宮崎県東諸県郡綾町

北野将秀

オーガニックファーム綾

人参・生姜・レタス類・ジャガイモ・長ネギ・ブロッコリー

【東京へ逃げだしました。】
   
幼少期から、親が畑で働く姿を見ていると、肉体的にもきつそうだし、とにかくダサい。「農業」を自分の仕事にするなんて、まったく考えた事もありませんでした。高校卒業後、逃げるように東京へ出て、社会に溶け、家族ができ、子供が生まれ。

子供が生まれるまで、「食」について深く考える事もありませんでした。


【「おこさまセット」で、子供達はハッピーになるの?】 

おもちゃ目当ての子供達にせがまれれば、ファストフード店へ行き、お子様用のセットなんかを食べさせる親の1人でした。
ある日曜日、「おこさまセット」を2つ注文し、嬉しそうにはしゃぐ双子の子供達と手を繋ぎ、列に並び、マニュアル通りに流れる厨房の中を眺めていると、「これって人の食べ物のなの?」という、小さな疑問が急に生まれてきました。

  
【みんな食べてるから、大丈夫なんでしょ?】
 
「食」は命のはずなのに、自分の命よりも大切な子供達に、その後ろ側にある世界を何も知らない食べ物を食べさせている事に、不安を感じはじめました。

テレビでは、中国産食品の問題や、日本の食品産地の偽装事件。本で読む、農薬や化学肥料の、想像以上の恐ろしさ・・・。そして、それが原因で進む、環境汚染。

 心の中で、食に対する不安と、まるで根拠のない「ほら、みんな食べてるし。きっと大丈夫・・・」という感情が、シーソーのように揺れる日々。


【たった10日間で、3.3キロも落ちた体重。】
 
そんなある冬、家族で実家に帰省し、10日間程滞在しました。
 畑の新鮮なオーガニック野菜を中心に作る食事が、田舎じゃ普通の食生活。
たった2日目で、妻は「なんか肌の調子が違う!」と言いはじめ、いつも元気な子供達は、益々エネルギッシュになり。
僕は僕で、採れたての人参やホウレン草などのフレッシュジュースを毎朝飲んでいたら、帰る日の朝には、体重が3.3キロも落ちていてビックリ!

 食べ物で身体は変わる!ということを体感し、当時住んでいた横浜に戻り、いろいろ考えれば考えるほど、安全な食べ物を生産する 「有機農業」 に取り組みたいという気持ちが大きくなり・・・。

 2012年、宮崎に戻り、両親の経営してきた家業を継ぐことにしました。


【年間を通して約15種類の有機野菜を「無農薬」「無化学肥料」「除草剤不使用」で栽培しています。】

現在の総農地面積は、約5ヘクタール。およそ東京ドーム約1個分。
最も古い、先代のころからの農地では、29年間一切の農薬を使用していません。
中でも人参の生産量が最も多く、大口の取引先様や、地元の保育園や小学校、「がん」をはじめ、さまざまな病気に効果的といわれている「ゲルソン療法」に取り組まれているお客様など、これまで多くの方々にお届けしてきました。

 真面目に土と向き合ってきたキャリア40年の有機農家の両親と、手伝いに来てくれるベテランのおばちゃん達や若手のスタッフと一緒に、安全でおいしい野菜を作るために、日々、大きな自然の中で土と対話をしています。
 
 
【We are what we eat.~私たちは食べたもので出来ている~】
 
先日ある雑誌の、サントリー学芸賞を受賞した著名な生物学者、福岡伸一先生の「なぜオーガニック食品が身体によいのか?」という記事に
 
 「今のあなたの健康状態は、あなたの食べた物によって、直接的に決定される。
だから、何を、どれくらい、どんなふう食べるかということは、きわめて知的な営みだといえる。」 

という一文がありました。私たちの食べた物が、私達を作っている事実。

<オーガニックファーム綾>の有機野菜を、美味しく食べてくださったあなたや、あなたの大切な人達が、健康に!元気に!そして美しくなってもらえたなら、それは私たちにとっても、最高に嬉しいストーリーです。


皆さまからのご注文をお待ちしております。