高知県安芸市

小松圭子

有限会社 はたやま夢楽

鶏肉、アヒージョ缶詰、レバーペースト、スモークチキン

◆お客さまへのごあいさつ◆
はたやま夢楽(むら)の小松圭子です。愛媛県出身。高知県安芸市畑山在住です。はたやま夢楽(むら)は、私たちが暮らす畑山という集落が、次の世代も楽しく賑やかに暮らせるような産業を創ろうという夢を、楽しく叶えていこうとつけた名前です。千年ほど前から、半世紀前まで長らく800人ほどが暮らした畑山村でしたが、昭和29年の市町村合併後、急激な人口減少を経て、現在は20人にまで減少しました。けれど、畑山という山里の空気、風、土地の力が私たちは大好きです。ここで畑山だからできる美味しいものを作り、皆さんと繋がることで、畑山で暮らしていきたいと思っています。

─ ─ ─ ─ ─

◆養鶏家になった経緯◆

実家の家業は、ハマチやマダイの養殖業でした。家の裏には、「耕して天に至る」
と評される段々畑がありました。食材に恵まれた自然の中で育ちました。故郷で食を生み出す仕事に就きたい、と、都内の大学で農業経済や地域おこしなどを学びました。時間をとっては、一次産業の可能性を探るべく、各地を訪問していました。神楽坂の割烹でアルバイトをし、都内の方が興味、関心を持つ食材や料理についても学ぶ機会を得ました。けれど、学生時代の4年間だけでは、農家や漁家になるという夢を実現することはできませんでした。愛媛に戻り新聞記者になり、農家や漁家を取材する機会に恵まれました。やはり、自分自身が食を生み出す現場に身をおきたい、暮らしたい、と思い、学生時代に出会った養鶏家の元へ飛び込むことを決めました。「従業員としてなの?嫁としてなの?」と猛烈なアタックをし、養鶏火の押し掛け女房になったのでした。

─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
高知県の幻の地鶏とも呼ばれる「土佐ジロー」を育てています。養鶏家では珍しく、肉用として生まれたての雛から飼育をし、150日かけて育てあげ、自社でさばいて食肉として販売をし、畑山で料理を提供する食堂宿を手掛けるという六次産業化に取り組んでいました。「限界集落」になった畑山で生まれ育った夫の靖一さんは、「仕事がなくて、人が出ていくのなら、仕事を創ればいいじゃないか。究極の美味しいものを創れば、きっとわかってくれる人がいる。畑山だからできることがある」という信念のもと、土佐ジローを追究、高めてきた第一人者です。「鶏を鶏らしく育てる」をモットーに、30年かけて極めたその肉質は、高く評価されています。漫画「美味しんぼ」やテレビ番組「どっちの料理ショー」「満天☆青空レストラン」などでも紹介されてきました。マスコミだけでなく、「鶏好き」を自称するお客さんが全国各地、時には海外からもわざわざ土佐ジローを求めて畑山へやって来てくれるのです。

─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
私たちが育てる土佐ジローは、かなり小型の鶏です。肉の重量を考慮すれば、大型の鶏同士を掛け合わせて雛を生産し、一日でも早く太らせることが求められている養鶏の世界にあっては、かなり異質です。一般的に45日で3㎏以上に太らせる鶏が流通していますが、土佐ジローは天然記念物「土佐地鶏」のオスと在来種の「ロードアイランドレッド」のメスを掛け合わせた一代種で、150日かけて育ててもオスで1.5㎏にしかなりません。跳躍能力の高い土佐ジローを広すぎる鶏舎で飼えば、飛び回って、硬すぎる肉質になってしまいます。どれくらい飛ぶかといえば、数メートルの屋根には飛んであがってしまいますし、滑空すれば数十mの川も渡って対岸に行ってしまうほどです。そんな土佐ジローにあわせた鶏舎の構造を元大工の靖一さんが、建てたばかりの鶏舎でも壊して建て直し、土佐ジローにあった鶏舎を追究し続けてきました。そして、飼料にもこだわり続け、私たちが食べて程よい硬さと、旨味あふれる鶏肉に仕上げています。高カロリーな餌を与えれば大きくすることは可能ですが、土佐ジロー本来の旨味を引き出すためには、じっくりと時間をかけて成熟させ、さらりとした脂の質ながら、旨味ののった肉になっています。

─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
畑山で次の世代も楽しく暮らせるよう、土佐ジローを産業と情報発信の軸において、これからも畑山で頑張っていきます。土佐ジローをお届けすることはもちろん、土佐ジローが育つ畑山に足を運んでいただいて、森林浴をしながら、川遊びをしながら畑山の魅力を皆さんと分かち合っていきたいと思っています。

─ ─ ─ ─ ─