島根県江津市

福島利一

真和漁業生産組合

剣先イカ、さざえ

真和漁業生産組合の福島です。ふるさと島根県江津市で漁師になりました。祖父の代から始まった当組合の魚を広く知っていただき食べていただきたいと思っています。


【こんにちは!】

子供の頃は魚が苦手で、ましてや家業が漁業をしている事は子供ながらに不安を感じるものでした「大人になったらスーツを着る仕事をするぞ」って(笑)念願は叶い地元の高校を卒業後大阪の大学に進学しIT企業でバリバリ仕事をする営業マンに!調子に乗って起業しようとしますがうまくいかず恥を忍んでふるさとに帰ってまいりました! 弟と漁師やってます!以上!(笑)


【真和の魚】

中国地方最大の一級水系、「江の川」本流の行き着く河口は江津市沖に合流します。豊富な水量に運ばれた栄養は、すなわち魚の栄養へなるのです。その結果、脂乗りがよく健康的に太い魚が豊富に取れるのです。春先から夏にかけて鯵が旨く、秋から冬の主役はサワラが旨い、根魚は身が厚く、透明に透き通った甘みの多い剣先イカがよく取れる。江津の海はそんな漁場です。


【なぜ真和定置が一流なのか】

当組合では「鮮度が命」をテーマに「初動第一主義」を取っています。魚が網から船に上がった瞬間から全ての魚種を選別し、魚種別に適切と定めた、活魚槽・活〆槽・氷〆槽・イカ水槽に振り分けます。真和の漁師たちは時間と戦う漁師、絶対に手間を惜しみません。魚に敬意を持って仕事に当たっています。ほとんど多くの魚は港まで活かして帰り、全国的に評価いただく真和活〆鮮魚になります。神経を断ち、血を抜き、芯まで冷やした真和の活〆鮮魚は驚くほどに魚体が美しく、透き通った綺麗な身は獲った翌日から2日目に旨みのピークを迎えます。当日食べるための鮮度維持でなく、2日目3日目以降に美味しく食べてもらうための手法をとっています。


【ふるさと大家族】

我々が生きる島根県江津市は海や緑の自然のみならず赤瓦の綺麗な街並みや伝統神事の石見神楽、食べ物は魚以外にも豚肉や牛蒡など美味しい食べ物がたくさんあります。しかしながら「東京からの移動時間距離が全国で一番遠い街」である事もあり、その魅力は十分に伝わっていないと感じています。真和の鮮魚を入り口にみなさんに地域の魅力を伝えることができればと考えています。


【鮮魚マイスターのいる船団】

真和鮮魚のブランド定義は時期や脂の含有量で定めていません。魚を〆るテクニックや術を習得漁師が扱った魚を真和ブランドと認め「タグ打ち」「札貼り」し出荷しています。真和の漁師は職人でもあるのです。

福島利一さんの記事はありません。