鹿児島県薩摩川内市

崎原一博

崎原製茶

-お茶

-崎原製茶では1954年の創業以来、自らの手で茶畑の開墾を行い、茶葉を生産してまいりました。
納得のいくお茶をつくるため、お客様にとっておいしいお茶をお届けするために、良質な茶葉は欠かせません。
良質な茶葉を育む茶畑、そして品種についてご紹介いたします。

<茶畑について>
城上(山のお茶)
城上は、薩摩川内市北西部の山に囲まれた丘の上にあります。豊かな自然の中では朝夕で気温差があり、深い霧に覆われます。土壌も粘土質で、栄養分が大変豊富です。
ここで育てた、葉が厚く濃厚で奥深い旨みのお茶を「山のお茶」と呼んでいます。

宮里(川のお茶)
宮里は、薩摩川内市の西部、川内川の下流にあり、季節を問わず深い霧に覆われ、肥料を吸収しやすい土壌です。
ここで育てた茶葉の持っている特性が、そのまま出るお茶を「川のお茶」と呼んでいます。宮里はお茶づくりに最適な環境です。

<品種と特徴 >
〇あさつゆ
深蒸しで仕上げる緑茶で、「天然の玉露」と言われています。濃厚な甘みに加えて、独特な香りが特徴です。水の色も天然の緑で、色鮮やかです。

〇かなやみどり
独特な香りは、まるでミルクの様です。穏やかで自然な甘みと優しい香りが絶妙です。「土壌を選ぶ」という特徴を持っており、産地が限られたお茶でもあります。

〇めいりょく
味にくせがなく、すっきりしています。香りも爽やかなうえ、水の色は明るい緑色できれいです。

〇おくゆたか
アミノ酸が多いため、上品で優雅な香りがし、旨みが強く、コクのあるまろやかな味わいの品種です。また、摘採時期が短い「希少品種」でもあります。

〇おくみどり
水の色は濃緑色で、爽やかですっきりした香味です。くせのない味わいが特徴です。

〇べにふうき
緑茶特有の苦みと渋味が強いお茶です。紅茶、半発酵茶に適しています。

〇さえみどり
緑茶特有の渋みが少なく、まろやかで旨みの強い上品な味わいが魅力です。水の色は「さえみどり」という名にふさわしく、鮮やかな深緑色をしています。

〇春もえぎ
香りや味はまろやかで、渋味が少なく甘みや旨みに特徴があります。

〇やぶきた
飲んだ後に清涼感のある甘みがあり、濃厚な旨み、渋味、優雅な香りと全てにおいてバランスの良いお茶です。水の色は黄金色で、深みがあるのが特徴です。

<商品特長> ※茶葉状況によって製造を中止している場合もあります。

川内ほまれ
黒・紫・紺・金・銀・緑の6段階にグレード分けしたお茶です。
豊かな味わいをお愉しみください。

さきはら茶
青々しさがとれ、まったりとした舌ざわりが、印象に残ります。
丁寧に摘んだ春一番のお茶を、独自の製法で製造・貯蔵し時間をかけて独特の旨みや甘み、ほどよい渋味をもつ、崎原製茶オンリーワンの熟成茶に仕上げました。

煎茶
口に入れたとたん広がるバランスの良いコクが印象に残ります。
豊かな旨み、ほどよい渋味、爽やかな香りが楽しめる人気ナンバーワンの煎茶です。
初めての方には、ぜひ飲んでいただきたい煎茶です。煎茶川内ほまれ(金)と同じです。

抹茶入り煎茶
爽やかな香りの一番茶に上質な抹茶を合わせました。抹茶の鮮やかな水の色と旨み、煎茶のコクの両方が味わえます。

玄米茶
玄米の香ばしい香りと煎茶のコクが、昔を思わせるなつかしい一品です。
最上質のもち米玄米を使い、煎茶と玄米の旨みを合わせもったお茶です。

焙じ茶
えぐみのない上品な旨みと、お茶を焙じた香ばしい香りが口いっぱいに広がります。
一番茶の茎だけを使い、丁寧に焙じたことで、上質な焙じ茶に仕上がりました。
香りに苦みや渋みがほとんどなく、ふくよかな味は癖になります。
ノンカフェインとなっておりますので、子どもからお年寄りまで、時間を気にせずに飲んでいただけます。また、油料理との相性もいいです。

紅茶
香りが高く、自然な甘みや旨みが口いっぱいに広がりやさしい印象です。
渋味や苦みが少なく、お砂糖なしで飲め、ミルクティーとのアレンジもできます。
水の色は光輝く紅黄金色です。自家農園で作る国産紅茶ゆえの自然な味わいです。

玉露
玉露は、お茶摘みの20日ほど前から直射日光を当てずに育てます。
茶畑を黒いネットで覆い、薄暗い中で栽培します。
こうして育ったお茶は、旨みや甘み成分となるテアニンなどアミノ酸が増え、苦みの成分カテキンが少なくなり、香りも濃厚で青々しい芳香になります。

烏龍茶 緑
「烏龍茶 緑」は、青さを感じさせるツンとした独特な香りと、口の中で心地よい苦さがあり、苦さが旨みを引き立て、青々しさを思わせる印象です。
時に春花を思わせる様な香り、さっぱりとした旨みとほのかな渋味のバランス、独自の製法で作った一品です。

烏龍茶 赤
茶葉は花を思わせるような優雅な香りで、お湯を注ぎ、口にふくむとほんのり苦みの中に旨みがあり、心地よい印象です。
水の色は琥珀色で、芳醇な香りを楽しめ、ふくよかな旨みがあり、渋味が少なく苦みが心地よい味わいがします。気軽に飲めて、くせになりそうな烏龍茶です。

プーアル茶 金
夏の花を思わせるような香り、一口ふくむと口いっぱいに広がるすがすがしい酸味が残ります。後味もさわやかで余韻が続きます。
選ばれた茶葉に焼酎用黄麹を使い、時間をかけて、独自の製法でゆっくり発酵させたプーアル茶です。

プーアル茶 黒
成熟した花のような香りと、コクがありながらほのかな酸味を持ち、一口ふくむと優雅な気持ちになれる印象があります。
選ばれた茶葉に焼酎用黒麹を使い、時間をかけてゆっくり発酵させたプーアル茶です。