福島県相馬市

菊地将兵 | 大野村農園

【庭先養豚のぶた肉】部位いろいろ2k+ミルキーエッグ1p

定期あと50点

送料一覧(クール代込み)

※離島などの例外はあります。詳細はこちら
  • 北海道1,318
  • 北東北1,134
  • 南東北1,134
  • 関東1,199
  • 信越1,199
  • 中部1,296
  • 北陸1,296
  • 関西1,404
  • 中国1,458
  • 四国1,458
  • 九州1,674
  • 沖縄2,981
  • 配送方法:ポケマル便(ヤマト運輸宅急便との提携)
  • クール区分:冷蔵

10月、11月、12月に定期配送

●こちらの商品は予約販売の受付となっております(定期購入ではありません。10月から12月のどこかで1回お届けします)。

※いろんな部位詰め合わせ2キロ分と、大野村農園の看板商品「相馬ミルキーエッグ」1パック(10個入り)をセットでお届けいたします。
※10月ごろに出荷予定ですが成育状況などにより多少前後することがございます。また、精肉されましたらすぐに皆様のもとへ一斉発送するため、日にちの指定はできませんのでご了承ください。(時間指定は可能です)


2018年5月16日
『またバカなことをやりだした。』

田舎では新しいことに挑む人には否定が先にくる。

今日、子豚を2頭仕入れてきた僕はひどく否定的な言葉で罵られた。

皆と同じように生きること、目立ちすぎず、出過ぎないことなどが田舎に入ってきた若者に課せられる縛りであると、引っ越して来て8年になろうとしてもまだ色々な場面で感じることがある。

もしかしたら新しいことを取り入れない、または否定することで農村地帯は伝統や文化を守ってきたのかもしれない。

でも本当はそんなのも言葉だけで、ただ変わっていくことが怖いだけなのかもしれない。

いずれにしても『田舎』というものはみんなと違うことをやる人を嫌う傾向にある。

でも僕は常に新しいことに挑んでいきたい。

『庭先養豚(にわさきようとん)』

というものが、60年くらい前まではたしかに日本にあった。

昔は庭先で飼うニワトリと同じく、山羊も家庭にいたし、豚も家庭で飼育していたのは珍しい光景ではなかったそうだ。

まだ市販の餌などないような時代、農家は自分の家庭からでる生ゴミや野菜くずなどで豚を育てていたという。

そのときの豚肉は、きっとその家庭の味になっていたんだろうなと思うと、僕は胸が高鳴る。

相馬からでる魚を食べさせて育ててみたい。

相馬で採れた米、相馬の野菜を交えて、相馬の気候で育ててみたい。

それらを取り入れて生み出される相馬の豚肉を喰ってみたい。

くしくも『またバカなことをやりだした』と言う人達が昔にやっていたことで、僕は僕なりに故郷に恩を返してみせる。

守っていくことで時代の変化についていけず廃れさせてきた伝統文化を、僕は攻めることで守っていきたい。

だから相馬は凄いんだと言わせてみせます。

これが相馬の肉だと言いきるからには安く売るつもりはありません。

ぜひ相馬の豚をぜひご期待ください!

続きを見る
  • 保存方法:発送日含め5日間。冷蔵保存をお勧めしますが、すぐに食べない場合は小分けにして冷凍保存してください。卵は生食なら発送日含め10日間。それ以降は加熱してお召し上がり下さい。
  • キャンセル期日:2019年09月25日
  • 定期販売開始月:2019年10月

出品者に質問

菊地将兵さんの活動拠点

菊地将兵さんのメディア

特定商取引法に関する表示

代表者

菊地陽子


所在地

請求後遅滞なく開示します。


電話番号
請求後遅滞なく開示します。

※お取引やサービスについてのお問い合わせは電話では受け付けておりません。商品ページの「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

販売価格および送料
各商品ページの表記をご確認ください。

商品代金以外に必要な費用
配送エリアにより追加の送料
(「送料について」をご確認ください。)

代金の支払い方法
クレジットカード

代金の支払い時期
クレジットカードの場合は即日

商品の引渡し時期
各商品ページの表記をご確認ください。

申込の有効期限
各商品ページの表記をご確認ください。

キャンセル・交換について
生産者と会員とが当サービス上で合意した場合のみキャンセル・返品や交換が可能です。商品に瑕疵がある場合には、生産者へ直接ご連絡ください。