行錯誤繰り返しながらお米作りをはじめました。

父の生前に、父がわたしに伝えたかった

言葉は、写真やメモをノートに丁寧に記してありました。

また、父のノートには

”稲は人の足音をきいて育つ”と記されており

今、こころにきざみながら田畑に向き合っています

◆生産物・地域の紹介◆

岩手 雫石七ツ森は、秋田と岩手の山々に囲まれ、宮沢賢治の詩集に記された ”町と田舎の境”にある 自然環境にめぐまれながらも、アクセスのよい地域です。

生森森林公園の入り口にある我が家、その周辺に点在する畑と田んぼで、できるだけ農薬を減らし、体とこころにやさしく、おいしい米、野菜、豆を作っています

生産物

米、野菜( 岩手発祥 秘伝豆、 自家採種ミニトマト、ジャガイモ、さつまいも) 山菜(ワラビ、ミズ、うるい)、豆(大豆)



◆伝えていきたいこと・信念◆

稲は人の足音を聞いて育つ

日々、勉強、日々精進ではありますが、技術や手段に固執するのではなく、今は、田んぼや畑に身をおき、自分の体の感覚を大切にしていきたいです


◆今後の展望・夢◆

突然、引きついだ 田んぼでの米作り

じぶんだけではなく、きっと ほとんどの

農家が、田んぼや畑を 繋いでいくことが

おおきな課題になっている今

ただの農業ではなく、農業が環境や人や

物の再生にかかわることを活かしながら

農業が生業になるような仕組みを作りながら、生産者がブランドになるようなモデルを作っていきたいです


◆Seven Forest Project 七ツ森 ◆

じぶんが農業を引きつぐきっかけから土地、自然環境、人と人、家族や親子の団欒の再生をめざすプロジェクトを立ち上げ、NPO法人化をめざしています

農業から、人と人の関わりをもう一度

つなぎ、生業を築いていく

そんなプロジェクトに、あなたもぜひ、参加してみませんか?

徳田慎太郎さんから直接買える商品一覧 - 27件