岐阜県郡上市

黒木靖一

えがおの畑

フルーツほおずき「ひとえ姫」 千成ほおずき など

2010年 農家になって 食用ほおずき を初めて知り、虜となって、
”フルーツほおずき「ひとえ姫」” を主に10年栽培している ほおずき農家 です。

もともとアンデス原産ともいわれる高山性の植物の栽培に適した農地として現在の 岐阜県郡上市石徹白(ぎふけんぐじょうしいとしろ) という標高700mほどの高原に移住して栽培を始めました。

品種は、当時色々な食用ほおずきを食べて一番おいしいと感じた長野県のある農家さんに頼み込んで種を使わせてもらう許可をいただき、自家採種にて選抜してきたものです。ゴールデンベリーやインカベリーなどとも呼ばれ、スーパーフードともされているものです。

同じ植物でもその土地の気候風土により味も変わります。この10年で栽培地である 石徹白産 といえるものになったと感じています。

そのまま食べていただくものなので、自分でも、家族にも、当然 皆様に納得。安心して食べていただける食材の提供を目指して栽培しています。

高原の気候(平地に比べて害虫が少ない)を生かし、化学農薬は使用していませんが自然成分由来の忌避剤は使用しています。また肥料は有機質ベースの肥料を主に、一部尿素などの化学肥料も使用しています。

ぜひ一度ご賞味いただければと思います。
ご質問などあれば丁寧に対応させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。