千葉県君津市

松崎裕一郎

ののま自然農園

お米、大根、にんじん、ラディッシュ、ルッコラ、などなど

◆こんにちは。ののま自然農園の松崎です
千葉県君津市、小糸川流域で農業をしています。不自然でない暮らしを目指して、なるべく自然に寄り添うようなかたちで野菜やお米、麦などを育てています。どうぞよろしくお願いします。

◆「生きる」ために農業をはじめました
生きる力を身に付けたいと思っていました。食べるということは生きていく上で大切なことです。生きていく上で大切な食べ物を作ることが、生きることの第一歩ではないかと思い、農業をはじめました。「稼ぐ」ではなく「生きる」ことが仕事の真の目的かなと思います。

◆無肥料だから、野菜がおいしく育ちます
農薬も肥料も使わずに、何種類もの野菜と、お米などを育てています。肥料を使わない!?と不思議に思われるかもしれませんが、植物は人間が肥料を与えなくても自分で養分を探し出してくる強さを本来持っています。そうした植物は肥料に甘えて育った植物よりも根の張りが良いため、健康においしく育ちます。
さらには肥料を吸いすぎると体の中でそれがエグみやアクの成分に変わり、味もよくありません。無肥料で育った野菜はエグみがなく、本来の野菜の味を楽しむことができます。

◆生命力のある野菜やお米を目指して
食べるなら「生命力」のあるものを食べたい!食べてほしい!ということです。
生命力とはなんでしょうか?例えば、卵であれば、有精卵の方が無精卵よりも生命力がありそうです。無精卵はどんなに頑張ってもヒヨコは生まれませんが、有精卵は適切に温めて管理すればヒヨコが生まれます。例えばレタスであれば、植物工場で培養液を吸って育ったレタスと、土に根を張り、自分で養分や水分を探して育ったレタスとでは、どちらが生命力がありそうでしょうか?
私たちも生命です。生命力のあるものと無いもの、どちらを食べると元気になりそうでしょうか?
生命力のある野菜やお米。これらを目指して栽培をしています。

◆今後の夢
自然栽培(無農薬・無肥料栽培)はまだまだその栽培技術が確立されていません。ある場所でうまく行く方法であっても、土地が変わればうまく行かないことは多くあります。
ひとまずはこの地で無農薬・無肥料で安定して栽培することを目指し、さらにはそのやり方を伝えて、地域で同じように無農薬・無肥料で栽培する仲間を増やしていけたらと思います。

◆料理の時間が取れない方にこそおすすめします
忙しくて料理している時間がない、という話をよく聞きます。そんな人にこそ食べていただきたいのがののま自然農園の野菜です。余計なものを吸収していない野菜なのでアクやエグみが無く、下茹でやアク抜きの必要がありません。料理は素材です。焼いて塩を振るだけでおいしい野菜ですのでぜひご賞味ください。
(調味料もこだわるとより良いです。精製塩ではなく天日塩、化学薬品で抽出した油ではなく圧搾法で搾った油、など)

松崎裕一郎さんから直接買える商品一覧 - 17件