奈良県生駒市

正田耕一

自然農園ほのぼ~の

れんこん、もち麦、旬の野菜

◆お客さまへのごあいさつ
こんにちは。大阪の東、生駒山の麓に広がる自然豊かな里山の残る奈良県生駒市にて農業を始めました「自然農園ほのぼ〜の」の正田(まさだ)耕一です。たくさんの生き物達とのびのびと、ぼ~の(Buono!)な野菜を育てています。

◆「野菜ってこんなに美味しくなんねや」
食べた果物の種を植えてみたり、子供の頃から植物を育てることが好きでした。家庭菜園を続けている中、自然栽培の野菜に出会い、その美味しさに感動。この美味しさをみんなに伝えたいという思いがきっかけで農業を始めました。近所で放棄された田畑が荒れ地に変わっていく様子を見て、何とかできないかという思いもありました。

◆「食べたらわかる美味しいやさい」
農薬、化学肥料はもちろん、堆肥などの有機肥料も持ち込まず、虫や蛙や鳥に雑草、沢山の生き物と共に、助け合いながら育った野菜は、たくましく、生命力にあふれ、何より美味しい。自然の甘みが引き立ち野菜本来の味が楽しめます。子供さんからも好評です。また生駒は寒暖の差が大きく、より美味しい野菜が育ちます。トラクターの入れない小さな段々畑が多く、小さな耕運機しか使えなかったり草刈りの手間もかかるのですが、変化の多い地形には沢山の生き物が住みやすく、畑の生態系が豊かになる利点があると考えます。

◆「野菜も子供もたくましく育ってほしい」
野山の草木は、肥料も農薬も無しに人の手も借りず元気に成長します。地面を見ると枯草や落ち葉が積もり、生物豊かな養分たっぷりの土があります。自然に習い、過保護にならないよう最低限の手助けで、のびのびとたくましい野菜が育ちます。主役は野菜達、私たちは見守るだけです。生命力にあふれた野菜本来の味を、次世代の子供たちにこそ食べて欲しいと思っています。初めて野菜を口にする赤ちゃん、離乳食にもオススメです。

◆「皆さんのかかりつけの畑」
美味しいをお届けするだけではなく、収穫体験や自然と触れ合ったり五感で楽しんでいただける場所にしたいと思っています。また何百年と続いてきた里山を守るため、耕作放棄地を受け入れて里山の環境維持にも貢献したい。そのために生業として持続可能で次世代につないで行く農業を目指しています。