兵庫県神戸市

澤田香織

松下農園

桃・梨・柿

神戸市西区の果樹園で、化学肥料と農薬を3割以上低減し、人と環境に優しい農法で果物作りをしています。

「地元で愛されてこそ本物」

自然の恵みをたっぷり受けて樹の上で十分に熟させた“完熟”にこだわり、地元でしか販売しておりません。
“お隣さん”が美味しい!と喜んでくださり、何度も食べたくなる果物作りを目指してきました。

もっとたくさんの人に私たちの地元の味を知っていただきたく、神戸から全国へ当園の果物を愛してくださる“お隣さん”募集中です!

ご質問、メッセージ等もお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いします。

澤田香織さんの記事一覧 - 9件

本当の旬食材がここにある。2017年6月17日〜2017年6月23日の新着出品ダイジェスト!

2017年の6月、あっというまに後半戦ですね。日本全国の農家さん漁師さん猟師さんから届く食材たちの旬は、梅雨から夏へ変わろうとしています。キラキラの宝石箱みたいな新着ダイジェスト、今週もスタート!こぼれおちそうな大粒ブルーベリーを完熟収穫でお届け!栃木県芳賀郡市貝町のブルーベリー農家:菅野民子さんから、大粒の完熟ブルーベリーが出品されました! ブルーベリーの完熟生果実にはなかなかお目にかかる機会がありません。 なぜなら、皮が薄く柔らかいブルーベリーはとってもデリケートで、すぐに傷んで売り物にならなくなってしまい、一般のスーパーでは扱いにくい果物だから。 私達の生活に馴染みの薄いブルーベリーについて、もうすこし詳しく教えていただきたくて、菅野さんに突撃インタビューしてみました!ー販売できる期間はいつまでですか?8月上旬までを予定していますが、天候に左右される部分がありますのでもしかしたら早く終わることもあります。おすすめは6月下旬までのボリュームゾーンです!ー大粒とありますが、どれくらいの大きさですか?主に1.5センチ以上(おおよそ2gあるかな?位です)のものをメインにしています!ーブルーベリーの「完熟」はどのように判断しているのでしょうか?果実の色だけなら、未熟な赤い色のものをとっても2日もすれば黒くなりますが、味は追熟しないので、未熟な状態のまま美味しくなりません。なので私は、木になっている状態でおへそからおしりまで真っ黒(真紫)になって、軽く触っただけでぽろっととれるくらいまで完熟したものを収穫します。出来る限り全体が同じ色のものをみなさんのお口に届けます!ーお客様へのメッセージをどうぞ!当園は摘みとり園でもありますが、摘みとりゾーンと出荷ゾーンを分けずに、どのブルーベリーにも同じ愛情と手間をかけています。出来るだけ充実した実がとれるように剪定も沢山しています。そして、どこにもなかなかない自慢の一つとして鳥よけの網がありません!なので、どこよりもお日様をたっぷり浴びてます!ぱりっとした生のブルーベリーをまだ食べたことのない方には絶対にお召し上がりいただきたいです。菅野さんのプロフィールページによると、鳥よけの網がなくても大丈夫な理由は、カラスとの共存関係があるからなんだそうな!なんだかほんわかします。「北部ハイブッシュ系」という系統のブルーベリーは、粒が大きくて甘味と酸味のバランスが良く、寒い地域で栽培すると美味しく育つという特長があります。 栽培地の山と山の間に挟まれた「おかえりの丘」は、冬はしっかり寒く春は陽当りが良い、酸性土壌のある場所。ブルーベリー栽培に適した場所で、木になったまま完熟した果実だけをひとつひとつていねいに摘み取って、お客さまのもとへ直送してくれますよ! 北部ハイブッシュ系大粒ブルーベリーとぅるとぅるジュレに包まれて。秋田の生じゅんさい登場!秋田県山本郡三種町のじゅんさいブラザーズ:安藤賢相さん&近藤大樹さんから、じゅんさいの出品が始まりました! ・・・ところで、みなさまは「じゅんさい」という食べ物をご存知でしたか? 沼に生息し、小さな睡蓮に似た葉っぱをもち、体のまわりにジェルをまとった透明のキラキラした姿が涼し気な植物です。 万葉集にも「ぬなわ(沼縄)」という名で登場し、昔から食用として利用されてきたといいますが、現在は4都県で絶滅、22県で絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されている、文化的にも生物学的にも貴重な植物種なんです。 日本最大のじゅんさい生産地である三種町でも、1991年には1260トンあった生産量が、今では440トンにまで落ち込んでしまったといいます*。 そんな中にあって、じゅんさいブラザーズの2人は異色な存在。30代半ばという若さと、写真や動画などを駆使した情報発信力で、忘れられていたじゅんさいの価値を再発見させることに成功しています。その片鱗は、安藤さんのコミュニティでみることができますよ♪ おすすめの食べ方は、「熱湯でサッと茹でで、氷水でキュっとしめ、冷え冷えのところをワサビ醤油で食べる」だそうです。とぅるとぅるぷるん♪な喉越しをお楽しみください! * じゅんさいJAPANホームページ>年次別収穫量、生産者数の推移より生じゅんさい1kg生じゅんさい500g入手困難!過去最高値を記録した今年の陸奥湾ホタテをポケマル限定の特別価格で。津軽半島の陸奥湾側にある蟹田漁港の高森優さん。冬の間は「未利用魚セット」が人気でしたが、メインはホタテ養殖の漁師さんです。コミュニティ投稿ですでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、今年の陸奥湾のホタテは生育不良で厳しい状況にあります。それに追い打ちをかけるかのように、養殖ホタテの国内シェア54%を占める北海道産ホタテも水揚げ量が減少。ダブルパンチで、今季の陸奥湾のホタテは入手困難な状況に。落札額は過去最高額にまで高騰しています。**ポケマルのお客様に自慢のホタテを届けるためにずっと準備をしてきた高森さん、内心はたいそう無念なこととおもいます。・・・が、「くよくよしてはいられない」と、この状況の中で自分にできるベストを尽くすため、ホタテ半成貝の出品に踏み切りましたー!生育不良のホタテが多い中でも、健康なホタテを高森さん自身の目で確認し、手選別で厳選してくださいます。お客様との一対一の関係だからできることですね。半成貝の出品は、水温が23℃を超えるまで、あと1ヶ月くらいの限定です!**北海道不漁でホタテ記録的高騰|東奥日報(YAHOOニュース 6/14(水) 10:17配信) 、 帝国書院統計資料 日本 農業・漁業・林業 ほたてがいの養殖 〔2015年〕夏だ!旬がきた!陸奥湾蟹田産ホタテ10枚セット!スパルタすぎるアスリートトマトが登場!どんだけやりすぎ…いや、やらなさすぎなんだ…。京都府京丹後市の和田泰幸さんの初出品♡。その名も「やりすぎトマト」。和田さんはいったい何をやりすぎたのか…いや、むしろこれはトマトが生きるために必要な"あるもの"をやらなすぎた結果こうなってしまったのです。もし私がこんな目にあったら、正直生きていけない気がします(笑)。それほどのスパルタを生き抜いたアスリートトマトたち、食べてみたいですねー!オリジナルの商品説明がとてもおもしろいので、ぜひ下のリンクから直接読みに行ってください。1度食べたらやみつきに アスリート野菜第一弾 やりすぎトマト雨の日のおうち時間にゆっくり手づくり。雨が降るならおうちでたのしいことすればいいじゃない!こどもと一緒でも、ひとり黙々とでも、充実した雨の日ライフになる新着出品をあつめました。兵庫県松下農園さんからは梅干し作りに使える完熟梅「八郎」、奈良県ゆるり畑さんからは甘酢漬けにすれば一年中楽しめるらっきょう、岩手県伊勢崎克彦さんからは甘酒作りに使えるササシグレの生麹とササシグレのセット。初心者でも簡単!梅干し用 完熟梅 八郎【1kg】ゆるり畑の泥付らっきょう&野菜セット【農薬不使用冷蔵便】出来たて!ササシグレ生麹とお米の甘酒手作りセット「新じゃが」がホットです!先週からポケマルをにぎわせている新じゃがに、今週も新たな出品が登場しました!静岡県の松木一浩さんの「レッドーン」という品種のじゃがいも。皮が赤く中身はレモンイエロー。煮崩れしにくいとのことですよ〜。この他の新じゃが出品一覧もこちらからどうぞ!【旬野菜】レッドーン 赤皮ジャガイモ5kg 農薬化学肥料不使用からだとお財布にやさしい野菜セットに新ラインナップ!福岡県永光一哉さんから新たな野菜セットのラインナップが登場!サラダ向きの野菜セットと、飲食店向きの野菜セットです。☆畑直送☆こだわり有機栽培サラダ野菜セット☆飲食店様用☆こだわり有機栽培サラダ野菜今週は以上11出品でした〜!<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2017年6月のマガジン記事一覧はこちらから新着情報をメールでチェック!ポケマルメールマガジンのバックナンバーはこちらから

今が旬

一手間でフルーツをもっと楽しもう!柿を使った簡単アレンジレシピ3つ

食べ応えがある大きさで、甘みも強い、松下農園さんの太秋柿。シャキシャキっとした食感が特徴。そのままでも十分おいしい柿をより楽しむレシピ3品をご紹介します。柿のフルーツサンド柿、食パン、ホイップクリームのみのシンプルなレシピですが、柿のみずみずしさと甘みがあとを引きます。紅茶と一緒に朝食やティータイムにおすすめです。【材料】柿 食パン ホイップクリーム【作り方】1. 柿はへたを取り除き、皮をむいて、薄めのくし形切りにしておく。2. 食パンは耳を切り落としておく。3. ②の食パン1枚にホイップクリームを塗り、①の柿を並べる。さらにホイップクリームを塗り、もう1枚の食パンではさむ。4. 半分に切り、断面を上にして皿に盛る。柿のリーフサラダ柿をたっぷりのルッコラ、ベビーリーフとともにいただきます。生ハムやカッテージチーズの塩気で柿の甘さがより引き立ちます。柿のオレンジで秋らしく、見た目も華やかになるので、普段の食卓やパーティーなど、幅広く使えます。【材料(2人分)】柿 1/4個ルッコラ 1/2袋ベビーリーフ 1袋生ハム 2枚カッテージチーズ 適宜オリーブオイル 小さじ2白ワインビネガー 小さじ1塩 少々【作り方】柿はへたを取り除き、皮をむいて食べやすい大きさに切っておく。ルッコラは洗って食べやすい長さに切り、洗って水気を切ったベビーリーフと合わせて、皿に盛る。①の柿、食べやすい大きさに切った生ハム、カッテージチーズをバランスよくのせる。食べる直前に、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩をまわしかけていただく。【ポイント】・ナッツやカマンベールチーズをのせてもおいしくいただけます。・塩は岩塩や自然塩がおすすめです。柿のティラミス食感がよく、甘みの強い柿をデザートに。材料を層状にグラスに詰めるだけの、簡単スイーツです。組み立てるのも楽しいので、お子さんと一緒に作るのもおすすめです。【材料(2人分)】柿 1/4個マスカルポーネチーズ 100gホイップクリーム 20g砂糖 小さじ4ケーキスポンジ 70g濃いめのコーヒー 大さじ3ココアパウダー 小さじ1【作り方】1. 柿はへたを取り除き、皮をむいて5mm角に切っておく。コーヒーは冷ましておく。2. ボウルにマスカルポーネチーズとホイップクリーム、砂糖を入れ、よく混ぜておく。3. グラスに2cm角に切ったケーキスポンジの半量を敷き詰め、コーヒーの半量をまわしかける。4. ②のクリームの半量を入れ、①の柿を入れる。(飾り用に一部取っておく)5. ③から④のクリームまでの行程を、もう一度くり返す。6. 茶こしでココアパウダーをふり、飾りの柿をのせる。【ポイント】・大人向けに、濃いめのコーヒーにラム酒やブランデーなどを加えてもいいでしょう。今回のレシピに使用した太秋柿はこちら。神戸 まぼろしの太秋柿 【2kg】※訳あり 神戸まぼろしの太秋柿【10月中旬〜順次発送】

今が旬