香川県三豊市

阿部由識

弥や生い農場

にんじん、里芋、かぼちゃ、他

 四国の香川県三豊市で新規就農した阿部です。有機農業の盛んな埼玉県小川町で2年間の研修を受けて農家になりました。
 個人でやっているので量は少しずつですが、色々な種類の野菜を作っています。農薬、化学肥料、除草剤は使いません。落ち葉や、砕いた竹、米ぬかなどを堆肥にして、微生物がいっぱいの畑になるように心がけています。農業資材はビニールやプラスチックのものが多いのですが、なるべくそういったものも使わずに自然素材のものを使うようにしています。固定種の種は自分の畑で採れたものを使っています。

 農場名の「弥や生い」は読みにくいですが、「いやおい」と読みます。娘の名前の弥生から取りました。そのまま弥生農場では、娘が大きくなったときに嫌がりそうな気がしたので、嫌われないように少し変えました。
 弥生の語源をたどると元々は「いやおい」と読んでいたそうです。弥は「いよいよ、ますます」、生は「生い茂る」という意味で、農場の名前にちょうどいいかなと思ってます。弥や生い農場の野菜を、どうぞよろしくお願いします。インスタに野菜の写真を載せています。