宮城県亘理郡山元町

柴田修司

株式会社Hizen いちご農場

いちご

はじめまして。私は株式会社Hizenと申します。
宮城県の県南山元町でイチゴ栽培をしています。
私たちは「とちおとめ」に魅せられたいちご屋さんです。
いちごは、大きく2パターンの品種があります。
大きい果実が取れるけれど、果実数が少なく、収穫量が少なめな、「大果系」の品種、大きな果実は多くないけれど、果実の数が多く、収穫量が多く期待できる「多収性」の品種。

とちおとめはちょうどこの「2パターン」の間くらいの、大きめのいちごも期待でき、収量も期待できる品種です。
いいとこ取りのように思えますが、名前の通り、「おとめ」なところが、繊細で、根が弱く、病気になりやすい。
実に弱弱しく、守ってあげないといけない。
体が弱いくせに気性は荒い。
気難しく、急に甘くなくなったり、実を出さなくなったり、突然生育が旺盛になって、果実の形を乱したり、果実が巨大化したり。
「暴れる」という言い方もするほど。
こんな思春期の娘のような「とちおとめ」を、いかに成熟した女性のように凛々しく清々しく育てられるのか。
ここが皆様へおいしいいちごを届けられるかの分かれ目だと考えます。

我が子への愛情にも似た感情を注ぎながら、じっくりと苗に向き合い、栽培をしていきます。