兵庫県朝来市

高橋清紋

-

米(ササニシキ)


東京都出身。兵庫県朝来市在住。
無農薬、無肥料、自然栽培で米と野菜を育てています。
安全な安心して食べられる食べ物をお届けします。

兵庫県朝来市は古くは但馬国と呼ばれた地域です。険しい山に囲まれた山陰の中山間地になります。道路や町も山を避けてつくられているので直線では近い場所も山裾をぐるりと回って移動する土地です。お世辞にも住みやすい場所とは呼べないかもしれませんが、豊かな山の水は米作りに最適です。
無農薬の農薬や肥料も使わない自然栽培で米や野菜を育てています。普通の田んぼや畑と違い草や虫で賑わいながら作物が成長しています。

【気がついたら農家に?!】

元々は農家ではなかっのですが、現在は農業を営んでいます。
子どもの頃から自然が好きでした。草むらで虫を取り、夏は裏山の樹液の出る場所にでカブトムシやクワガタを捕まえていました。旅行に出れば車窓の眺めを飽きずにずっと見ている、そんな子どもでした。今でも旅行では土地の風景をよく眺めています。大人になってから山に登ったり旅行などもしていましたが、どうにも自然と離れている自分が気になり、気がついたら農業を始めていました(笑)
農業は楽しいことばかりではありませんが、農業ならではの考えや出会いがあります。『農』との関わり方は人それぞれですが、どのような形にしても人生に必要な部分であると思います。


【日本のおかずに合うお米】

メインのお米は『ササニシキ』宮城生まれのお米。
かつてはコシヒカリとともに両横綱と呼ばれた人気品種です。栽培が難しく過去の冷害で大きな被害が出たため、最近では見かけることが少なくなりました。ただ味は良くさっぱりしているため飽きないお米です。
日本の「ハレ」と「ケ」という考えは伝統的な食生活にも浸透しています。ハレは正月や節句、祭などの特別な非日常。ケは普段の日常になります。ハレの日は普段食べない特別な食事として赤飯や餅などもちもちとした米を食べていました。有名なコシヒカリはもち米系のハレのお米と言われています。一方でササニシキはケの日常食べるお米と呼ばれ、あっさりとした食味が日本食によく合います。伝統的な和食はササニシキのような米に合うように作られているので、普段の食事、日本のおかずと合わせることでお米もおかずも美味しくいただけます。


【「育てる」ではなく「成長を見守る」】

 自然栽培は肥料など作物を急激に活性化するもの与えません。その為、作物の調子が悪い時に手助け出来ず無力な時があります。ただ作物も元来は植物、自ら生き、成長しようとする力があります。その力を発揮した時、農薬や肥料などなくても立派に成長していきます。農家として彼らを育てるというよりは、育ち易いように環境を整えるというほうが近いかもしれません。私が育てたというよりはただ成長を見守ったようなもの。考えてみれば太陽も土も雨も作物を育てています。米や野菜など食べ物は自然に育まれたものであってほしいと思います。

高橋清紋さんのコミュニティ

ハラペコの母
2017.12.19.
あっさりササニシキの玄米リピート中です。市販の炭パウダー探しで迷いすぎの悩みに対し、お試し用で自家製パウダーのおすそ分けが!ありがとうございます‼︎香ばしい匂いのする炭は初体験でした。ご飯がキリッとする感じ、わかりました‼️パウダーにこだわらずいい感じの炭を見つけたら、自分で炭を砕いて作ってみればいいなと気がつきました。また報告します。

A2cesmztsyrwc3axctt2

高橋清紋
2017.12.22.
炭は不思議なアイテムですね。
目新しいものではないですけど、使うと良いものであることがわかる。
炭は現代社会で取り残しそびれてしまったものの1つのような気がします。

玄米パウダー以外にも良いものがありまましたらご報告下さい。
楽しみにしています!
Hiromi Sasa
2017.11.03.
連絡が遅くなりました。新米届きました。
生産者さんから直接購入するのが初めてですが、直接メッセージがいただけるのが大変嬉しいです。
精米せずに玄米のまま食べようと思いますが美味しい玄米を炊くコツなどあれば教えていただけますか。我が家の炊飯器には玄米モードありますが生産者さんから教えていただきたいです。お願いします!
高橋清紋
2017.11.09.
コメントありがとうございます!
返事が遅くなり大変申し訳ございません。
玄米で食べていただけるとはとても嬉しいです。白米も美味しいですが、玄米の方が米の味をよく表していると思っているので、米農家として光栄です!

玄米の食べ方ですが、炊飯器の機種にもよると思いますが私の家のものでは、1日吸水させたものであれば玄米モードでも、通常モードどちらでも大丈夫です。通常モードで炊くと玄米モードに比べて少し硬めに仕上がるかなというぐらいで、あとは好みかなと思います。
私はいつも通常モードで炊いて食べています。

玄米の食べ方のもう1つに白米に混ぜて炊く方法もあります。白米3合:玄米1合の割合が具合がよいと思います。玄米は前日に水に浸けて吸水させているので水は3合分の水加減で大丈夫です。1合ぐらい量ならグラスに入るので手軽に始め易いです。

炊く際の水をミネラルウォーターにすると味がぐっと良くなるのでこれもおすすめです。安いミネラルウォーターでも大丈夫です。

更に岩塩をひとつまみ入れるのもいいです。ゲランドなどの天日塩もよいですが個人的には岩塩の方が良い感じかなと思っています。

その他の裏技的なものですが、炭パウダーを少し入れるのもおすすめです。お米がキリッと粒が立つ感じがよく出ます。少し色がつくので見た目は落ちるかもしれません。

ミネラルウォーター、塩、炭パウダーは白米でも通じる技なので是非お試し下さい。

また何かありましたらお気軽ご連絡下さい。
この度は連絡が遅くなり本当にすみませんでした。
Hiromi Sasa
2017.11.10.
ありがとうございます。今も玄米は一晩浸けて炊いていてその方がふっくら炊けます。
我が家の炊飯器は小さくて2合までしか炊けません。いっぱい炊いた方が美味しいそうですが・・・
炭パウダーは試して見たいです!
数10粒の玄米を水栽培してみたらグリーンの🌱が出ました!わ〜生きてる!当たり前ですが感動!自然の恵みをいただいていると実感です。
高橋清紋
2017.11.11.
玄米は慣れるほど炊き方も上手くお米も美味しく炊けるようになってくるものなので、まだまだこれから美味しくなりますよ(^^)
それが玄米の楽しみでもあります。

食べ物は自然のものですからね、やっぱり生きていると思います。料理される前までちゃんと生きてる。穀物でも、野菜でも。私の作り方は自然栽培という特に作物の生きる力が残る方法なので、自分でも「おっ!これは生きてるな。パワーがある!」と思うことも多いです。
昔は自然栽培のような作物も多かったと思うので、同じように感じる人も多かったと思います。だから、昔の人はちゃんと「いただきます」と言うようにしていたのかなと私は思っています。
なんだが、普通の返信をする筈が説教くさくなってしまいすみません!

なんにしても、やはり食べ物は美味しくいただき、楽しまないと!
私も食べ物を作りつつ、食べつつ、楽しんでいます。
どうぞ、今年の新米をお召し上がりください(^^)/
ハラペコの母
2017.08.07.
やっとコミュニティページが開けられました。お気に入りの青豆ごはん。もちろんお米だけでも旨味じゅうぶん。ごちそうさまです。なくならないうちに、おいしい水で炊いてみますね。

Ogbygp1njzbfl17y4yiv

高橋清紋
2017.08.07.
青豆ごはん!いいですね~(^^)
炊き込みごはんは春夏秋冬どの季節でも美味しく、食べ易くて嬉しいですね。
最近、見つけたごはんの食べ方に野草茶のお茶漬けがありますよ。さっぱりとしてからだに馴染んでくるような味で良かったです。お新香を添えてバッチリでした。
お米の味は水の味。栽培中も炊く時も。やっぱり水は大事です。
ちょっとした小技ですが、炊く際に炭パウダーを少し入れるという方法もあります。炭が余計なものを調整してくれるのかお米が少しキリッとした感じになります。