三重県志摩市

橘麻衣

上田商店

きんこ芋

販売担当の橘麻衣です。志摩の地で干し芋「きんこ芋」を製造しております。
商品を通して、私たち生産者の気持ちが伝われば幸いです。


■上田商店の歴史

昭和29年 創業者である上田友治が、雑貨屋を開いたのが上田商店の始まりでした。
その後、昭和49年に息子である久和が店主となり、当時一般家庭で作られていた冬の名産品「きんこ」の商品化にむけて研究を始めました。
「家庭のおやつ」ではなく、「商品」として製造し志摩地域以外の方にも食べてもらいたい―。
この思いから、上田商店のきんこ作りがスタートしました。

三重県でも南部に位置する志摩市。
上田商店のある安乗地区は、岬特有の寒風がふきますが気候は冬でも比較的温暖です。
この温暖な志摩で、なおかつ水分量の多い「煮切干製法」の干し芋を衛生的にたくさん作る不可能な現実に店主は直面したのでした。

生産当初は幾度となく失敗を繰り返してきました。
しかし店主はあきらめませんでした。
度重なる失敗と向き合い、その失敗を糧に1から学びなおし、ひとつひとつの工程を改良、改善しました。
そして、安定生産を可能にするために設備の導入をしました。

こうして、はじめて「おやつ」でなく「商品」として温暖な志摩の地で、煮切干製法の干し芋を量産できる体制が整いました。昭和55年の事でした。

その後、県内外の市場を中心に出荷がはじまり全国の皆さんにお届けできるようになりました。
そんな店主の口癖は「日進月歩」。
まだまだ現状で満足していません。
常に食の安全を、さらにいい商品を作りたいと考えております。
(現在当商店では、商品名を「きんこ芋」としております。)

橘麻衣さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

とど
2017.02.21.
普段から干し芋さん、食べるのですが、風味があって、食べると「あ、これがきんこ芋なんだ!」と感じられます。
甘すぎず、ねっとりしながらもサッパリ。
静かな海を見ながら、お芋食べながらのんびりしたくなりました。
美味しい!

橘麻衣 | 上田商店
2017.02.22.
こんばんは。
ありがとうございます。^ - ^
是非海を見ながら!
さっぱりとした甘さは、煮切干製法だという事もありますが、お芋の甘さが体に優しい甘みとなっているので、実は糖度は他の干し芋と変わらないのですが、食べて頂くと あっさりとしたやさしい甘みとなっているんです。^ - ^ さつまいもの中でも隼人芋は、とても体に優しいさつまいもです。ありがとうございました!
とど
2017.02.21.
きんこ芋、届きました。
暖かい添え書き、心もホッコリです。

橘麻衣 | 上田商店
2017.02.22.
こんばんは。
ありがとうございます!
無事にお届けできよかったです。^ - ^
きんこ芋をたべて頂く時が
心豊かな時間となりますように、、、
ありがとうございました。^ - ^
taka.omae
2017.02.21.
橘さん
お芋届きました!早速頂きましたが、思ったよりもあっさりで、全然べったりしてなくびっくりしました。これは、、、いくらでも食べてしまいそうで危険です。妻も喜んでます、ありがとうございます。
また手書きでメッセージも頂き恐縮です。
大容量パック欲しいかも。

橘麻衣 | 上田商店
2017.02.22.
こんばんは。
無事にお届けでき安心致しました。ご連絡いただき
ありがとうございます!奥様にもお喜び頂け、嬉しいです。
そうですね。あっさりした甘みは、お芋の糖分が麦芽糖に分類されるからなんですよ。^ - ^
同じ糖度でも、砂糖に比べて甘味は薄いですが甘さの質は良いものを持っています。麦芽糖は血糖値が上がりにくいといわれているので健康面でも おすすめなんです。すみません、長々と、、、
また機会がございましたらよろしくお願い致します。ありがとうございました!
taka.omae
2017.02.23.
子供がバクバク食べるので減っていきます、、、
橘麻衣 | 上田商店
2017.02.26.
お子様にもお気にいりいただき嬉しいです!
ありがとうございます。^_^
現在加工作業がピークです。がんばります!