福岡県久留米市

田中太章

マルトクファーム

いちご

◆お客さまへのごあいさつ
福岡県久留米市の農家の三代目 
マルトクファーム 田中です。
初代の祖父の名前、徳美から一文字いただいた
まるとく印のあまおうを全国にお届けしたく、
インターネットを通じて
直送させていただけたらと思います。

◆農家になった経緯
20歳から美容師をしておりましたが、5年後に難病にかかりリタイアすることに。
町ぐるみで子育てをするような田舎で育ちましたので、
お世話になった地域の方に恩返しができるよう、地元で美容室を開業することを目標としてましたが、二代目の父の汗まみれになりながら農業に全力を尽くす姿を思い出し、
農業で一人前になって成長した姿を地域の方に見ていただいて誇りに思ってもらえるようになることに目標を変え就農を決意しました。

◆生産物・地域の紹介
久留米市は豊かな水と緑に恵まれ、昔から農業が盛んに行われている県内最大の農業都市です。
その地元市場で常に高評価をいただいている当農園のあまおう。
初代が開拓し、二代目の努力によって築き上げました。
その高評価をいただいている作物の質をさらに上げること、また、今よりもっとより多くの方にその作物の品質を知ってもらうことが三代目の私の使命だと思っています。
農作物を、「生きるために食するもの」ではなく、「感動を与え、人生を豊かにするもの」と捉え、全国の皆様に感動をお届けしたいと思っております。

◆伝えていきたいこと・信念
当農園は現在、約3500㎡の面積であまおうを栽培してます。私と家族、従業員を含めると10名で毎日畑に出ています。
農業機関の方々から良く「それだけの人数がいれば仕事も楽でしょ?」と言われますがとんでもありません。繁忙期になると朝収穫し、午後から管理作業やパッケージ作業を始め深夜0時を過ぎることがしばしばです。もっと従業員を減らして経費を節約することもできますが、それでは普通のいちごしか作れません。時間をかけて、熟練した人間の目で徹底した管理をすることで地元市場で最高値をつけていただけるように、また召し上がっていただいた方に感動をお届けできていると思います。

是非このこだわり抜いたあまおう、ご賞味ください。

◆今後の展望・夢
全国に当農園のあまおうを周知し、まちづくりの一環として当農園主催で仲間を集めた食のイベントを開きたいとおもってます。
「農家がこんなことできるんだ!」
と子供たちに知ってもらい、農業を志す子供たちを増やし、未来を食を通じてより豊かなものに、豊かな日本にできるよう邁進していきます。

◆その他アピールポイント
昨今、自然災害が多発する中多くの方々が被災し、大変な思いをしていると思います。熊本地震の際にボランティア活動をして凄惨な状況を目の当たりにしました。
また農家においても同様に収入が激減し、生活が困窮して廃業した方もいらっしゃいます。
対策できることはもちろんありますが、できないことも多々あります。
これらのことに向き合い、有事の際には人的支援や募金等、助け合いをしながら農業、日本を支え続けれたらとおもっております。