群馬県甘楽郡南牧村

田中陽可 | イニアビ農園

[復興支援]自然農法じゃがいも3kg

単品販売終了
軽減税率8%適用商品

送料一覧

※離島などの例外はあります。詳細はこちら
  • 北海道1,100
  • 北東北748
  • 南東北715
  • 関東715
  • 信越715
  • 中部715
  • 北陸715
  • 関西748
  • 中国935
  • 四国935
  • 九州1,100
  • 沖縄1,914
  • 配送方法:ポケマル便(ヤマト運輸宅急便との提携)
  • クール区分:常温

採れ次第お届け!

ご注文から発送まで1~7日

この商品の売上は九州北部豪雨復興支援金としてポケットマルシェを通じて寄付いたします。
ー‥ー‥ー‥ー‥ー‥ー‥
この村は、じゃがいもを育てるのが得意なようです。

標高550mの山間で育ったジャガイモ。

水はけの良さ、大きな寒暖差、微生物の豊富な弱酸性土壌:そんな、なんもく村の環境が育むジャガイモの味は、東京から移住した自分にとっては衝撃的でした。じゃがいもの原産地(生まれ故郷)に似た環境だからか、すくすく育つのです。甘みを蓄えるのです。

「この村の芋を食べたら他のとこのは食べれない」と言う、村の70〜90歳代のおじいとおばあ。お子さんとお孫さんも、口を揃えてそう言うそうです。週末になると、近隣市町村からも村のジャガイモを求めて道の駅が賑わう。まさしく『味を覚えた』人々。

粉をふいたような芋の状況を、この村では【笑む(えむ)】と言います。「今年の芋も、うんめぇなぁ。笑んでらぁ」笑むのは掘りたての新じゃがだけ、中粒の、味がギュッと詰まった、旬のジャガイモをお楽しみ下さい。
(湯で時間が長いと、ジャガイモが溶ける可能性がございます。カレーやスープなどの煮込み料理の場合は、ジャガイモを別に調理して加えるなどして対応して下さい。調理方法のオススメは【蒸し】です。または新聞紙にくるんでレンジでチンしても、手軽にホクホク芋を味わえます。)
ー‥ー‥ー‥ー‥ー‥ー‥
4月:ジャガイモ植え
(管理:カマで草を刈ったり、土寄せしたり)
7月:収穫
ー‥ー‥ー‥ー‥ー‥ー‥
peace,

#新じゃが #じゃがいも
#九州北部豪雨災害チャリティ出品

続きを見る
  • 保存方法:風通しの良い冷暗所に保存
  • 配送日時指定について:基本的に指定を受け付けていませんが、事前にご相談いただければ対応できる場合があります
  • 【事務局より注意事項】
  • 同じ出品者による複数商品の同梱を希望される場合は、必ずご注文前に出品者へお問い合わせください。2つ以上の商品のご注文完了後に送料をまとめることはできません。ご注文後のキャンセルはできかねますのでご注意ください。

出品者に質問

田中陽可さんの記事一覧 - 10件

お腹が鳴っちゃう!?みんなのごちそうさま投稿10選【10月上旬編】

みなさま、いつもコミュニティへの「ごちそうさま」投稿ありがとうございます!今回は、生産者さんに感謝のきもちを伝えられるポケマルコミュニティに投稿された、10月上旬頃の「ごちそうさま」をご紹介します。美味しそうで楽しそうな食卓はいつみてもほっこりしますね!Mayukoさんから菊地さんへのごちそうさまきれいな写真♡ お赤飯=小豆というイメージが強いですが、お赤飯は小豆だけじゃないみたい。こちらは紫黒米のお赤飯!鉄分やカルシウム等の大事な栄養を多く含んでいて、貧血やアトピーにも良いんだとか?詳細は商品説明を読んでみてください♪自然栽培の古代米赤飯セットとどさんから小山さんへのごちそうさま生落花生!!!ほっくほくでとても甘いんですよね。いつも食べている市販の落花生、ピーナッツとはもはや同じ植物だと思えない一品なのでぜひ!残念ながら現在は小山さんの落花生の出品がございません。他の生産者さんの落花生はこちら選果済み 10月 期間限定!! 生落花生 四万十ジャンボ落花生 800g×2個黒い落花生とジャガイモ(自然農)【TFT寄付対象】まほんぐさんから伊藤さんへのごちそうさまどどどーんとエビ祭り。刺し身も唐揚げもおいしそうですね!エビのお刺身がツヤッツヤでぷりっぷりだー!甘エビを注文したまほんぐさん。おまけについてきたのがなんとこのカニ!!!生きたままで送られてきてびっくりしたそうです(笑)。ホッコク赤エビ(甘エビ)kunkunさんから山本さんへのごちそうさま焼いて、丸ごとかぶりつく。最高ですね。殻も身も全部堪能しちゃいましょう!山本さん曰く鍋にもアヒージョにもぴったりだそう。ボタンエビ(トヤマエビ)茶太郎さんから赤石さんへのごちそうさまカラフルでヘルシーなお弁当ですね!落花生でつくったドレッシングとは料理上級者すぎる…。福箱は何が届くかわからないわくわく感が味わえていいですよねー。帰ってきた福箱セット(遊び心編)Miya.aさんから北川さんへのごちそうさまこんなきれいな卵かけご飯みたことない!!!卵とごはんというシンプルなコンビネーションにも関わらず、この美しさを体現できるのは素晴らしすぎます…!プリンもこれまたおいしそう。写真がとてもおしゃれですねー!こんな美味しそうなプリンが振る舞えるようになりたいものです。房総あおぞら農場北川鶏園のぷりんセス・エッグ30個ぬのいさんから横山さんへのごちそうさま写真をみているだけでよだれが…(笑)。お肉のジューシーさ、伝わってきています!!!バーベキューに最適!放し飼い地鶏のももむね肉。一羽分(およそ5人前)momoさんから高木さんへのごちそうさまか、かわいい…。見た目は本当にプチトマトみたいですね。ほおずきの実、キウイとマンゴーとパイナップルをいいとこ取りしたような味なんだとか。気になりますね!!!残念ながら9割の人が知らないフルーツほおずき、濃厚で不思議な味わい&びっくり〜残念ながら9割の人が知らないフルーツほおずき、濃厚で不思議な味わい&びっくり〜チコさんから峯村さんへのごちそうさまりんごを大事そうに両手で抱えて見つめている姿、ほっこりさせられてしまいました♡ かわいいお子さんと是非堪能してください![お得] 秋映 5キロ箱(25玉〜・規格外・小玉) 新聞梱包 りんご【10/5以降〜発送開始】パリッとおいしい!秋映 5キロ箱 特秀(贈答品)【10/5以降〜発送開始】パリッとおいしい!秋映 5キロ箱 家庭用(キズなど)【10/5以降〜発送開始】パリッとおいしい!秋映 10キロ箱 家庭用(キズなど)さやえんどうさんから森山さんへのごちそうさま野菜セットに入っていたかぼちゃが可愛く大変身!なんかわくわくしてきちゃいますね♪かぼちゃの名前は「赤皮栗南瓜」らしいですよー。固定種の野菜セット・レギュラー固定種の野菜セット・ライト* * *「ごちそうさま」を伝えたり、生産者さんに質問したり、レシピを聞いたり。ポケマルコミュニティは、直接生産者さんに質問ができるので便利なのです。「この野菜なんていうんだろう?」「このお魚どうやって食べよう?」そんなときにも、ぜひ活用してみてくださいね!(文/髙木文)

今が旬

[バックナンバー]2017年10月7日〜10月13日の新着出品ダイジェスト!

日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬食材。その最新出品情報をお届けする「新着ダイジェスト」です。10月が旬!枝豆の「青」と「黒」、あなたはどっち?意外に忘れられがちですが、枝豆というのは、大豆の若いときの状態をいいます。節分の豆まきで使われる一般的な大豆は黄色っぽい色で丸っこい形をしているので、私たちも大豆と言われるとそれをイメージしてしまいますが、実は、大豆にはもっとたくさんのバリエーションがあるんです。粒の大きさ・形、外皮の色、豆のヘソの色、豆を割ったときの中の色…。さらに、同じ品種でも、栽培地、収穫時期などによって、その時々の味わいを楽しむことができます。それは、大豆の若かりし頃である枝豆も、もちろん同じ。今週はそんな枝豆のバリエーションを楽しめる、「知る人ぞ知る」2つの枝豆が登場しています。年に一度の、とっておき。お楽しみください!◎「青コーナー、超大粒!秘伝豆のえだ~まめ~」まずはこちらの「秘伝豆」。主に東北地方で栽培されている枝豆です。熟して大豆になっても緑色のままなので、「青大豆」に分類されます。生産者の岩手県の徳田さんが、「粒の大きさ、香りの良さ、味わいの良さ、全てにおいて素晴らしい」と太鼓判を押す秘伝豆。枝豆としての収穫期間はとても短いとのことです!徳田さんの新米もご一緒に、お急ぎください~。今旬!岩手最高級品種 秘伝豆 農薬、化学肥料不使用【新米】平成29年度産 あきたこまち精米 五代目徳田慎太郎◎「黒コーナー、泣く子も黙る!丹波篠山の黒豆のえだ~まめ~」そして、満を持して登場したのがこちらの「丹波篠山の黒枝豆」。おせち料理に欠かせない真っ黒な「黒大豆」に分類されます。丹波篠山産の黒枝豆は、昔から最高級ブランドとして大切に受け継がれてきた伝統野菜。確かな品質のものだけを食べていただくために、毎年、「解禁日」が厳格に定められているほどのこだわりようなのです。今年の解禁日は10月5日。生産者の兵庫県の田中さんによると、一番のおすすめ時期は10月中旬以降とのこと!ちょうど今ではありませんか~。《期間限定!10月末まで》 丹波篠山産 黒枝豆 300g【さや】 化学農薬不使用《期間限定!10月末まで》 丹波篠山産 黒枝豆 500g【さや】 化学農薬不使用《期間限定!10月末まで》 丹波篠山産 黒枝豆 500gx2袋【さや】◎黒枝豆・新米・山の芋のセット〔丹波篠山 秋の恵みAセット〕丹波篠山産 黒枝豆・新米・山の芋〔丹波篠山 秋の恵みBセット〕丹波篠山産 黒枝豆・新米・山の芋◎黒枝豆・新米・山の芋・山の芋焼酎のセット〔丹波篠山 秋の恵みde晩酌Cセット〕丹波篠山産 黒枝豆・山の芋・山の芋焼酎〔丹波篠山 秋の恵みde晩酌Dセット〕丹波篠山産 黒枝豆・山の芋・山の芋焼酎〔丹波篠山秋の恵みde晩酌Eセット〕丹波篠山産 黒枝豆・新米・山の芋・山の芋焼酎〔丹波篠山秋の恵みde晩酌Fセット〕丹波篠山産 黒枝豆・新米・山の芋・山の芋焼酎一足お先に!大豆になっちゃいました。秋田県の佐々木さんからは、一足お先に天日干しの乾燥大豆の出品。和食の定番「大豆とひじきの煮物」にはもちろん、ポークビーンズ、チリコンカン、豆カレーなど、刺激的なお料理をつくってみてもいいかも!乾燥大豆(あきた香り五葉) 1kg乾燥大豆(おおすず) 1kg人気の栗又さんのレンコン再登場!!!茨城県の栗又さん曰く、レンジでチンするだけでレンコンチップができてしまうとのことです。メインディッシュにもちょっとしたおやつにも美味しい大人気のレンコン、食べてみませんか?レンコン Mサイズ 2kgレンコン Sサイズ 2kgレンコン 1kgそろそろ米粉も使いこなしたい気分福岡県のくわのさんから、特別栽培米で自家製粉した米粉の出品。小麦粉の代わりにつかうのはもちろん、レンコンと一緒に蓮根餅にしてもいいかも!自家製粉の米粉 ふくつっ粉 500g自家製粉の米粉 ふくつっ粉 500g×3袋自家製粉の米粉 ふくつっ粉 500g×2袋食欲の秋に欠かせない。秋のフルーツ到来!◎新潟県の渡邉さんからの贈りもの。驚きのビッグサイズ。1玉で1kgを超えるものも!?[自家用] 大きくて甘くて香り豊か「新高」梨5Kg[自家用] 大きくて甘くて香り豊か「新高」梨2Kg◎「選ばれし柿しか送らない」。そんな強いこだわりを持った岐阜県の佐野さん自身が、1つ1つ目で見て確かめてから出荷する柿!美味しいこと間違いなし!岐阜県産 松本早生富有 良品Lサイズ14個入り◎長野県の峯村さんのリンゴがこの量でこのお値段!?これは急がないと……![お得] 秋映 5キロ箱(25玉〜・規格外・小玉) 新聞梱包 りんご◎新潟県の渡邉さんの大人気完熟イチジクも復活![自家用] 完熟いちじく大きさ様々4パック入り1箱脂もしたたる良い魚?◎秋田県の山本さんが「水深400〜500mの深海」にこだわって獲ってくる幻のハタハタ。11月まで限定なのでお早めに!秋田名物八森ハタハタ(深海限定)◎同じく秋田県の伊藤さんからは、たっぷり脂がのったハタハタに、お得すぎる真鱈。どっちにしようか迷っちゃいますね…あーどうしよう!秋田男鹿沖ハタハタ秋田沖真鱈なにこれ!?試したくなる一品◎タイで食べた黒い落花生の甘みが忘れられなくて自分で作っちゃった群馬県の田中さん。なんというインパクトなんだ。食べてみたい。黒い落花生とジャガイモ(自然農)【TFT寄付対象】◎青森県の赤石さんからの挑戦状。これは気になります。何より商品説明が面白いのでぜひ読んでみてください(笑)。涙が出る程からい!だがそれが良い。からみ大根(ホワイト)◎佐古さんから、沖縄県の太陽の恵みです。訳ありでも味は変わらず絶品ですよ!ワケあり沖縄産キーツマンゴー◎わお!綺麗な薄紫色!山形県の五十嵐さんから料理の味を引き締めてくれる食用菊。いろんなおかずと合うそうなので、これでインスタ映えする食卓にしちゃいましょーう。食用菊もってのほか◎茨城県の石山さんがいつもとちょっと違うティータイムをお届け。緑茶とレモンマートルをブレンドして作られたこのお茶は爽やかな香りがするそう…緑茶檸檬(りょくちゃれもん)◎お酒のおつまみにぴったり。福岡県の鍋嶋さんから大粒の牡蠣のアヒージョが…!ひろちゃんカキのアヒージョ 3個セットひろちゃんカキのアヒージョ 2個セットひろちゃんカキのアヒージョ 単品◎栄養抜群!大阪府の小松さんから、「ファスティング明け」にもぴったりの消化吸収の良いスープです。いろんな具材で楽しめちゃますよ!ハリラスープ濃縮2倍タイプ純植物性◎埼玉県の清岡さんのさつまいもセット。何が届くかは、開けてのお楽しみ〜。無肥料・無農薬のさつまいもセット野菜セット待望の復活!奈良県の弓手さんのゆるり畑の野菜セットなど、今週も野菜セットは充実しています。業務用野菜セットSサイズ菜っぱ好き集まれ~!げんたのやさい秋の葉ものだらけセットゆるり畑の里芋&野菜セット【農薬不使用冷蔵便】季節のお野菜BOX落花生、茹でたのを買うか、生を買うか?高知県の島津さんから、今年度産のジャンボ落花生が出荷開始です!選果済み 10月限定!! 生落花生 四万十ジャンボ落花生 800g×5個セット選果済み 10月 期間限定!! 生落花生 四万十ジャンボ落花生 800g×2個選果済み 大きいものだけ! 四万十ジャンボ落花生 (冷凍)180g×5個セット選果済み 大きい! 四万十ジャンボ落花生(冷凍) 400g×5個セット選果済み 大きい! 四万十ジャンボ落花生(冷凍) 400g×2個セットあったまりたい季節に。ほっとするお茶。茨城県の石山さんから、いろんなお茶が出品!◎ほうじ茶稀天・ほうじ茶ギフト秋薫る 深煎りほうじ茶◎全国の緑茶のうちたった1%!?さしま茶あさつゆティーバッグ【お試し】あさつゆティーバッグ◎まだまだ緑茶さしま微粉末緑茶チャック付き稀天さしま茶お徳用八十八夜(はちじゅうはちや)天下一(てんかいち)稀天(まれてん)お米とレンゲ。もちつもたれつの関係滋賀県の宮崎さんから出品された「れんげで育てた田上米」。れんげって、お花の?どういうこと?……と思われた方に、簡単に解説しますね。お米を育てる前の田んぼでレンゲを育てると、レンゲの根っこが土の中に、お米が育つための養分をのこしていってくれるんです。化学肥料を使用せずにお米を育てるための工夫なんですね。【れんげで育てた田上米】無農薬有機栽培こしひかり 精米5kg【れんげで育てた田上米】無農薬有機栽培こしひかり 精米10kg【れんげで育てた田上米】無農薬有機栽培こしひかり 玄米5kg【れんげで育てた田上米】無農薬有機栽培こしひかり 玄米10kg山地酪農の自然放牧牛乳が、贅沢なプリンになったー!なかほら牧場ぷりん6個セットワケある人参としいたけのセット。ずんぐりとした姿がかわいいですね。ワケアリ人参とでっかーい椎茸今週は、以上62出品でした!(文/中川葵、髙木文)<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2017年9月のマガジン記事一覧はこちらから2017年10月のマガジン記事一覧はこちらから新着情報をメールでチェック!ポケマルメールマガジンのバックナンバーはこちらから

今が旬

お腹が鳴っちゃう!?みんなのごちそうさま投稿10選【9月下旬編】

肌寒くなってきて、秋の訪れが感じられる時期になってきましたね。生産者さんとお客さんがお話できる、感謝のきもちが伝えられるポケマルのコミュニティ。最近は秋らしい投稿が増えてきました。そんなコミュニティへのごちそうさま投稿を厳選してご紹介いたします!なかには芸術の秋にぴったりな作品?もありますよ。なおぴょんさんから森山さんへのごちそうさま聞いたこと無い単語とカタカナが多すぎて。。。なにがなんだかわかんなーい!笑でもとんでもなくおしゃれであることは一目瞭然ですね♡写真の中央左側のギザギザのじゃがいもがハッセルバックポテトで、ほとんど写っていませんが右端にあるのがガレットですかね!いくほさんから齋藤さんへのごちそうさま写真をみるだけでこっちも幸せな気持ちになります。なんともカラフルでヘルシー!!!Keiko Taguchiさんから芝田さんへのごちそうさまひとり暮らしでもおいしい新米、食べたくなりますよね♪色合いがきれいなお弁当…憧れます。茶太郎さんから渡邊さんへのごちそうさままたもや難しいカタカナがいっぱい登場(笑)いちじくにこんなおしゃれな食べ方があったとは!試してみたい!オープンサンドに添えられているお野菜もカラフルでかわいいですね。まほんぐさんから赤石さんへのごちそうさまわぁ…おいしそう。ハックルベリーといちごの手作りジャム。朝ごはんが待ち遠しくなりそうですね!テリーさんから伊藤さんへのごちそうさま甘エビ少なくて残念…と思いきや、いろんなエビが食べくらべできるお得なパックになったようです(^o^)/さすが伊藤さん、太っ腹!ta-ko.nさんから高野さんへのごちそうさまたこをまるごと買われたta-ko.nさん。足一本で一品ができちゃうなら、タコ料理あと何品できるかたのしみですね!セツコさんから千葉さんへのごちそうさまカニ!カニ!カニ!インパクトがすごいですね。千葉さんのヘラガニはもう終わってしまったので、既に来年が待ち遠しいです!!!田中陽可さんへのごちそうさまasamiさんからweeeekさんからai.risa29さんから芸術作品のような栗スイーツがずらり!秋の訪れを感じますね♪あーおいしいモンブランが食べたい。作ってみたい。最後に食欲の秋はまだまだ始まったばかり。これからどんどん登場するおいしいものをお見逃しないように♪関連商品固定種の野菜セット・ライト自然農野菜セット【TFT寄付対象】小樽産 茹でタコ 3.5㎏(冷凍)ホッコク赤エビ(甘エビ)一回食べるとクセになる。ガーデンハックルベリー(ジャムの作り方レシピ付)クローバー農園の福箱(遊び心編DX)毛豆必ず入りますセット規格外大玉トマト3kg 約18~20個【新米】菜園家族のほっこり医農米♪【白米】5分・7分づきも対応可(文/髙木文)

今が旬

隠れた名品、注目の生産者は?スタッフ座談会で2年目を展望

記憶に残る「あの出品」ーー。ポケマルのリリース1周年を記念して、4人のスタッフが熱〜く語り合った座談会。みなさん、スタッフお気入りの食材はもうチェックしていただけましたか?自身もユーザーであり、生産者さんの大ファンでもあるスタッフたち。熱い気持ちがぶつかり合い、議論はヒートアップしていくばかり・・・今回は、1本には収まりきらなかった【後編】の様子をお届けします!<前編はこちら:「記憶に残る「あの出品」。ポケマルスタッフ座談会で1周年を振り返る」>後編の【お題】は・・・④スタッフだからこそ知っている、掘り出し生産者/商品は?⑤今年注目している「New生産者」は?⑥今年、ポケマルをどんなサービスに成長させたい?いつも利用してくださっている人にとっては、スタッフならではの視点に触れることで、”こんな楽しみ方もあるのか”と新鮮な気持ちになってもらえるかもしれません!そして、”興味はあるけど何を選べばいいか・・・”と悩んでいる人は、スタッフおすすめの生産者さんや食材からトライしてみるのもおすすめです!参加者は、すでにお馴染み(?)のこの4人!では、後編のスタートです!”スタッフだからこそ”知っている⁉︎隠れたあの人、あの食材お題は、「スタッフだからこそ知っている、掘り出し生産者/商品」。残念ながら決して”売れ行き好調”まではいかないけれど、スタッフが直接会いに行ったり、実際に食べてみて「これはいい!」とうなった生産者さんと商品。スタッフによる”熟練”の目と舌で、ズバッと選んでもらいました!中川 私は間違いなく、赤石敦さん(青森県)。この人、ほんとに、「いい意味でヘンタイ」なんです。本間 え、なにもの?中川 私、いちおう青森でお会いしたんですが、未だに謎だらけなんです…。だって、赤石さん自ら「うちの畑には”変なもの”しかありません」って言うんですよ(笑)本間 (すかさず赤石さんのコミュニティ投稿をチェックしながら・・・)えっ、たくさん投稿してくれてるし、商品説明もすごいおもしろいじゃん!赤石さんの投稿(手のひらサイズのメロン「ころたん」)中川 そうなんですよ!これを知らない人はほんと、人生損してますよ。例えば、この「ササゲ」っていうお豆。昔からひっそりつくられてきた在来種なんだけど、出品タイトルが「名前はもうない…」。栽培する人がいなくなって、今はもう固有の名前がなくなっちゃったんだって。しかも、お父さんがめちゃくちゃフレンドリーで、バリバリのネイティブ津軽弁で話しながら誰とでもすぐに仲良くなるみたいで!本間 単品もいいけど、その”変なもの”が詰まった”へんたいセット”もほしいなあ。ぜひ出品してほしい!赤石さんは早速用意してくれ、本間は購入。名前は”へんたいセット”ではなく”福箱セット”に中川 赤石さんの珍しい野菜は、”細かすぎて伝わらないモノマネ”みたいな感じ。ほんとにおすすめですよ!本間 俺はこの人!男が惚れる男、イノシシやシカを獲る猟師の石黒木太郎(もくたろう)さん(富山県)。本間 「害獣の問題を解決するためにジビエを広めたい」。その真っ直ぐな意志に惚れたね。2014年に23歳で狩猟免許を取って、そのあとクラウドファンディングで資金を募って県内初のジビエ専門の食肉処理場をDIYでつくったんだよ⁉︎(勢いが止まらない本間・・・)本間 彼(木太郎)は4人兄弟の3男なんだけど、長男が森太郎、次男が林太郎っていうんだ。さて、ここでクイズ!4男の名前は?(挙がったのは・・・)「枝太郎!」「草太郎!」「種太郎!」本間 答えは、幹太郎!その4兄弟のネーミングにも惚れたよね(笑)。そんな彼のおすすめが、ひき肉を使った餃子!オフィスでもパーティーしたよね。ひき肉はハンバーグやコロッケにも使えるから、「ジビエは初めて」って人にもおすすめ!<餃子パーティーの様子は、【ワイルド餃子vs健康野菜の餃子】あなたの夏バテを吹きとばすのはドッチ?をご覧ください!>中川 片桐さんが選んだ峯村明宏さん(和歌山県)は、人気農家さんの1人だけど?片桐 僕が目をつけたのは、みかんやブルーベリーなどのジャム、みかんマスタードやバジルソースです!みなさん、「ゆらみかん」がとてもおいしいのはよく知ってるはずだけど、加工品もおいしいこと、実は知らないんじゃないですか?ぜひ試してください!布井 鈴木俊将さん(山形県)の生きくらげも、隠れた名品だと思う!全員 (俺も私も)買った!布井 とにかく大きくて、食感もぷりっぷりしていて。一番美味しかったのは佃煮!生はちょっと・・・っていう人には、乾燥した干しきくらげもあるから便利ですよ。生きくらげの大きさはこんな感じ(モデルは鈴木さん)「一番おいしかった」という佃煮(ユーザー ぬのいの投稿より)中川 ある日、”白米に合うおかず”として冷蔵庫から佃煮がささっと出てきたら、男は惚れちゃうんじゃない?笑(男性2人は不意を突かれた様子で、しばし沈黙・・・)片桐 (本間に目で合図を送られ・・・)・・・まあ・・・惚れますね!(笑)布井 きくらげ自体はなじみのある食材だけど、”生”で流通してることがそもそも珍しいし、同じきくらげでも「こんなに違うんだあ」っていう発見があった!今年、要注目のNewヒーローは・・・続いては、「今年注目しているNew生産者」です!最近新たに登録してくれたり、もうまもなく出品してくれるかも!・・・という生産者さんを、スタッフが”こっそり”お伝えしちゃいます。片桐 僕は、やさしい人柄が滲み出るような写真にぐっと惹かれました!長尾伸二さん(福井県)です。高校の同級生である奥様と笑顔で写っている写真、いいですよね〜。九州北部豪雨の復興支援企画で、お米を出品してくれましたよね。やさしい笑顔を見せる長尾夫妻。片桐お気に入りの一枚。布井 私買ったけど、お米と一緒に届いた手紙の内容がとっても丁寧で驚いた!片桐 そうそう!「こういう方法で、思いで育てました」ってすごく丁寧に書いてくださっていて。義理の父や娘たちの評判もよかったから、今年はぜひ新米の出品も期待してます!長尾さんが出品してくれたお米(長尾さんの投稿より)本間 俺は期待の漁師に1票。福島利一さん(島根県)、知ってる?ポケマルに登録してくれている”海漁師”としては、中国地方初!大阪の元IT企業の営業マンで、とにかくトークがおもしろい!定置網漁だから獲れる魚介類はバラエティ豊富だろうし、加工技術もあるから加工品の出品も期待できる!中川 私が注目している林慎悟さん(岡山県)は、100種くらいのぶどうを栽培していて、自分の手で品種を改良・開発してる。”育種”って言うんだけど。全員 へえ〜、すごいね!中川 ここまでやれる農家さんがいるんだ!って驚いた。布井 私は、田中陽可さん(群馬県)との共通点の多さに驚いた!布井 アメリカに渡って、アフリカの飢餓・貧困問題に興味を持ったのが原点で。私はポケマルを通じて「世直ししよう」って決めたわけだけど、彼は自ら現場に立って、生産者として世の中を変えようとしている。農薬や除草剤などを使わない自然農法だからこそ、安く売りたい。そういう考え方も新鮮だった。中川 世間にある一般的な流通サービスは、「自然栽培」や「オーガニック」は「付加価値だから高く売る」ってとこがほとんど。でも、「農薬などを使ってないから安く売りたい」って考えてる農家さんもいて、そういう食材を出品できるのがポケマルならではだよね。きっと他のサービスにはないはず。<田中さんのストーリーは、「彼は世界の飢餓をなくすため南牧村で農家になった」をご覧ください>発表します!「今年、私はポケマルを◯◯にしたい」そしていよいよ、白熱の議論は最終盤に突入です!最後は、「今年、あなたはポケマルをどうしたい?」。ポケマルに対する思いや抱負を発表してもらいました。4人の回答・メッセージはこちら!本間  「1秒でも早く1000人の生産者」布井 「ポケマルで生活が変わる。日本が変わる」片桐 「みなさんをますますワクワク〜スピード&ダイナミズム〜」中川 「まだスーパーで消費してるの?」本間 これまでの1年間にポケマルに登録してくれた生産者さんは300人強。多いって見方もあるけど、全然足りないとも言える。布井 農家さんは日本に何人くらいいるんですか?本間 ざっくり200万人と言われてて、39歳以下では約12万人。そう考えると、やっぱりまだまだポケマル登録数は少ないよね。日本の農業人口は1970年の1/5以下に減少。現在はその78%が60歳以上の高齢者だ中川 39歳以下は12万人しかいないんですよね。その人たちが、日本の将来の”食”を支えてる。彼らが主力になる20~30年後とか、どうなっちゃってるんだろう・・・本間 そのためにも1秒でも早く、まず1000人!で、1秒でも早く、日本一農家さん・漁師さんに愛されるサービスに成長させる。それが結果的に、世の中の消費者のためになる。そういうストーリーを俺は信じてる!中川 私はほんと、常々「まだスーパーで消費してるの?」って思い続けてる。もちろん私もスーパーで買うことはあるけど、いつも”安売り”に飛びつくような消費しかできないのって、寂しい、情けないと思う。ポケマルのように「生産者さんから直接買う」ことは単なる消費じゃなくて、生産者さんを応援し、「命をつくる」こと。そういう消費行動が当たり前になるようにしたい!福島県の齋藤幸江さんのカラフルトマトと、福岡県の秋吉智博さんのシャインマスカットも、座談会のお供として活躍してくれました布井 そういう意味でも、この座談会みたいにユーザーや生産者さんの間で「去年はあの人の、この商品がよかった」とか自然にコミュニケーションが生まれるようになるといいな。生産者の顔や名前を浮かべながら、会話する。これが日常の一部になって、その輪がどんどん広がるようにしたい。片桐 僕らの夢や目標を叶えるためにも、目の前の課題を”スピード&ダイナミズム”でどんどんクリアしてサービス向上に励むことも大事ですよね!「あいつら、どんどん仕掛けているな」。常にそうやってワクワクしてもらえるように、頑張りたいですね。本間 うんうん、大事だね!さて、2回にわたってお届けしてきたスタッフ座談会。みなさん、いかがでしたか?もしかしたら、ちょっと暑苦しく(?)感じた方もいらっしゃるかもしれません・・・。当然ですが、それほどスタッフたちはポケマルを愛してやまないのです。無事に1年を過ごせたことへの安堵とともに、まだまだみなさんに気軽に楽しく、「生産者さんから直接買う」ことの魅力がもっと伝わるように、これからも日々努力していきます!温かく、ときには厳しい眼差しで、引き続き支えていただけると嬉しいです。さて、足元では本格的な秋の到来が近づいてきました。この時期においしく味わえる旬の食材も、どんどんお届けしていきますよ。ぜひお楽しみに!<前編はこちら:「記憶に残る「あの出品」。ポケマルスタッフ座談会で1周年を振り返る」>関連商品2017年9月28日現在で販売終了のものも多いですが、気になる出品があったら、生産者さんのプロフィールページから【フォロー】しておくと、新たな出品があった場合に通知を受け取れます。※ポケマルへの会員登録とアプリダウンロード、通知の許可が必要です。会員登録はこちらから、iOSアプリダウンロードはこちらから、androidアプリダウンロードはこちらからどうぞ。生産者プロフィールページへは、生産者の丸い顔写真部分をタップで移動できます。在来種のササゲ 名前はもうない…ジビエのひき肉セット(イノシシ・鹿)2個セット。味は当たり前、色が最高!選べる地元産ジャムみかんマスタード 1瓶と2パックセットです。クローバー農園の福箱(遊び心編DX)毛豆必ず入りますセット極上肉厚きくらげ 生と干し 食べ比べセット[復興支援]『減農薬コシヒカリ』白米5キロ真空パック林のぶどう ご家庭用1.5キロ自然農野菜セット【TFT寄付対象】シャインマスカット 福岡県朝倉市育ち美農然お野菜セット(通常版)ライタープロフィール近藤快化粧品専門誌の記者として8年勤務。東日本大震災後、業界紙・東北復興新聞にプロボノで参加、その後専属に。他に、企業のCSR・CSV、一次産業、地方創生などのテーマで取材〜執筆している。

今が旬

お腹が鳴っちゃう!?みんなのごちそうさま投稿10選【9月上旬編】

「きれい!」「おいしそう」「新鮮!!」「ごちそうさま」ポケマルのコミュニティは生産者さんとお客さんがお話できる大切な場所です。感謝のかたちはそれぞれですが、温かい言葉のかけあいにホッコリしてしまいます。そのなかでも写真を見ているだけでお腹がすいてしまいそうな投稿をご紹介いたします!BFBさんから横山さんへのごちそうさま絶妙な焼き加減…たまらない!ついついよだれがでてしまいますね(笑)こまこさんから森山さんへのごちそうさまお、おいしそう。キュウリとは思えないくらいおいしいとはどんなキュウリなのか気になりますね!yokotinさんから高野さんへのごちそうさまぜいたく〜〜〜今年のウニ漁はもう終わってしまいましたので、来年まで首をながーくしてお待ち下さい。ぬのいさんから齋藤さんへのごちそうさまカラフルな野菜たちに惚れ惚れしてしまいますね♪トウモロコシの焼き色もきれい…Nao.Kさんから亀岡さんへのごちそうさまあまーい桃としょっぱい生ハム、最高のコンビネーションですね!ドキンちゃん4さんから中村さんへのごちそうさまなんと既に2度目のご購入!現在セール中なので、3度目もぜひ。鹿野さんから田中さんへのごちそうさまさつまいものように甘いじゃがいも…わーーーこれは食べてみたい!!!mari6260707さんから石村さんへのごちそうさまこれはもはやケーキというより芸術です。エディブルフラワーを使ってワンランク上のケーキを作ってみたいですね!すずゆきさんから梁さんへのごちそうさまパッションフルーツが登場する食卓、憧れます。reoncooさんから渡邊さんへのごちそうさまワンコチェック、恒例なんですね!ワンコのお眼鏡に叶ってよかったです(笑)関連商品小分けモツ2袋(合計500g以上)+おまけで放し飼い地鶏のももむね肉1/4身【自家用】 甘汁た~っぷり、幸水梨5キロ箱(9~13玉入り)【ポケマル限定】お試しパッションフルーツセットエディブルフラワー「美食花」MIX自然農野菜セット【TFT寄付対象】活天然サザエ1kg(小中サイズ混合)【残暑セール中】福島県桑折町の桃 旬の品種おまかせ 2kg(5~9玉)美農然お野菜セット(少量版)固定種の野菜セット・ライト(文/髙木文)

今が旬

[バックナンバー]2017年9月2日〜8日の新着出品ダイジェスト!

日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬の食材。最新の出品情報を、毎週まとめてお届けしてます。昨年9月の人気No.1が帰ってきた〜!野菜のインターネット通販や宅配サービスは数あれど、こんなに多様で愛すべき農家さん漁師さんと直接出会えて自由にお話できるサービスはポケットマルシェだけ!日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬食材をどーんとお楽しみください♪「あの」ナンバーワンが、千里を泳いで帰ってきた!去年の9月5日にオープンしたポケットマルシェ。その、オープン月の月間販売数ナンバーワンに輝いたのが、こちらの千葉豪さんの「ヘラガニ千里を泳ぐ」でした!当時のコミュニティ投稿は現在は見られなくなってしまっていますが、ここでそのいくつかをご紹介しましょう!お腹空いてきましたね…。今季は、1日にひとつだけ受注するとのこと…!「在庫なし」表示が出ている場合は、21時になると復活しますので、諦めないでくださいね。ヘラガニ 千里を泳ぐ【1日ひとつだけ】収穫の秋到来。フルーツ選び放題〜!◎山口県周防大島の山形岳史さんから、2色のブドウの詰め合わせ。お値段もうれしい。2色のぶどう(黒系・白系)詰め合わせセット  【9月発送予約】◎新潟県の渡邊さんからは、和梨とブドウの詰め合わせ。秋を感じます![贈答用] あんまぁ~い「幸水梨」と果汁たっぷり「藤稔」セット。[贈答用]大玉幸水4玉+藤稔1房セット◎長野県の峯村和哉さんから、去年の大人気りんごが復活です!【予約・新聞梱包】サンつがる 5キロ箱(14〜23玉程度) 等級・大きさ不揃い【予約商品】 シナノドルチェ 家庭用(訳あり) 5kg箱(14〜20玉)【予約商品】 シナノドルチェ 特秀品 5kg箱(14〜18玉) 敬老の日にも!【予約商品】 シナノドルチェ 特秀品 10kg箱(28〜36玉)敬老の日にも!◎高知県室戸市の上田陽二さんから、日本一早い極早生青切りみかん開始!温州みかん(室戸産・羽根みかん)◎群馬県なんもく村の田中陽可さんから、栗ですよ栗!山の栗(Lサイズ)と自然農野菜セット【TFT寄付対象】山の栗(Lサイズ)と自然農じゃがいも【TFT寄付対象】山の栗(Mサイズ)と自然農じゃがいも【TFT寄付対象】おなじく田中さんのジャガイモ。お手頃サイズが加わりました!自然農じゃがいも【TFT寄付対象】自然農じゃがいも【TFT寄付対象】収穫の秋!お野菜もずんずん増えてます〜。◎青森県の赤石敦さんのユニーク野菜シリーズ。お楽しみ野菜セット「福箱」も登場で、チャレンジしやすくなりました!在来種のササゲ 名前はもうない…いも。くり。なんきん。『特濃こふき』食用ほおずき涙が出る程からい!だがそれが良い。からみ大根パンプキンポタージュで最高に美味い!バターナッツクローバー農園の福箱(真面目編)クローバー農園の福箱(遊び心編)クローバー農園の福箱(遊び心編DX)みちたる農場コラボ◎固定種でおなじみ青森の森山さんからは、葉っぱまで楽しめるカラフルな人参が!ジュース用 葉付きニンジン◎兵庫県淡路島の神代カツ子さんから、淡路といえば…!のたまねぎ。淡路島産の玉ねぎ5キロ淡路島産の玉ねぎ5キロ2箱◎愛知県江南市の伊藤正博さんから、ちょっとした健康ギフトにもぴったりのカワイイ黒にんにく。「黒にんにく」3袋セット◎野菜セットもどんどん増えて、選びがいがありますね…。迷ったときは、生産者さんのコミュニティを覗いてみてください。野菜セット★レシピ付き※月曜日のみの発送になります!菜園家族のわくわく医農野菜セット♪なゆた農場野菜セットSサイズなゆた農場野菜セットMサイズ☆畑直送☆こだわり有機栽培野菜セット☆畑直送☆こだわり有機栽培野菜プレミアムセット「今年も無事に収穫できました」新米、どんどん増えています◎米どころ新潟県南魚沼市の内山幸一さんから、王者コシヒカリの新米予約受付開始!発送は10月からです。魚沼産コシヒカリ発祥の地】新米予約! こだわりの南魚沼産コシヒカリ5キロ(精米)魚沼産コシヒカリ発祥の地】新米予約! こだわりの南魚沼産コシヒカリ2キロ(精米)魚沼産コシヒカリ発祥の地】新米予約 こだわりの南魚沼産コシヒカリ10キロ(精米)◎新潟県柏崎市の小林昌司さんからは、大家族にうれしいコシイブキの新米。こちらは収穫済み!29年産新米コシイブキ◎千葉県印西市の本橋将人さんからも、今年の新米各種、販売開始!29年度新米、テレビで紹介された白鳥が飛来する綺麗な田んぼで作ったお米29年度新米、美味しいお米本埜米3キロ29年度新米、大粒で美味しいフサコガネ精米5キロ29年度産、大粒で美味しいフサコガネ精米29年度産新米コシヒカリ精米3キロ29年度新米コシヒカリ精米5キロ◎福岡県小竹町の古森憲さんからは28年度産のお米。新米はもうじき刈り取りにはいるそうですよ〜!福岡県認証・減農薬・減化学肥料米「南良津獅子米」天然ミネラル塩のお米「小さな竹美人」無農薬・無化学肥料栽培米◎農家さんがつくったお菓子もどうぞ。特製よもぎ団子2個入り×10袋プレミアムシフォンケーキ畜産にだって旬がある!◎福島県相馬市の菊地将兵さんから、でました!初産たまご(*´∀`*)★期間限定!超レア!初めて産んだ"初もの卵"入り「相馬ミルキーエッグ」◎広島県の横山慎士さんから、新たな鶏肉部位と、平飼い卵のお手頃サイズが追加出品。小分けモツ2袋(合計500g以上)+おまけで放し飼い地鶏のももむね肉1/4身バーベキューに最適!放し飼い地鶏のももむね肉。一羽分(およそ5人前)平飼い飼育の有精卵 きみがスター平飼い飼育の有精卵 きみがスター◎広島県福山市の池上正則さんから、烏骨鶏の卵をつかってつくったカステラとどら焼きです〜!天心山どら焼き(5個入り)天心山かすてら◎福島県福島市の佐藤辰彦さんから、100パーセント天然の蜂蜜!天然はちみつ今週はどっさりの、53出品でした!(文/中川葵)<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2017年8月のマガジン記事一覧はこちらから2017年9月のマガジン記事一覧はこちらから新着情報をメールでチェック!ポケマルメールマガジンのバックナンバーはこちらから

今が旬

彼は世界の飢餓をなくすため南牧村で農家になった(文=高橋博之)

田中陽可さん(26)は、渋谷で生まれ育った。自宅は、渋谷駅から徒歩10分。高校3年のとき、社会の授業で国連難民高等弁務官として世界で活躍する緒方貞子さんの存在を知った。自分も世界平和に貢献する人間になりたいと憧れた。緒方さんの経歴を調べたら、アメリカの大学院を出ていたので、自分も行こうと決めた。高校卒業後、1年間英語の勉強をして、渡米した。カリフォルニア州とメリーランド州の大学に合わせて3年半通った。渡米して間もなく、田中さんは腸捻転という病気になり、手術後10日間食事ができなかった。このとき、食べることができないつらさを知る。「とにかくお腹がすいてどうしようもなかった。この経験がなければ農家になろうと思わなかった」と、農家を志したきっかけを語る。この経験を契機に田中さんの関心は世界の飢餓問題へと向かった。アメリカの大学で立ち上げたテーブル・フォー・ツーの学生団体の最初のメンバーたち。左から二人目が田中さん。世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調で苦しんでいる現実に向き合った。どうすれば飢餓問題を解決できるのだろう。いろいろ勉強していると、「土地収奪」という問題があることを知った。国や企業が外国の土地を買い、作物を育て、収穫物は自国や世界市場で売る*。例えば、日本のある企業はアフリカの土地を買い、そこで缶詰め用のトマトを栽培して販売する。その一方、アフリカの国には栄養失調が原因で亡くなっている人たちが大勢いる。食べるものがなくて亡くなる人がいる国から食べものが出ていく。田中さんは、よく分からない現象だと思った。そして、その理不尽な現実を変えたいと思った。どうすればいいのか。アフリカの国で収穫したトマトは、アフリカで食べられればいい。今まで外国で生産していた分は、日本国内で生産すればいい。それが、田中さんが出した答えだった。そんなとき、たまたま動画サイトのユーチューブで、農薬も肥料も使わない自然農法を提唱する福岡正信さん**の言葉に触れ、これだと思った。2013年、メリーランド大学ボルティモアカウンティー校(UMBC)卒業。卒論「孤独死と飢餓の関係:精神的な飢えと、肉体的な飢え」は最優秀に選ばれた。左の女性はUMBCの学長。日本の農業は後継者不足で耕作放棄地が広がっていることが問題になっていた。しかし、耕作放棄地は過剰な肥料や農薬が抜け、生い茂る雑草に土が耕され、微生物が活発に生きる肥沃な土壌になるので、自然農法にはぴったりだと思った。耕作放棄地を問題ではなく、資源と捉え直す。そして、そこを舞台に自然農法が広がれば、国内の生産量が増え、アフリカの土地を買い漁らなくてもよくなる。そして、飢餓の問題も解決に向かうんじゃないだろうか。自然農法を広めるためにはまず自分が実践しないと説得力がないと、農家になる決心をした田中さんは帰国後、耕作放棄地を探し回り、群馬県南牧村(なんもく村)に移住。独学で自然農法を学びながら、野菜づくりを始める。両親には「国連で働く夢はどこにいったのか」と驚かれたが、収穫した野菜を送り始めると、会社の人に野菜を紹介してくれるなど、応援してくれるようになった。就農して1年経つが、毎日が楽しくて仕方がない。地下足袋で農作業している村の百姓の姿がかっこよくてたまらないという。農家の息子だったら、どれだけ知識や技術を覚えられたんだろうと思う。根っからの農家に憧れる田中さんだが、逆に村では東京への憧れがすごいことも知った。子どもや孫を東京に出したいとみんな口をそろえる。田中さんも「英語もできるのにもったいない。農業じゃ食っていけないんだから帰れ」と言われる。それでも、もはや村には若者がいないので、孫世代にあたる田中さんをみんながかわいがってくれ、あれこれ教えてくれる。90歳の師匠。農や村のことについて教えてくれた。斜面の畑が南牧村の特徴で、水はけの良さはジャガイモの美味しさにつながる。78歳の師匠。段々畑も南牧村の畑の特徴。やはり斜面である。85歳の師匠。南牧村で「きりぼし」と呼ばれるサツマイモの干し芋の作り方を教えてくれた。村の皆が認めるきりぼしづくりの名人。田中さんはポケットマルシェで野菜を販売した売り上げの一部(購入金額の内、100円〜200円)を、アフリカやアジアの学校の給食費として寄付している。100円で子どもたち5人分の食事がまかなわれる。こうした寄付ができるようになったのも、ポケットマルシェとの出会いが大きいという。「東京の八百屋さんにも野菜を卸していますが、寄付分だけ価格を少し上げたいっていう相談はしにくい。その点、ポケットマルシェであれば、自分で価格設定ができるので、他人を巻き込まずに自分の思いを押し通せる」。消費者と直接つながりたいという思いも強い。例えばスーパーやレストランに野菜を卸すと、自分の野菜を食べてくれている人の顔も見えなければ、年齢も分からない。ポケットマルシェだと、買ってくれた人の名前がわかる。野菜を送ったお客さんから翌日食べた感想も聞けるので、やりがいを感じる。こういう顔の見えるお客さんに是非、畑に来てもらいたいと思う。そして、こういう環境で育ったんですよと言いたい。村の人に面倒を見てもらい貸りることができたカヤの生える耕作放棄地。上の写真の耕作放棄地を耕し畑に蘇えらせた。ここで栽培する作物は、「この環境が何を育てるのが上手か」を見極めて決めるという。田中さんは農家になってみて、改めて農業という仕事の素晴らしさを知った。「農業はすごい。確かに自分の利益は最も少ない仕事かもしれない。体力的にもきつい。でも、環境保全とか飢餓解消とか、もっと大きなものの利益を守ることに根本的に関わることができる。人間が生きていく上で一番大事にしないといけないところで、その一員になれていることを誇りに思う。自分の姿を見て、次の若い世代につながっていけばいいなと思う」。*参考文献:"The land grabbers of the Nacala Corridor"(UNAC GRAIN, 19 February 2015)※英語サイト**福岡正信(1913-2008):愛媛県伊予市生まれ。岐阜高等農林学校(現在の岐阜大学農学部)卒業。25歳のときに急性肺炎を患い「人間の知恵と力は何の役にも立っていない」と考え、その後独自の自然農法を築き上げていく。1975年、その経験をまとめた著書「わら一本の革命」を出版。世界各国で翻訳版が出版されるロングセラーとなる。1979年以降は、自然農法による砂漠化防止の技術指導にも取り組んだ。1988年にはマグサイサイ賞、1997年にはアースカウンシル賞を受賞。■田中さんの2017年8月31日現在の出品はこちら自然農野菜セット【TFT寄付対象】自然農ジャガイモ・ニンニク【TFT寄付対象】自然農じゃがいも【TFT寄付対象】自然農じゃがいも【TFT寄付対象】最新情報はこちらからご覧いただけます。書き手:高橋博之(㈱ポケットマルシェ代表)団塊ジュニアの最後の年、1974年に岩手県花巻市に生まれる。前年、高度経済成長が終わる。その残像を引きずる団塊世代から、都会の会社でネクタイ締める人生がよいとの価値観を刷り込まれ、18歳で上京。見つかるわけもない自分探しに没頭(2年生を3回やりました)。大学出るときは超就職氷河期で、大きく価値観が揺さぶられる。新聞社の入社試験を100回以上受け、全滅。29歳、リアリティを求め、帰郷。社会づくりの矢面に立とうと、政治家を目指す。岩手で県議を2期やって、震災後の県知事選に挑戦し、被災地沿岸部270キロをぜんぶ歩いて遊説するという前代未聞の選挙戦を戦い、散る。口で言ってきたことを今度は手足を動かしてやってみようと、事業家に転身。生産者と消費者を「情報」と「コミュニケーション」でつなぐマイクロメディア、東北食べる通信を創刊。定員1500人の目標を達成する。その後、日本食べる通信リーグを創設し、現在、全国39地域にご当地食べる通信が誕生。「世なおしは、食なおし。」「都市と地方をかき混ぜる」の旗を掲げ、20キロのスーツケースをガラガラ引きずりながら、全国各地を行脚する寅さん暮らしを送る。昨年9月、食べる通信をビジネス化した新サービス、ポケットマルシェを始める。

今が旬

[バックナンバー]2017年7月29日〜2017年8月4日の新着出品ダイジェスト!

今日8月5日で、ポケットマルシェはオープンから満11ヶ月を迎えました!去年の8月、オープン前のポケマルではテスト販売をしていました。テストと言っても、生産者さんに実際に出品してもらって、それを買ってちゃんと届くかを確認する実践的なもので、テスト出品の中には、9月のオープン時にはもう収穫期が終わっているものもありました。その時に買ってすっごく美味しかったあのお米、あのお野菜、あの果物、あのお魚…。今月、ついに登場します。期待しててください!それでは、今週も日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬食材をお知らせする「新着ダイジェスト」をどうぞ。美味しい桃が届いたら、あの人に会いにいこう。この時代にギフトを風呂敷に包んで手に持って直接ご挨拶に行くって、なんかイイ感じがします。風呂敷包みをあけたときにふわっと漂う甘い香りと一緒に、「いや、ほら、美味しい桃が届いたからさ…」って口実を言うんですよ。そ、それで、もらった人も「うちで一緒に食べませんか?」とか言っちゃったりして…(*ノェノ)キャー【9/7頃まで】福島県桑折町の桃 黄桃白桃ミックス2kg(6玉)福島県桑折町の桃 旬の品種おまかせ 2kg(5~9玉)まだ知らない沖縄食材があった。「レンブ」ってなにー!?レンブ、ご存知ですか?東南アジアに行ったことのある方なら食べたことあるのかな…?グアバとかフェイジョアとおなじフトモモ科に分類されている果物で、味はリンゴとナシを合わせたようなもの…らしいですよ。これはチャレンジしないといけませんね。完全無農薬レンブ沖縄県産マンゴー(3個セット)沖縄県産マンゴー(5個セット)固定種は未来へのギフト。一緒にタネを受け継ぎませんか?青森の山の上にも収穫の夏が来たのかな?森山知也さんの人気の野菜セットに、量のバリエーションが増えました。そして珍しいじゃがいもも!固定種の野菜セット・ライト固定種の野菜セット・ヘビー固定種の野菜セット・レギュラーじゃがいも グラウンドペチカ 3kgおもしろ農家から社会的農家まで、農家さんの個性も大豊作!どんどん増える野菜セットの出品も、様々な個性の生産産さんも、今なら選び放題〜。個人的には青森県の赤石敦さんのダイコンに貼ってある「大根」のシールに目が釘付けです。自然農野菜セット【TFT寄付対象】(バーベキューするあなたの心に語りか…ます…ニンニクの皮をむいてホイルで包…炭の中に放…んで…じっくり焼く…硫化アリル…分解…甘…トロ…)熊本のマイルドにんにく(上海早生/12片)自然農ジャガイモ・ニンニク【TFT寄付対象】東京にする?北海道にする?旅行先の話じゃないですよ。東京産タマネギ北海道産 特別栽培(農薬無使用)農薬化学肥料不使用のお米さんも登場!天然ミネラル塩のお米「小さな竹美人」無農薬・無化学肥料栽培米天然ミネラル塩のお米「小さな竹美人」無農薬・無化学肥料栽培米今週は以上21出品でした!<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2017年6月のマガジン記事一覧はこちらから2017年7月のマガジン記事一覧はこちらから新着情報をメールでチェック!ポケマルメールマガジンのバックナンバーはこちらから(文/中川葵)

今が旬

[バックナンバー]2017年7月15日〜2017年7月21日の新着出品ダイジェスト!

日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬食材をお知らせする「新着ダイジェスト」。今週はポケマル初の「チャリティ販売」を緊急開催しています。チャリティ販売を開始するに至った経緯は、こちらの記事<平成29年7月九州北部豪雨災害復興支援チャリティ販売について>で詳しく説明しています。ポケマル生産者が団結!チャリティ販売は7月31日21時まで7月21日までに、29人の生産者がチャリティ出品を完了。台風、水害、干ばつ…‥、自然と日々対峙している生産者さんにとって、天災は決して他人事ではありません。出品ひとつひとつから、その思いが感じられます。出品に添えられている生産者からのメッセージの一部を抜粋して紹介します。東日本の震災の際はお世話になりました。今度は僕らの番です。美味しく食べて、復興の応援をしたいと思います。(岩手県/佐藤勧さん)東日本大震災の後、全国各地から数多くの方々がうちの農園にボランティアで助けに来てくれました。その中には北九州から駆けつけてくれた人たちがいたことも僕らは忘れていません。今僕らが直接助けに行くことは叶いませんが、僕らは僕らなりにあの時の恩を返しにいきたい。知恵もないしお金もない。でも野菜ならいくらでもある。この想いを繋げてくれるポケットマルシェから、どうか僕らと皆さんの想いを届けてやってください。(福島県/菊地将兵さん)私も昨年の熊本地震へ即応予備自衛官として災害派遣に参加させていただきました。テレビなどでは伝えきれない被害や生活に不自由する事を目の当たりにしまして、秋吉様が大分重要な復旧活動を担われていると想像でき、ポケマルの支援に賛同しました。賛同いただきました皆様へ感謝の気持ちと一日も早い復興を願い串打ちさせていただきます。(沖縄県/大谷明正さん)7月21日までに出品されたチャリティ販売対象出品を一挙ご紹介!いつも出品しているものをチャリティにする生産者さんもいれば、普段のポケマルには無いものをチャリティ専用に出品してくれている生産者さんもいます。保存性の高い加工品や、普段は販売に回さないような、傷モノ・訳アリの「お買い得」な出品もたくさんあります。どの出品も、それぞれの生産者さんが頭を捻って作ってくれた出品です。生産者には1円の売上も入ってきません。ひとつでもいいので、ぜひご購入いただければ幸いです。そしてもしよければ、チャリティ出品をご購入いただいた生産者さんから、チャリティではない通常の出品も買っていただければ、うれしいです。◎7月15〜16日の出品[復興支援] 菜園家族の医農野菜♪【ジャガイモ(黄爵)】[復興支援]ササニシキ二合真空パック、朝採り式部なす、ごほうびとまとチップス[復興支援]ひとめぼれ3kg[復興支援]味はそのままアスパラガス 規格外品[復興支援]福島県桑折町の桃 訳あり桃 2kg(7~9玉)[復興支援] 紀伊路屋有田のみかん無添加ストレートジュース720ml[復興支援]H27産コシヒカリ10kg[復興支援]いぶりがっこ2パックセット[復興支援]農園オリジナルトマトジャム 2本セット(ローズレッド&グリーン)[復興支援]海女もん 菅島 天然 糸わかめ[復興支援]イナダ(釣り)[復興支援]りんごMixジュースセット 180ml x 5本[復興支援]南瓜&にんにく&赤玉ねぎ[復興支援]相馬から野菜の恩返し◎7月17日〜19日の出品[復興支援]きゅうり4kg[復興支援]フルーツコーン【朝採り】[復興支援]【解禁日とれたて発送】ウニまるごと5つ[復興支援]一串入魂 福幸地鶏の焼鳥用生串4本入り[復興支援]無肥料、天日乾燥で育てた、黒米[復興支援]自然農法じゃがいも3kg[復興支援]野菜5点セット[復興支援]丹波篠山の「山の芋」1kg(優品・大サイズ2個)[復興支援]旬がきた!殻つきホヤお試し4個(4年もの)[復興支援]こしひかり 白米3kg 特別栽培米[復興支援]バジルソースとみかんジャムマスタードのセット(簡易包装になります)[復興支援]冷凍 ゆらみかん 500g◎7月20日〜21日の出品[復興支援]玉ねぎ[復興支援]農園オリジナルトマトジャム 3本セット[復興支援]おかしな野菜6品目[復興支援]いろんな甘さ!カラフルミニトマト通常出品もお忘れなく。もっちもちのお米、ミルキークイーンが登場!お米 ミルキークイーン(玄米)旬まっさかりのトマト!絡みつくむ旨み、シシリアンルージュ忠保の野菜シリーズ!!甘いよ?完熟トマト!!野菜セットにも新しい農家さんが登場です。たべくら農園 野菜セット Sサイズ自然農野菜セット【TFT寄付対象】親しい方への暑中お見舞いにいかが?桃&パッションフルーツe御贈答に。手土産に。 あま~い初夏の香り「贈答用もも3㎏」パッションフルーツ秀品M15玉パッションフルーツ秀品L12玉農家プロデュースの加工品はいかが?加賀れんこんちっぷトマトジャム プレミアム 砂糖不使用 有機アガベシロップ仕様今週は以上40出品でした!<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2017年6月のマガジン記事一覧はこちらから2017年7月のマガジン記事一覧はこちらから新着情報をメールでチェック!ポケマルメールマガジンのバックナンバーはこちらから(文/中川葵)

今が旬

[バックナンバー]2017年6月24日〜2017年7月6日の新着出品ダイジェスト!

日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬の食材。最新の出品情報を、毎週まとめてお届けしてます。ツブ!サザエ!アワビ!夏は貝の季節なんですね。日本全国の海から、怒涛の旬ラッシュ到来中〜(*´∀`*)既に出品済みのホタテ・ウニ・岩牡蠣もいれると、なんと6種類の貝が漁師直送で買えます!今週新たに出品されたのは、三重県安楽島の中村彩さんが素潜りでとる天然サザエ、北海道忍路の高野粋さんの天然青つぶ貝、秋田県八森の山本太志さんの天然活あわび!もうたまらん…。■貝の出品一覧はこちらからご覧いただけます。活アワビ小樽産 活青つぶ貝活天然サザエ1Kg(小中サイズ混合)活天然サザエ2Kg(小中サイズ混合)活天然サザエ3Kg(小中サイズ混合)皇室献上桃の産地・桑折町の桃を品種リレーでお届け夏のくだものリレーはじまってますよ〜。1品種の収穫期がとて〜もとて〜も短い桃。ほんとに一瞬で終わっちゃうんですよ…(T_T)福島県桑折町の亀岡隆宏さんの桃園には、なんと35種類もの桃の品種が植わっているんです。その中から、ご注文の時期に旬まっさかりのおすすめ品種をセレクトして送ってくれます!■亀岡さんへのインタビュー記事はこちら: 話題のあの方も?︎皇室に選ばれ続ける桑折町の「献上桃」、あなたも食べてみませんか?福島県桑折町の桃 旬の品種おまかせ 5kg(12~22玉)福島県桑折町の桃 旬の品種おまかせ 2kg(5~9玉)福島県桑折町の桃 旬の品種おまかせ 3kg(8~13玉)トウモロコシ続々!もう食べました?夏野菜の代表選手トウモロコシも、ハシリからサカリに突入〜。ヤングから訳ありまで、ラインナップも増えてきました!■トウモロコシの出品一覧はこちらからご覧いただけます。フレッシュヤングコーン早い者勝ち!!傷ものスイートコーン【クール便】生でも美味しいとうもろこし24本【朝採り】スイートコーンとおまけ野菜漁師からの挑戦状?さばけるもんならさばいてみろぉー!夏を迎えた秋田県八森の海で、山本さんは釣りを楽しんでいるようです。1尾5kg超えのメジマグロ…。飲食店の方、プチ解体ショーにいかがでしょうか?個人消費でも、スズキとイナダぐらいならいけるかな…?■そんなアメージング出品の裏にある真摯な思いが語られている記事:ゴミクズと化した魚の「価値」をよみがえらせるために:山本太志(漁師・秋田県八峰町)スズキ(釣り)イナダ(釣り)生クロマグロ(メジ)長野県南牧村の空気感、感じてください。ポケマル登録ほやほやの田中陽可(ようか)さんから、初出品いただきました!ありがとうございます〜。東京から移住して農家になったという田中さん。プロフィールも写真も商品説明も、ステキな空気感であふれています。粉をふいたような芋の状況を、この村では【笑む(えむ)】と言います。「今年の芋も、うんめぇなぁ。笑んでらぁ」笑むのは掘りたての新じゃがだけ、中粒の、味がギュッと詰まった、旬のジャガイモ(きたあかりの商品説明より)アメリカ留学中に経験した手術をきっかけに「飢餓のない世界にしたい」という目標を持ったそうで、売上の一部を Table For Two International に寄付するとのこと!ひゅ〜自然農法 寒干し大根きたあかり(新じゃが)きたあかり(新じゃが)きたあかり(新じゃが)トマトも続々!ギフトにもいかが?夏野菜の代表選手その2。トマトも続々増えてきました!■トマトの出品一覧はこちらからご覧いただけます。菜園家族の医農野菜シリーズ♪【ミニトマト】【ギフトセット】農園オリジナル加工品詰合せ【プチギフト】トマト・ジャム&ケチャップ_ギフトBOXまるごと樽トマト トマトケチャップ 240gトマトジャム レギュラー赤 白ワインで爽やかな美味しさトマトジャム レギュラー緑 白ワインで爽やかな美味しさちょっと変わりモノですがインスタ映え間違いなし。レンコンの葉っぱ。つまり蓮の葉。そのままでは食べられませんが、お米を包んで蒸したり、敷物にしたり。フレッシュのホーリーバジルでガパオを作って、レンコンの葉っぱのお皿にのっけて食べたい。荷葉 レンコンの葉 つまものトルゥシー(ホーリーバジル)*フレッシュよっブランド米の最高峰!まちがいなく魚沼産コシヒカリ新潟県南魚沼市の内山幸一さんの初出品です!ありがとうございます。米農家の5代目、内山さんの田んぼがある新潟県南魚沼市宇津野新田地区は、魚沼コシヒカリ発祥の地なんだそうです。注文後に精米してくれるので、最高の状態でとどきますよ〜。巷ではお米の産地偽装がニュースになったりしていますが、信頼できる生産者さんから直接買えばそんな心配はご無用です!魚沼産コシヒカリ発祥の地】28年産 こだわりの南魚沼産コシヒカリ10キロ(精米)サメ…たべたことありますか?神奈川県横須賀市の譲原亮さんから、食べやすく加工済みのサメ&エイが出品されました!「サメって、美味しくないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、そんな疑問に譲原さんがバッチリ答えてくれています。サメはちょっと前は「臭いが…」と言われて嫌厭されていたんですが、今はちょっと違います。血抜いて、神経抜きをして、三枚におろして、皮を引いて、掛け流しの水道水にしばらくつけると…アンモニアがばっちり抜けます。ふわふわとした肉質で、熱々でも冷めてもおいしいです。ネバネバアカモクと一緒に、いかがですかー?刻みアカモク100g×5個セットサメ&エイの味噌漬け粕漬け セットお料理上手な方にお迎えしていただきたい!「相馬ミルキーエッグ」が人気の大野村農園・菊地将兵さんから、ポケマル限定のレアアイテムが出品されましたよ〜!こちらのニンニクは、ミルキーエッグを生む鶏の鶏糞を肥料にして、農薬不使用、化学肥料不使用で栽培されているもの。しかも、自家採種。自家採種とは、自分の畑で育った作物から種をとって翌年も育てること。菊地さんの説明文がステキだったので引用させていただきます。買うのではなく自分で種取りをすることで、この「相馬」という土地の「土質」「気候」にあった遺伝子が生き残っていく(中略)。これもまた、繋がってゆく命の循環なのです(出品ページより)これが大野村のニンニク!(ミルキーエッグ1パック付)これが大野村のニンニク!(1キロ)以上、32出品でした!<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2017年6月のマガジン記事一覧はこちらから2017年7月のマガジン記事一覧はこちらから新着情報をメールでチェック!ポケマルメールマガジンのバックナンバーはこちらから(文/中川葵)

今が旬