岐阜県美濃市

福井高穂

有限会社美濃養魚場

鮎(アユ)

(有)美濃養魚場の中村です。

岐阜県美濃市の長良川にほど近い所で、創業から約50年、鮎養殖一筋でやってきました。鮎に精通したプロだからこそ出せる「味」を皆様にお届けしたいと思い、ポケットマルシェで出品することにしました。

【自然環境に近い飼育環境】
弊社は、鮎釣りに使われる「オトリ鮎」を主軸に販売しております。
鮎釣りはオトリ鮎を使い、川で縄張りを作っている鮎が縄張りに入ってきたオトリ鮎を追い出す時に噛みつく習性を利用し釣るのが、一般的な「友釣り」という釣法です。
オトリ鮎はよく泳がないとダメなので、飼育をしている池も自然環境に近い状態にするため水流を早めにしています。
一般的に流通している養殖鮎より身が引き締まり、脂が少ないのが特徴です。その為、鮎の脂肪に付く餌の匂い(いわゆる養殖臭)が少ない魚になっています。
また、養殖場において病気の発生はとても厄介なので河川水は使わず、地下水に強力な紫外線を当て、殺菌した水を使用しております。

【世界農業遺産「清流長良川 恵みの逸品」に登録】
平成27年に岐阜県の長良川における鮎やその他漁業や伝統文化などが世界農業遺産に認定されました。
弊社の鮎もこの「世界農業遺産」の認定を受けて始められた「清流長良川の恵みの逸品」に登録されています。

【魚離れからの脱却を目指して】
昨今、魚より肉を好む方が多く「魚離れ」が問題として取りざたされています。特に、淡水魚は顕著で、鮎の消費量も年々減ってきています。
また、鮎の消費量の減少に伴い、鮎を捕っている漁師さんや、養殖場の数も減少してきています。
そんな魚離れからの脱却を目指して、日本古来からの食材である「鮎」の可能性を追求し盛り上げていき、普及していけたらと思っています。

福井高穂さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

もっとみる