愛知県田原市

鈴木教広

鈴木農園

トマト

◆こんにちは、鈴木農園の鈴木教広です
農業産出額全国一の渥美半島は田原市でトマトとメロンを栽培してます。

◆農家になった経緯
事務的な仕事が苦手で身体を動かしている事が自分には合っていると思い、21で親の跡を継いで農業をやっていこうと決めました。

◆温暖な渥美半島でトマトとメロンを栽培しています
渥美半島は遠州沿いの温暖な気候で、1年を通じて日照時間も長く農業に適している地域です。
そんな恵まれた環境の中で 夏はメロン 秋から春にかけてはトマトをハウスで栽培してます。
トマトは食味を重視して桃太郎ファイトや桃太郎ヨークを、またサンドパルという愛知県の農業試験場が開発した品種も取り入れています。
メロンも収穫時期に合わせて品種を変え、甘さと風味を感じてもらえるようにしています。

◆お客様のくち人入るまでをゴールに
この産地の今までの農業はどちらかというと作って市場やJAに出荷したら終わりでしたが、自分が見てるゴールはお客様(消費者)の口に入るまでだと思ってます。そのためにはより美味しく食べてもらえるよう生産物そのものの味のランクアップや食べ方の提案、美味しく食べるための加工品等をこれからも追求していきます。

鈴木教広さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください