高知県安芸市

小松圭子

有限会社 はたやま夢楽

鶏肉、アヒージョ缶詰、レバーペースト、スモークチキン

◆お客さまへのごあいさつ◆
はたやま夢楽(むら)の小松圭子です。愛媛県出身。高知県安芸市畑山在住です。はたやま夢楽(むら)は、私たちが暮らす畑山という集落が、次の世代も楽しく賑やかに暮らせるような産業を創ろうという夢を、楽しく叶えていこうとつけた名前です。千年ほど前から、半世紀前まで長らく800人ほどが暮らした畑山村でしたが、昭和29年の市町村合併後、急激な人口減少を経て、現在は20人にまで減少しました。けれど、畑山という山里の空気、風、土地の力が私たちは大好きです。ここで畑山だからできる美味しいものを作り、皆さんと繋がることで、畑山で暮らしていきたいと思っています。

─ ─ ─ ─ ─

◆養鶏家になった経緯◆

実家の家業は、ハマチやマダイの養殖業でした。家の裏には、「耕して天に至る」
と評される段々畑がありました。食材に恵まれた自然の中で育ちました。故郷で食を生み出す仕事に就きたい、と、都内の大学で農業経済や地域おこしなどを学びました。時間をとっては、一次産業の可能性を探るべく、各地を訪問していました。神楽坂の割烹でアルバイトをし、都内の方が興味、関心を持つ食材や料理についても学ぶ機会を得ました。けれど、学生時代の4年間だけでは、農家や漁家になるという夢を実現することはできませんでした。愛媛に戻り新聞記者になり、農家や漁家を取材する機会に恵まれました。やはり、自分自身が食を生み出す現場に身をおきたい、暮らしたい、と思い、学生時代に出会った養鶏家の元へ飛び込むことを決めました。「従業員としてなの?嫁としてなの?」と猛烈なアタックをし、養鶏火の押し掛け女房になったのでした。

─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
高知県の幻の地鶏とも呼ばれる「土佐ジロー」を育てています。養鶏家では珍しく、肉用として生まれたての雛から飼育をし、150日かけて育てあげ、自社でさばいて食肉として販売をし、畑山で料理を提供する食堂宿を手掛けるという六次産業化に取り組んでいました。「限界集落」になった畑山で生まれ育った夫の靖一さんは、「仕事がなくて、人が出ていくのなら、仕事を創ればいいじゃないか。究極の美味しいものを創れば、きっとわかってくれる人がいる。畑山だからできることがある」という信念のもと、土佐ジローを追究、高めてきた第一人者です。「鶏を鶏らしく育てる」をモットーに、30年かけて極めたその肉質は、高く評価されています。漫画「美味しんぼ」やテレビ番組「どっちの料理ショー」「満天☆青空レストラン」などでも紹介されてきました。マスコミだけでなく、「鶏好き」を自称するお客さんが全国各地、時には海外からもわざわざ土佐ジローを求めて畑山へやって来てくれるのです。

─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
私たちが育てる土佐ジローは、かなり小型の鶏です。肉の重量を考慮すれば、大型の鶏同士を掛け合わせて雛を生産し、一日でも早く太らせることが求められている養鶏の世界にあっては、かなり異質です。一般的に45日で3㎏以上に太らせる鶏が流通していますが、土佐ジローは天然記念物「土佐地鶏」のオスと在来種の「ロードアイランドレッド」のメスを掛け合わせた一代種で、150日かけて育ててもオスで1.5㎏にしかなりません。跳躍能力の高い土佐ジローを広すぎる鶏舎で飼えば、飛び回って、硬すぎる肉質になってしまいます。どれくらい飛ぶかといえば、数メートルの屋根には飛んであがってしまいますし、滑空すれば数十mの川も渡って対岸に行ってしまうほどです。そんな土佐ジローにあわせた鶏舎の構造を元大工の靖一さんが、建てたばかりの鶏舎でも壊して建て直し、土佐ジローにあった鶏舎を追究し続けてきました。そして、飼料にもこだわり続け、私たちが食べて程よい硬さと、旨味あふれる鶏肉に仕上げています。高カロリーな餌を与えれば大きくすることは可能ですが、土佐ジロー本来の旨味を引き出すためには、じっくりと時間をかけて成熟させ、さらりとした脂の質ながら、旨味ののった肉になっています。

─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
畑山で次の世代も楽しく暮らせるよう、土佐ジローを産業と情報発信の軸において、これからも畑山で頑張っていきます。土佐ジローをお届けすることはもちろん、土佐ジローが育つ畑山に足を運んでいただいて、森林浴をしながら、川遊びをしながら畑山の魅力を皆さんと分かち合っていきたいと思っています。

─ ─ ─ ─ ─

小松圭子さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.19.
テレビ番組のご案内です。

明日8月20日夕方の番組
「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日)にて
はたやま夢楽が運営しています
土佐ジロー専門店「はたやま憩の家」が紹介される予定です。

はたやま憩の家では、
生産者である私たちが
一番美味しい状態で土佐ジローを食べていただきたく
ジローが育つ畑山で運営をしているお宿・食堂です。

夏に行きたい田舎の宿

というテーマだったかと思います。

残念ながら、高知県には
テレビ朝日系列の放送局が無いので
直接、見ることはかないません…(・_・;)

関東以北、九州では放送されると伺っています。
(報道番組なので、流れる可能性もあります)


土佐ジロー料理のいろいろを
撮影いただいていたので
気難しいジローの扱い方も
映像を通して、お分かりいただけるのでは
と思っています。

ご都合つく方は、ご覧いただければ幸いです。

はたやま夢楽
小松圭子 

小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.17.
土佐ジローのレバーペーストを
ご予約にて販売します。

ポケットマルシェでの販売は
今日が初めてですが
今春、販売を始めたところ
好評をいただいていて
品切れ続きでした。

土佐ジローはもともと
とても小さな地鶏なので
肝類も少ないです。

そのため、大量には生産できません。

ポケットマルシェでも出店当時から出したいと思っていたのですが
なかなか、用意ができず、今日になりました。

次回9月初旬にお届けできる数を
10個確保しました。

ご賞味いただければ幸いです。


私たちはたやま夢楽のメンバーが
土佐ジローの一番のファンと思っていますが
このレバーペーストのレバーのまろやかな旨味と
砂肝の食感、ペッパーの辛味が癖になり
私は一人で1瓶ペロっとあけてしまうほどです(;''∀'')

お日保ちは約1カ月なので
複数個まとめてのご予約も可能です。

ご注文お待ちしています。
商品 : 【予約】幻の地鶏土佐ジロー レバーペースト | 1,080円〜

るみれぶん
2019.08.13.
焼き鳥大好きの夫のリクエストでお願いした土佐ジロー。
焼き鳥焼き器で焼いて食べました😋
弾力のあるお肉で旨味がすごくて、内臓も含めて臭みが全く無いんですね。
今まで食べていたお肉との違いがよく分かりました。
パンフレットにあったとおりに、こまめに返しながら焼いたものと、片面ずつ焼き上げたものとの、焼き上がりの違いにびっくりしました。
内臓もっと食べたーいと、みんなが同じ感想でした😅
汗ダラダラ💦になりながら、とても美味しくいただきました。
本当に美味しかったです💕
ごちそうさまでした。
商品 : 【冷蔵】幻の地鶏「土佐ジロー」丸ごと1羽を楽しもう! | 4,320円〜

小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.13.
ありがとうございます😊
美味しく食べていただいて、良かったです!!
焼き方で本当に味が様変わりするんですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
私たちも毎日食べてても、肝をがっつり食べたくなることがあります♫
Shiori Toju
2019.08.13.
噛みしめるほどに旨みがあふれる土佐ジロー、とっても美味しかったです😍
部位ごとの、味わいの違いも楽しいですね!とさかと白子は初めて食べました❤️
今回はフライパン焼きでしたが、キャンプのタイミングとうまく合わせて、炭火でも焼いてみたいです…!
鶏ガラスープで、醤油ラーメンもおいしく作れました🍜
ごちそうさまでした🙇‍♀️
商品 : 【冷蔵】幻の地鶏「土佐ジロー」丸ごと1羽を楽しもう! | 4,320円〜

小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.13.
Shioriさん、美味しく食べていただいて、ありがとうございました😊
トサカと白子は、あまり出回るものじゃないですが、我が家では5歳の次男の大好物で、争奪戦が繰り広げられます(笑)
Akiko Ishii
2019.08.12.
本当は炭火焼きしたかったのですが、マンションなので鉄板で。くるくる返しながら、じっくり火を通すと油がジュワ~っと滲んで来て、見てるだけで本当に美味しそう。
味付けは塩だけなのに、本当に美味しいご馳走になりました。
レバーやハツ、砂肝のほかに、トサカや白子も入っていて、色んな味食感が楽しめます。
ごちそうさまでした。
秋の高知旅行が楽しみです!
商品 : 幻の地鶏「土佐ジロー」丸ごと1羽を楽しもう! | 4,320円〜

小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.12.
Ishiiさん、ありがとうございます😊
各部位、楽しんでいただけて、なによりです♫
畑山でお待ちしてますー!!
小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.04.
こんばんは。

はたやま夢楽(むら)の小松圭子です。
先週のはたやま夢楽の庭から眺めた星空です。
天の川が綺麗に見えます。

農家は旧暦で過ごすことが多いのですが
私の机には、月の満ち欠けをメーンにした
棚田の暦があります。

8月1日が新月だったので
月明かりもなく、星明りで逆光ができるほど
綺麗な夜空を眺めることができています。

もちろん、雨や晴れていても雲もあるので
毎日、天の川が見られるわけではありません。

自然の中で、私たちは無力です。

こんな夜空を眺められた日は、胸がときめきます。

そんな奥山で暮らす私が初出品してから、
数日が経過しました。

ポケットマルシェに出店する前は
「いつか、畜産部門で上位になったら良いなぁ。なれるかなぁ」
と思っていました。

でも、皆さんの応援のおかげで
なんと昨夜、【1位】で紹介いただきました(゚д゚)!
https://poke-m.com/stories/887#toc-0-2

まだまだ出品数も少ない中…
本当に、ありがとうございます<(_ _)>

これを励みに、
今日、燻製と生ハムの商品を出店しました!

土佐ジローが、初めての方に美味しく食べてもらえるよう
試行錯誤の末に商品化した燻製と生ハムです。

少ない生産量の私たち。
すると、加工業者さんも限られてきます。

私たちの小ロットでも嫌がらず
製造を引き受けてくださっているのが
愛媛にあるトーカイ食品さんと
三重にある松阪ハムさんです。

高知の山奥から、
県外の方とのご縁をいただけたのも
土佐ジローが繋いでくれたものです。

お手に取っていただければ幸いです。
商品 : 幻の地鶏「土佐ジロー」燻製と生ハムのセット【冷凍】 | 2,916円〜

小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.01.
こんにちは(^^)
はたやま夢楽の小松圭子です。

目覚めたころは、涼しかったのですが
お日様がのぼりはじめると
小鳥やセミたちの鳴き声で賑やかになり
あっと言う間に暑くなったのでした。

はたやま夢楽の土佐ジローは
生後0日で、お山へやってきます。
ピヨピヨいいながら、少しずつ大きくなります。

運動能力に長けたジローたちは
高さ数メートル、滑空すると数十m飛ぶことができます。
お父さんが天然記念物の土佐地鶏で
鶏の元祖といわれる
セキショクヤケイに近いと言われている地鶏です。

飛んだり跳ねたりする能力の高いジローを
放し飼いにすると
私たちが食べるには固くなりすぎます。

そこで、鶏舎の形に工夫を凝らし
はたやま夢楽独特の鶏舎になっています。

土の遊び場の部分と
階段状の止まり木の部分になっています。

そして、この形態の部屋が幾つにも分かれて連なっています。
ジローたちがストレスを感じないよう

一般的には1㎡あたり16羽ほどの鶏が飼育されていますが
はたやま夢楽では、1㎡数羽、
加えて、階段状の止まり木があるおかげで
立体的な面積も増えています。

そして、40-50日程度で3㎏以上になる鶏とは違い
土佐ジローは150日でも1.5㎏ほどと小さいので
鶏の暮らす面積は、広くなります。

のしのし歩く鶏ではない
ジローの特徴を生かした鶏舎造りをしています。

養鶏場は、鳥インフルエンザなどの防疫上
一般の方にはお入りいただけませんが
こうした場でお伝えしていきたいと思っています。

はたやま夢楽
小松圭子 拝

小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.07.31.
はじめまして。

高知県の奥山で
幻の地鶏「土佐ジロー」を
お肉用として飼育、加工、販売している
はたやま夢楽(むら)の小松圭子と申します。

昨日、土佐ジローを初出品しました。

まだ注文が来るのは先のことだろう
と思っていたら
早速に注文をいただいた方々がいらして
ビックリするやら、嬉しいやら。

お届けが楽しみです。

私は、愛媛県の漁家に生まれました。
食材が身近にあり、しかも、美味しい!
という環境でした。

でも、生産者と消費者が遠いことを
残念に思っていました。

食を生み出す職に就きたい!
と思ってきました。

9年前、結婚を機に
はたやま夢楽の一員となりました。

夫は、生まれ育った故郷・畑山を
とても愛していて、生きる術に長けています。
畑山には公共水道がないため、
谷水をあてに行ったり
いない…と思ったら、マムシを捕まえに行っていたり(;´∀`)

畑山で生きたい。

でも、畑山から人は出て行き続けました。

半世紀前に、800人いた人口は
今は20人となりました。

でも、畑山で暮らしたい。

夫は、畑山に自信を持って生きられる産業を
と、土佐ジローの飼育をスタートしました。
約30年前のことでした。

元大工の腕を活かしながら
土佐ジローを鶏らしく育てようと
建てたばかりの鶏舎なのに
ジローに合わせ、数年ごとに
建て直してきました。

少しずつ土佐ジロー本来の旨味を
引き出すことができ
多くのメディアで紹介いただくようになりました。

それでも、人口減に歯止めはかかりませんでした。

平成16年には、
集落に唯一残された交流拠点施設も引き受け
土佐ジロー料理を提供する食堂宿の運営も始めました。

生産者直営の宿として
全国各地、海外からも
お客さんが訪ねて来てくれるようになりました。

夫となら、田舎の価値観を
農業への想いを共有できる、と
25歳の年の差はありましたが
押し掛けて、畑山へ飛び込んできたのが
9年前のことでした。

土佐ジローの旨味を自画自賛の日々です。

食材が生まれる場で
お客さんの喜ぶ顔を見ながら
自分たちが育てたジローを褒めていただく日々です。

一方で、一般的な鶏肉とは
育て方も、さばき方も異なるため
普通のレシピでは美味しく調理できません。

そのため、取り寄せをしていただいても
美味しく調理できず、悲しい思いをすることもあります。

どうすれば、土佐ジローが美味しく
ご家庭の食卓でも食べていただけるか。

ずっと悩んできました。

そんな私に、知り合いが紹介してくれたのが
ポケットマルシェでした。

お客さんと、ジローの話をしながら
繋がっていけるのでは、と楽しみにしています。

少しずつ商品も追加したり
定期便や、おまかせ便を考えたり
楽しんでいただけるように
頑張っていきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

はたやま夢楽(むら)
小松圭子
商品 : 【冷蔵】幻の地鶏「土佐ジロー」丸ごと1羽を楽しもう! | 4,320円〜

なべひろ
2019.08.04.
小松さんの熱い想い、物語…素敵です。
家族が集まる時などに、お世話になれればと思います^_^
小松圭子 | 有限会社 はたやま夢楽
2019.08.04.
ありがとうございます😊
ぜひ、宜しくお願いします♫