富山県射水市

岩永基樹

堀岡養殖漁業協同組合

富山県射水市産サクラマス「べっ嬪さくらます うらら」

◆お客さまへのごあいさつ
はじめまして。JR西日本の石川です。
JR西日本と堀岡養殖漁業協働組合様が連携し、富山県射水市で寄生虫が付きにくく新鮮なまま安心して生で食べられるサクラマスの「べっ嬪(ぴん)さくらます うらら」を陸上養殖しています。
「べっ嬪さくらます うらら」は、JR西日本の認証ブランド「PROFISH(プレミアムオーガニックフィッシュ)」です。
この度は、1人でも多くのお客さまに私たちの商品を安心して美味しく食べ、そして喜んで頂けるよう私が販売を担当させて頂きます。どうぞよろしくお願いします。
【「PROFISH(プレミアムオーガニックフィッシュ)」とは】
おいしさに、安心を。
すべての人が安心しておいしく食べられる魚をお届けしたい。
そんな想いからJR西日本が地域の皆さまとともに、水質に優れた自然由来の水等を使って、陸上養殖により大切に育てた魚たち、それがJR西日本の認証ブランド「PROFISH(プレミアムオーガニックフィッシュ)」です。

◆陸上養殖することになったきっかけ
JR西日本は、地域の皆さまとの交流と連携を深め、地域に新しい産業を創造し雇用を創出することにより、人口減少や都市部への人口流出が進む地域の活性化に貢献することを目指しています。この地域活性化を陸上養殖により実現していくとともに、天然資源が減少する中、安全安心で未来に向けた持続可能性のある水産物をお届けしています。
射水市は、かつて富山県の名産品「ます寿司」に多く使われていたサクラマスを復活させ、 サクラマスを活用した産業振興による地域活性化を目指しています。射水市内の堀岡養殖漁業協働組合様が庄川の伏流水等と富山湾の水深100mから汲み上げた海水を使い陸上で養殖することにより、寄生虫が付きにくく新鮮なまま生で食べられるサクラマスの陸上養殖に取り組んでいます。
この産業振興による地域活性化への取り組み趣旨が一致したことから、JR西日本と堀岡養殖漁業協働組合様が連携し、「べっ嬪さくらます うらら」を新たな地域産品に育て、陸上養殖を推進して地域活性化に貢献していきます。

◆「べっ嬪さくらます うらら」の紹介
富山県で昔から親しまれてきたサクラマスは、川で生まれて育った稚魚(ヤマメ)が海に下り成長して大型化し、産卵時に川を遡上する生態を持っています。その名前と遡上する時期か ら「春」の季節に馴染みが深く、漁獲量の減った現代においては希少な魚とされています。射水市では、2015年に悲願であったサクラマスの完全養殖に成功しました。それ以降、 射水市を流れる庄川の伏流水等を使って採卵・孵化、ヤマメの陸上養殖を行い、その後場所を移し、堀岡養殖漁業協同組合様が富山湾の水深100mから汲み上げた海水を使ってサクラマスの陸上養殖を行っています。
伏流水等と水深100mから汲み上げた海水を使って陸上養殖することにより、寄生虫が付きにくく新鮮なまま生で召し上がって頂けるほか、サケ科特有の臭味が少ないのが特長です。
漁獲量が少ないという希少性に加え、陸上育ちで寄生虫が付きにくく新鮮なまま生で食べられる「特別品」に仕立てたことや、伏流水等と富山湾の水深 100m から汲み上げた海水という2種の綺麗な水の中で「美しさ」に磨きをかけて育ってきたことから、2つの意味を込め て「べっ嬪(ぴん)さくらます」と名付けました。また、「のどかでおっとりとしたさま」 「晴々として楽しそうな様子」という意味を持ち、「春」を連想させる「うらら」という言 葉が、サクラマスの大切に育てられた様子と立派に成長して晴れ舞台を迎える姿にふさわしいことから、愛称を付けています。

岩永基樹さんから直接買える商品一覧 - 10件