熊本県熊本市

福島小百合

YURI菜園

おくら/キャベツ/ピーマン/スティックセニョールほうれん草

◆自己紹介 

はじめまして
 
 熊本県で農業をしている福島小百合と申します。嫁ぎ先が農家だったので私は農家の嫁です。
 主に露地野菜中心で、おくら、スティックセニョール、キャベツなど一年中いろんな種類を作っています。

 熊本は、活火山で有名な阿蘇山があり、土壌はその火山灰でできており、また豊富な地下水も流れ、とても豊かな自然に恵まれています。

☆ショッブの名前の由来   

 名前の由来には特にこだわりはありません。今回、ポケマルでお店を開くにあたり、主人にお店の名前が必要だから何がいいかな?と尋ねたところ、ちょっと考えたあと
「YURl菜園、ゆりはアルファベットでね!」
と答えたので、私も迷うことなくすぐにそれに決めました。私の名前からYURlをとってくれたのが少し嬉しくもありました。


☆農家になった理由
 もともとは主人はサラリーマンでしたが、15年ほど前にバイク事故を起こしました。かなりの大怪我でしたが、長い入院生活とリハビリを忍耐強く頑張った結果、なんの後遺症も残らず、今もとても元気です。

 さらにその後は、花などの植物全般、また人に対して、とても愛情深くなったりするなど、人生観が少しずつ変化していったように思います。
 
一時は、うちの庭が花だらけになっことがあるほど、ガーデニングにのめり込んだ時期もありました。

それから少しずつ、もっと自分の好きなことをしたい。
ずっと土や自然に触れていたいと思うようになりやがて就農の決心をしたようです。 
 
 主人の両親はもともと農家で、就農するにはとても恵まれた環境にありました。農業を継ぐといわれた義両親も最初は反対しましたが、次第に義父も自分が元気なうちに息子に農業のノウハウを教えてやった方がいいだろうと気持ちを切り替えてくれて、そのあと、農業をしていく上での大切なことをいろいろ教えていただきました。

 はつらつと農作業を楽しむ主人を見て、気づけば私もいっしょにがんばるようになっていました。今では、主人の両親がいちばん喜んでくれてるように思います。



☆こだわり

 農業でいちばん大切なことは土作りです。
ただ土作りだけよくてもだめです。毎日毎日、作物のどんな変化にも対応できるように常に目を光らせる。だから作周りといって、毎日毎日、日の出と共に畑へ出かけ作物の変化を感じとる作業をします。その朝が来るのが毎日待ち遠しく楽しみでもあります。
 
 毎日、作物の成長を観察するのは人間の子供を育てていくのと変わりありません。
野菜たちのお腹が空いていないか?風邪をひいていないか?などとじっくりとあれこれ見て回ります。
何かあればすぐに対処する。これが当たり前のことですがなかなか難しいんです。
野菜ひとつひとつに、たくさんの愛情を注いで育てていくのがこだわりというか最も大切なことだと思います。


             

福島小百合さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

福島小百合 | YURI菜園
2020.03.24.
はじめまして
出品までもうしばらくお待ちください。
ただいま心を込めて準備中です🎵

福島小百合 | YURI菜園
2020.03.25.
しょうこちゃん、早速のいいね👍ありがとうございます😃🎵
うれしいです✨

しばらくお待ちください‼️(*^^*)
福島小百合 | YURI菜園
2020.03.25.
珈琲ソフトクリームさん
フォローしてくださり
ありがとうございます(*^^*)