高知県土佐市

森田修平

こうちファーム

丸神文旦

◆こんにちは!「こうちファーム」です!
─ ─ ─ ─ ─
こんにちは。こうちファームの森田修平です。高知県在住です。
農園名の由来は、高知県の果樹や野菜等、いろんな作物を今後、生産していきたいと
思い、高知の農場ということで「こうちファーム」と名付けました。

現在は、南国土佐の人里はなれた神々の谷という地域「神谷(こうだに)」で、土佐文旦を作っています。
─ ─ ─ ─ ─

◆5代目農家になった経緯
─ ─ ─ ─ ─
うちの農園は私で5代目となります。私が幼い頃は土日に祖父母に連れられて、畑作業の手伝いをしたものでした。
私が保育園の卒業文集で将来なりたいものとしてあげたのが、お百姓さんでした。

月日は流れ、高校を卒業して上京し、東京でIT系の会社に就職し約11年、東京で生活をしてました。2010年、ずっと元気だった祖父が末期がんであることが分かりました。末期がんだと分かったその週末に私が帰省した際に、祖父が私に託した言葉は「今までワシが守ってきた畑を継いで欲しい。」という言葉でした。

私のひぃひぃひぃ爺ちゃんから、爺ちゃんに至るまで何とか守ってきたこの畑と文旦を次は私が守り、そして広めていきます!!
─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の特徴を3つ紹介
─ ─ ─ ─ ─
2018年 第10回JAとさし園芸部展示品評会にて、最優秀『土佐市市長賞』を受賞しました。
うちの文旦の特徴は以下の3つとなります。

その1 『日照時間日本一 高知の果樹園』
土佐文旦の糖度や大きさは日照時間で決まってきます。高知県は日照時間が日本一の県であり、その中でも当園は、日の出から
日の入りまで、ずっと太陽が照らす南南東向きなので、糖度が高くまろやかな土佐文旦なんです。

その2 『除草剤不使用 こだわりの有機肥料』
有機肥料にこだわり、そして雑草駆除には除草剤を一切使用していません。年間約9回程度、手作業による雑草駆除を行っています。

その3 『樹の上とワラによる二段階熟成』
樹の上で緑色の文旦が黄金色になるまで熟成させ、次に、果樹園内に作った野囲い(木の板で作った囲い)に文旦を投入し、その上に稲ワラを覆い、約二ヶ月間、追熟させていきます。
─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと
─ ─ ─ ─ ─
美味しいものを食べたとき、ちょこっと元気になったり、ちょこっとハッピーになったりします。そんな「美味しい幸せ」をお客さんにお届けできたらいいな~という思いで文旦を生産しています。