北海道北見市

篠根克典

しのねアップルファーム

りんご、農産加工品(シードル、コンフィチュール、キャンディ)

北海道の東側オホーツクエリア、日本で最も東にあるりんご園です。こんなところにりんご園があるの? と、よく驚かれます。
実は明治末期からの長い歴史があるんです。しかし、寒冷な気候により木に病気が付きやすかったこと、品種のレパートリーを増やせなかったこと、などから100軒ほどあったりんご農家は2軒にまで減りました。最後の生き残りですが、将来のビジョンを定め次の世代にりんご栽培を繋いで行きたいと頑張っております。

園主は元化合物半導体のエンジニア、実家を離れて神奈川県に住んでいました。ITバブル崩壊やリーマンショックを経験し技術者として生きていくことに不安を感じていたころに、実家の父がりんご園を閉めようか、と言い出しました。これはオホーツク地域のりんご栽培消滅が近づいたことを意味します。悩んだ末に、北海道に戻ることを決意しました。私は日本の発展に大きく貢献できる人間になりたいと思って生きていましたが、半導体でも農業分野でも役に立てれば同じことだろうと考えました。ただし、40歳を過ぎていましたので、少し勇気が必要でした。半導体は世の中から誤解されていることが多いですが、実はノウハウの塊のような泥臭い世界で、経験や感覚・センスが重要です。やや農業と近い部分もあります。

2010年に北海道に帰郷、理想の追求と研究開発が大好きな技術者体質なので、父親と激しく対立しながらも、新しいことへの挑戦を少しずつ進めました。農産加工分野に挑戦し、コンフィチュールとシードルを商品化しました。シードルキャンディは北見市内の製飴会社さんのご協力のもとできたものです。
今後もりんごの栽培品種拡充、りんご以外の果樹(プルーンやプラムなど)、減農薬への取り組み、肥料と果物の味の関係についての研究、様々な新しいことに取り組んで行きたいと思います。よろしくお願いいたします。

篠根克典さんの出品商品はありません。