栃木県大田原市

大原秋名

那須野が原ファーム

ジンジャーシロップ

【私たち那須野ヶ原ファームは、栃木県那須野ヶ原に広がる50haの農場と牧場です。】
牧場では「馬とのコミュニケーション」をテーマに、初心者から上級者までを対象にした乗馬施設として、全国からの乗馬ファンにお越し頂いています。農場では、その馬のボロ(馬糞)を発酵させた有機堆肥をベースに、大地の活力を最大限に活かした循環型農業で、安心・安全な新鮮野菜を生産。直売はもちろん、シロップやジャムとしての加工品としての販売、更には施設内のクラブハウスにて、コース料理として召し上がって頂いています。

【命の誕生を成長に感動して】
学生時代、「一粒の種から、芽が出、膨らみ、根や葉が成長し、やがて実りをもたらす」 と言う、“命の誕生と成長”に感動し、その流れを体感出来る農業に憧れ、現在に至ります。 ・ かつて、「緑の革命」と言う説に感銘し、近代農業に従事していましたが、那須野ヶ原ファームの理念である“循環型農業”に農業の未来、食の未来を感じ、  現在の職に至っています。 ・これまでも飲食の世界におりましたが、食の安全とは?新鮮さとは?そして真の美味しさとは何か?と言う様々な疑問が浮かび、その答えを得るために ここにやって来ました。 ・自然な暮らし、自然な生活こそ豊かなものだと感じて、現在の職に取り組んでいます。
きっかけは各々異なりますが、現在、全員が同じ方向を向いて仕事をしています。目指すのはただひとつ、「良い農業をやろう!」と言うことです。

那須野ヶ原ファームは、栃木県北部の大田原市にあります。北には雄大なる那須連峰が望み、 西には日光連山、東には八溝の山々、南には遥かな関東平野、那珂川の清流など、絶好のロケーションに囲まれています。 私たちの農業生産を支えてくれるのは、関東ローム層の上に何重にも重なった肥沃な腐葉土、そして清流からの豊富な水、豊富な日照時間。また、四季折々のメリハリある気温差が光合成に不可欠な日光を調整してくれます。暑い夏には、成長のエネルギーと必要な積算温度を与えてくれます。秋には十分な収穫の時間。そして冬には凍える寒さが休眠打破に必要な低温を積算してくれるのです。

【私たちは農薬は使いません。】
化学肥料も使いません。大地の力で生産して行く。これが私たちの最大の理念です。
土の中の微生物には馬のボロ(馬糞)を寝かせ、堆肥したものを投入します。植物に必要な窒素燐酸カリなどの栄養分は、油粕や鶏糞、コウモリ糞などの完全有機物で補います。雑草対策・害虫対策はもちろん私たちが人力で行います。更には、防草シートや防虫ネットの活用、アシナガ蜂、カマキリ、カエル、テントウムシなどの 天敵活用も行います。天然由来の忌避財・酸やアルカリ等、古来からの伝承から最新技術まで、活用できるものは何でも、それが那須野ヶ原スタイルです。
「新鮮で、安全なお野菜を思いやりを持って育て、可能な限り速やかに届けする。」これが私たちの使命だと信じています。

【私たちは野菜を生産するストーリーを大切にしています。】
カボチャはカボチャでも、どんな人がどんな思いでどのように作ったのか。このストーリーが大切だと思います。このストーリーが料理にも影響を与え、味の良し悪しを決めるものだと信じています。新鮮で安心・安全。そして素敵なストーリーのある野菜たちを提供すること。それこそ私たちの仕事です。
那須野ヶ原ファームは、この那須野ヶ原の大地で、馬を育て、土地を耕す、志のある、エコ・ファームを目指しているのです。

【私たちは、「体験して頂くこと」にも力を入れています。 】
那須野ヶ原ファームの乗馬体験や厩舎体験、農家民泊などのサービス事業を背景に、様々な体験プログラムを展開しています。
実際に触れてください。匂い、触れた感触、味見。種の一粒の小ささや土の温かさ、華奢な植物の苗などを、五感で感じで下さい。百聞は一見にしかずです。那須野ヶ原ファームに来て、一緒に体験しましょう。私たち愉快なスタッフが、農業の素晴らしさをお伝えします。