鳥取県鳥取市

白川大介

白川さんちのおいしいお米

お米

◆お客さまへのごあいさつ◆
─ ─ ─ ─ ─
「白川さんちのおいしいお米」の白川大介です。千葉県出身、鳥取在住です。屋号の由来は、見ての通り私の名前ですが、移住した新規就農者として、農地をはじめ、借りているものがとても多いですし、「農園」という感じでもないので、お米自体を屋号としています。
─ ─ ─ ─ ─

◆農家になった経緯◆
─ ─ ─ ─ ─
東京でサラリーマンをしていましたが、東京にはとても沢山人がいます。反対に、地方には人が居ないと言われていて、農業の担い手不足も課題として聞いていました。農業に興味を持っていましたが、ど素人は土地も機械も何もなく、始められるようになっていませんでしたが、鳥取で「息子でなくて良いのでおいしいお米を作る後継者を育てたい」と言ってくれる方と出会い、移住・就農を決めました。
─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
─ ─ ─ ─ ─
中山間地域の鳥取市鹿野町というところでお米を作っています。県内3番目に高い鷲峯(じゅうぼう)山の麓にあります。平成の名水百選になっている美しい湧き水が常に出ている自然豊かな所です。山から吹き下ろす風は稲の病気を防ぎ「鷲峯おろし」と呼ばれています。

お米はつぶ立ちがよく冷めても美味しく、素材自慢の飲食店さんでも使って頂いています。玄米を焙煎して粉にしたノンカフェイン飲料「玄米珈琲」は、体が温まるやさしい味わいを楽しんでいただけたら嬉しいです。

─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
─ ─ ─ ─ ─
中山間地域であるおかげでおいしいお米が育まれるのですが、平地に比べて作業が大変なため、効率も悪く、担い手が減少しています。お米を食べる量が減る傾向は止められないと思いますが、残る田んぼは「おいしいお米が育つ田んぼ」であってほしい。

食べるものを買うということは、その産地を守るうえでの投票でもあると思います。是非、生産地をイメージしながら食事を楽しんでほしいと思っています。
─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
─ ─ ─ ─ ─
地域で仲間づくりをしていき、農村が持続していくための、鹿野町らしい在り方を作りたいです。食べる人と作る人が繋がっていくこと自体が、農村で「よく分からないから挑戦できないけど、地域を守りたい想いはある若者たち」を勇気づけることになると思います。

農村がきれいであること。これが難しいご時世ですので、実現出来たらそれが一番のまちづくりなのではないかと思っています。
─ ─ ─ ─ ─

◆その他アピールポイント◆
─ ─ ─ ─ ─
良い人たちがいっぱい居る鳥取です。

生産者と交わるだけでなく、そこに住む人たちとも交流して、それが楽しいと言ってくれる人がたくさんいます。是非遊びに来てください!
─ ─ ─ ─ ─

白川大介さんの出品商品はありません。