埼玉県さいたま市

平田寿夫

大宮平田農園

野菜セット、アーティチョーク、ズッキーニ

≪農園主からのご挨拶≫
⼤宮平⽥農園の農園主の平⽥寿夫と申します。当農園は、数か所の畑を合計しても約3.5 反(約1000 坪)の夫婦⼆⼈で⼟を耕す⼩さな農園です。耕作⾯積は⼩さいですが、畑では年間約60種類の野菜を、農薬・化学肥料を使⽤しない農法で栽培しております。妻も私も旧⼤宮市に⽣まれ育った地元っ⼦で、農家としてふるさとの⼟に触れ、その恵みを糧に⽣きていくことに喜びを感じる毎⽇を送っております。

«農家になった経緯»
私はもともと農家の出身ではありません。長く会社員⽣活を送りましたが、⽬の前の野菜がどこでどのように作られたかに興味を⽰さず「⾷べ物は売られているものを買えばいい」だけの都市⽣活者でした。

そんな私が、農家になって野菜を⽣産するようになったきっかけは、約 10 年前に悪性リンパ腫という⾎液がんの患者になったことでした。がんを告知され、「⾃分の命の危機にどう対処すべきか?」。⾃分の能⼒を超える難問を前に、答えは⾒つかりませんでした。ただ私は治療の合間の体調のよい時に、妻の親戚の農家に⾏って畑を借り、無農薬での野菜の作り⽅を学び、採れた野菜をジュースにして毎日飲み続けました。⻑期間続くきつい治療に耐えるには、⾃分の体調をしっかり整えておくこと、それが⾃分にできる唯⼀のことだと思ったからです(無農薬にこだわった理由は、安⼼して野菜を⽪付きのままジューサーに⼊れることができるし、味も濃く、⼤変美味しいと感じたからです)。

闘病生活は約7年に及びましたが、私の体は悪運強く回復し、主治医の許可も出たので、移植治療のためいったん中断していた農作業を再開しました。

«⾃分が⾷べたいと思う無農薬・無化学肥料の野菜を»
⽣産したいと思うものは、⾃分が⾷べたいと思う無農薬・無化学肥料の野菜、それだけです。
昨年暮れには畑の⾯積を拡張し、毎⽇楽しく畑仕事に勤しんでおります。 こんな仕事をしていられるのも、当農園の野菜を召し上がってくださるお客様がいらっしゃるか らです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

平田寿夫さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください