北海道空知郡上富良野町

村上千映子

農事組合法人 一心生産組合

有機とうもろこし、有機人参、有機馬鈴薯、有機南瓜、有機野菜セット

◆お客さまへのごあいさつ
一心生産組合の村上多麻夫です。昭和45年(1979年)に6戸の家族が集まって『一つの心で共存共栄を図る』として法人化したのが一心生産組合の始まりです。

そこから試行錯誤を繰り返し、縁があって土作りを重視した農法と出会い、平成12年(2000年)には有機栽培を始めました。

様々な縁に助けられここまで来ました。元号も令和になり、皆様との新しい縁を結べたらと思い登録させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

◆農家になった経緯
自分が生まれた時から親が農業をやっており『親の背中を見て育つ』と言われていますが、その通りで、自分もそのように小さな頃から、朝早く夜遅くまで働く父の背中を見て育ちました。

その為、跡を継ぐことに抵抗はありませんでした。親から受け継いだものを、同じように一緒に働く自分の息子に。時代と共にやり方は変わっても、この地で良い作物を作り続けていきたいと思います。

◆自然の多い上富良野町
北海道のほぼ中心、自然の多い上富良野町。そこから更に車で20分ほどの山の中に当組合はあります。その為周囲からの農薬の飛散の恐れはほとんど無く、標高が高い所にあるので昼夜の寒暖差があり作物に糖度がのります。

土作りを重視した微生物農法で、野菜を栽培するのに適した土を作ります。育ちやすい土で生育した野菜は、苦みやエグ味のない野菜本来の優しい味がします。

◆安全で美味しい野菜を作り続けます
『美味しい野菜を作る。』それが自分たちの使命だと思っております。木の切り株や石、そんな荒れていた土地を自分たちの力だけで開墾してきた父親たちに感謝をし、その熱意を受け継いで、より良いものを作ろうと有機栽培を始めました。

有機栽培は除草剤が使えないので広大な畑を手作業で草取りしなくてはなりません。日々のそうした努力が美味しい野菜を作ります。自分の子供や孫に美味しい野菜を食べさせたい、きっと皆様も同じように思っていると思います。子供の舌はとても敏感に味の違いを見抜きます。

皆様の美味しいという言葉を力に作業をし、安全で美味しい野菜を作り続けます。

◆お客様との距離が近い農業
野菜を出荷して終わりではなく、直売所などお客様の顔が見える販売もやっていけたらと思っていました。ポケマルさんでは、それに限りなく近いことが出来るのではないかと思っています。お客様との距離が近い農業をやっていくのが今後の夢です。

スーパーでは、サイズ、形など統一した見栄えのいい物を求められます。けれど家族の形態のよっては、もっと量が多いもの、量が少ないもの、大きいもの、小さいもの。求められる物は様々あるのではと考えています。お客様が選べる自由があっても良いでは無いかと思います。そうした細かいところにも適宜対応していけたらと思っています。

◆その他アピールポイント
普段、皆様の目に触れることはほとんどありませんが、自然相手の農業は時に面白い形状のものを作ることがあります。ハート型の芋や、人が足を組んでいるように見える人参、人が走っているような大根。大量に出るものではないので、見つけたらブログなどで発信していきたいと思います。

村上千映子さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください