滋賀県東近江市

宮川 心

Farm Tea Notes

お茶、しらぬい、いちじく

ご覧いただきありがとうございます。

お茶と農業が好きすぎて、バックパッカーとして2年間世界の農家を巡った後、滋賀県の江戸時代から続く茶園とご縁をいただき、就農しました。

農場の管理、加工、販売までのすべてを手掛けています。


〇農場名
Farm Tea Notesと申します。
Farm Tea Notes(ファーム ティー ノーツ)という農場名には、虫、動物、植物、微生物、取り巻く環境、そして人が響きあって、素敵なメロディーを奏でる農園をつくっていきたいという願いを込めています。
そのメロディーを凝縮して、お茶や果樹などの農産物として、あなたの体と心へお届けできれば、この上ない幸せです。




〇Farm Tea Notesの目指すもの
Farm Tea Notesの農産物は

「農業のいい所は、太陽と水と技術で、一つの種を一万倍に増やせること!」
「無理をしない、させない。循環させることで無駄なく、みんなハッピーに!」

という考えから、すべて農薬不使用、もしくは最低限の農薬のみの低農薬栽培です。

堆肥、肥料はクズ大豆や、薬剤を使用せず飼育されている馬の糞などから自作しており、地域での循環を目指しています。
補助的に化学肥料を使用することはあります。

さらに具体的には、

例えば、私(ヒト)が草刈りをすると、石油を使うし、疲れる。

でもヤギやニワトリが草刈り(食事)をすれば、彼らはお腹がいっぱいで、運動もできて幸せ、私は草刈りしなくてすんで幸せ、石油を燃やしてCO2を排出しないので環境も幸せ、糞が肥料になって植物も幸せ、ついでに卵もいただける、という感じを目指しています。

そういう農場をデザインしている途中です。
ヒト以外の生き物が当たり前にいていい、のどかな風景を青写真として描いています。


Farm Tea Notesの農産物とポケマルを通して、全国の皆様とやり取りができると嬉しいです。
よろしくお願い致します!