山口県下関市

松原英子

サンドベジ

野菜セット

◆こんにちは、サンドベジの松原です
きれいな海のある山口県下関市の農家で育ちました。
子供の頃の遊び場だった古墳、古代から農耕文化がありこの町が栄えてきたことを日々感じながら農業を楽しんでいます。
ベビーリーフは口当たり良く、メリハリのある野菜になるよう、繊細な強い根になる砂の培地で農薬を使わずに栽培しています。
すると柔らかいけれど野菜本来の味に育ってくれます。
砂の培地で育てると土耕で育てたものと全く別物の根っこになります。

代々野菜を育ててきた大地、土壌で有機肥料をつかい野菜を育てると心安らぐ美味しい野菜に育ってくれます。
種を播いてから料理は始まっています。
この驚きや感動を鮮度と一緒に調理する方へバトンを渡していけたらなと思います。


◆野菜が人の心を輝かせることに感動して
父方母方ともに農家という環境で育ちました。
農業は絶対にやらない!そう思って社会人になりました。
ある休日に職場の先輩が食事に連れて行ってくれました。
色の少ない日常で、野菜のもつ色に魅了され、野菜が人の心を輝かせることに感動し、
農業をはじめて意識するようになりました。

◆砂混じりの土での野菜栽培
山口県下関市というと海の幸を連想されるかと思います。
下関は砂混じりの土で昔からネギの栽培が盛んです。
特に細い小ねぎはふぐ刺しに切り方を変えて寄り添っています。
近くには古墳が多くあり稲作をはじめ、太古より農業が栄えていたところです。
私たちは砂の培地で水や養分をほとんど与えず作物を栽培しています。
野菜は精一杯水分や養分を探しながら根を張り、野菜それ自身の栄養を体内循環させます。
そして、メリハリのある味わい深い野菜に育ってくれます。
安心で安全を前提としているので農薬は与えず、日々虫たちの観察に励んでいます。

◆先人たちの築いた農業を楽しみながら
ここは古墳が多くあります。竪穴式住居で生活していたときも明治維新の時代も、農耕文化がありました。
先人たちの築いた農業をこれから楽しみながら、ご縁のある皆さんにささやかな感動をお届けできるような野菜を作っていきたいと思っています。