石川県輪島市

吉浦翔太

快進丸

のどぐろ、柳八目、ブリ、タラ

*お客様へのご挨拶
皆さま、はじめまして。
石川県輪島市で漁師をしている、吉浦翔太と申します。刺網漁を営んでおります。

*漁師になった経緯
漁師の父と、海女をしている母の元、長男として生まれました。輪島沖約50kmにある、舳倉島出身です。父の背中を見て育ち、17歳の時、中型まき網漁に4年間務めました。それから、父のしている事業を継ぎ、今は2代目 快進丸の船長をしています。

*生産物、地域の紹介
輪島沖は日本海の中心に位置していて、南からの暖流(対馬海流)と、北からの寒流(リマン海流)が交じり合う、絶好の漁場で、四季折々の魚が獲れます。
○1年間のスケジュール○
<4月〜10月> 柳はちめ(ウスメバル)、のどぐろ、クロソイ、アラ(クエ)など
<11月〜1月中旬> 鱈
<1月中旬〜4月> 鰤、のどぐろ

*最後に
輪島の美味しい魚を全国に広めれたらと思います。
活〆、神経〆などにも取り組んでいます。
冬場の日本海は、海が荒れてなかなか漁に出れない日もありますが、とことん鮮度にこだわって、輪島の美味しい魚をお届けしたいです!