大分県大分市

森山剛義

剛義丸

アジ、サバ、ブリ、太刀魚、タイ、イサキ

こんにちは!
大分県は佐賀関で一本釣り漁を営んでいる、森山と申します。佐賀関の海に惚れ込んで、県外から脱サラ移住してきて早8年…、魚との知恵比べに日々奮闘しております。

さて、佐賀関といえばブランド魚【関アジ】【関サバ】が有名ですが、それ以外にもタイ、イサキ、ブリなどは、関ものとして地元では珍重されてきました。

佐賀関の魚は何故美味いのか?
それは、私達の漁場に秘密があります。

私達の漁場、【豊予海峡】は豊後水道で最も対岸との幅が小さくなった幅15kmの海峡です。
それ故に、潮の流れが豊後水道で一番速いのです。
最大で時速10Kmを超える激しい潮流はまるで川のようです。

また、海底には、日本最大の断層である中央構造線が走っていて、水深200m→50mまで急激に地形が変化しております。
この、急激な地形変化がもたらす瀬に魚がきます。

急流の中の瀬についた魚は、身が締まり美味しくなるのです。

佐賀関の漁師は、この激しい潮流と地形変化に対応すべく、釣り竿を使わず、【伝統の手釣り】で漁に臨んでおります。
手釣りの方が底やアタリをとりやすく、仕掛けの手返しも速いからです。
また、【伝統としてまき餌を使いません】
まき餌の強い臭いが魚の身につくのを防ぐためです。
そして、釣った魚は素早く丁寧に針から外し、船の生簀に入れて、生きた状態で港に持ち帰ります。

えー、偉そうに蘊蓄を語りましたが、漁師としてはまだまだ成長途上、これからも精進していきます。
そして、消費者の皆様に美味しい魚を届けたいと思っております。

【注意】
私の販売するアジ、サバは通常ルートと異なり直売となりますので、関アジ、関サバではありません。
(漁協や指定された水産業者の厳しい品質管理、出荷手順をふんで、初めて関アジ、関サバのブランドがつきます)

ただし、漁場、漁法共に関アジ、関サバを釣る時と全く一緒でなので、味の良さは保証します!

森山剛義さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください