長崎県西海市

太田圭美

inahosmallkitchen

みかん

◆こんにちは、inahosmallkitchen太田圭美です
長崎県西海市で収穫されたみかんを使用した「みかん生キャラメル」をつくっています。
みかんの爽やかな酸味と甘みが口に入れた瞬間に広がります。原材料のほとんどがみかんで作っているため、みかんの香り、コクを味わっていただきたいです。いろんな商品を作りたい!という思いで日々新商品を構想しています。

◆母が作ってくれたお菓子に感動し、お菓子作りの道へ
最初のきっかけは、幼少期に母が作ってくれたお菓子です。すごく美味しくて、感動したことを覚えています。カフェをしたい!と思いそのためにはまずお菓子作り!ということで高校卒業後は製菓専門学校へ行きフランス菓子店で修業し、フレンチレストランでも働きました。

◆みかん生キャラメル考案に至った背景
以前父から、「西海市の特産品である極早生みかんを使って何かできない?」と言われていたのですが、なかなかいいアイディアが浮かばずそのままになっていました。
実家の農家を継がなかった私ですが、祖父が守ってきたもの、両親が頑張って作っている野菜や果物を使って何か作りたいという気持ちがありました。
ある時、みかんを丸ごと使ったペーストをいただく機会があり、それを使った試作品もいただきました。その中にみかんのキャラメルがあり、その時のキャラメルが美味しかったということで興味が湧き、作り方を教えてもらい、少しアレンジを加えて、みかん生キャラメルに挑戦してみました。

◆お菓子作りをするにあたって大切にしていること
生きていくために絶対必要ではないけど、あると幸せになるもの。
食べた人がおいしい!幸せ!と感じれるかどうかを大切にしています。
そして何より、自分がまた食べたい!と思うものを作ることです。

◆みかん生キャラメルの特徴・こだわり
原材料のほとんどが「みかん」なんです。みかんをダイレクトにたくさん使えるので、みかんの香りや、甘酸っぱいおいしさをお菓子でいただけます。
日持ちもするので西海市のお土産にも是非どうぞ。

◆太田家のみかん農家の軌跡
昭和35年頃に西海市はみかん作りに適した土壌であるということで、みかん作りが始まったときに祖父が作り始めました。
特徴としては赤土でほどよく潮風を受け、傾斜が多いので水はけがよく、糖度が増して美味しいみかんができるのです。
昔は、みかんの収穫といえば、12月~2月の寒い時期がメインでしたが、もっと早く消費者へみかんを届けたいということから品種改良がされ、もっと早く収穫できるようになったものが極早生みかんです。極早生の岩崎という品種は西海市太田和で生まれたものなんですよ。

◆自分とみかんの関係
小さい頃は、長崎のおじいちゃんの家にきたら冬はみかん!という印象でした。
おじいちゃんたちが作ったみかんはすごくおいしい!という思い出があります。今でも一番おいしいと思っています。
果物の中でも私の中では特別な存在です。おじいちゃんとおばあちゃんとの思い出の味です。

◆極早生みかんの特徴
他のみかんよりいち早く収穫できます。
通常のみかんはオレンジですが、極早生みかんはやや緑色の状態で出荷します。
元祖みかん!らしい爽やかな酸味とほどよい甘さが特徴です。


◆極早生みかんをどんな人に届けたい?
10月になるとみかんを食べたい!と思う時期ですよね。
みかんが無い産地、食欲の秋にいち早くみかんを届けたい!という思いで作っています。
甘酸っぱいみかんらしさを味わっていただけます。