岡山県苫田郡鏡野町

藤原靖彦

藤原家

大麦粒


岡山県の県北に位置する鏡野町で大麦を作っています。
農薬は使用せず、出来るだけ自然に近い形を心掛けて生産しております。

刈り取り後の大麦は直ぐに精麦を行わずに水分量を確認してから数ヶ月保管しておきます。
時間をかけることで中のタンパク質が安定するのを待ちます。
数ヶ月後に、精麦を行いますが、精麦工程も大麦の表層からゆっくり時間を掛けて削っていきます。

精麦工程で大麦に熱が加わる事を防ぐために時間を掛けて削ります。
熱が急激に加わる事で大麦の中にある酵素が死活してしまいます。
ゆっくり時間をかけることで、手間は掛かりますが酵素が生きている大麦「活麦」となります。
活麦は麦本来の美味しさを持っています。
こだわりを持った大麦を一人でも多くの方に食べて健康になってもらいたいと思い生産しています。

藤原靖彦さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

もっとみる