和歌山県西牟婁郡上富田町

井戸本拓也

井戸本農園

お米

◆お客さまへのごあいさつ
井戸本農園の井戸本拓也です。和歌山県西牟婁郡上富田町出身で、生まれ育ったこの地でお米の生産販売をしています。県内で唯一ダムのない“清流、富田川”の伏流水で丹精込めて育てています。

◆農家になった経緯
子どもの頃、私は農業が嫌いでした。家族経営ということもあり、幼い頃から休日には田んぼの仕事を手伝っていました。その姿を同級生に指をさされて笑われたこともあったので、父の仕事は人から笑われる仕事なのだ..とショックを受けたこともありました。しかし、社会人になりこの上富田町に戻って仕事を手伝っていくうちに、丹精込めて育てたお米を販売し、お客様からの感謝の声を直に聞くことができ、父の仕事はこんなにも“感謝”される仕事なのだと誇りに思いました。私は今農業が大好きです。

◆「ふっくら、もちもち」”きぬむすめ”
世界遺産熊野古道の玄関口にあたり自然豊かな上富田。和歌山県内で唯一ダムのない富田川の伏流水や粘土質の土といった恵まれた環境のもとでお米を作っています。
特に、“きぬむすめ”という品種は炊飯した時の白さとツヤに優れ、粘りが強く
「ふっくら、もちもち」なお米です。

◆今後の展望・夢
私たちは作ったお米の販売を対面販売にこだわってきました。対面販売では私たちにとってお客様の生の声、感謝の言葉を直に聞くことができ、大きなモチベーションとなっています。またお客様にとっても生産者から直接購入できるという点で安心感をもって購入いただいています。これからも対面販売という軸は変わりませんが、やはり配達距離が限られます。県外や遠方のお客様にももっと私たちのお米を食べていただきたい!インターネットやSNSを通じてより多くのお客様とつながりたい!という思いがより一層強くなっていきました。このポケットマルシェを通じて一人でも多くの方に井戸本農園を知ってもらい、少しでも多くの消費者の方に丹精込めて育てたお米をお届けしたいと思っています。

井戸本拓也さんの記事はありません。