茨城県土浦市

十川英和

株式会社久松農園

にんじんジュース

◆お客さまへのごあいさつ◆
─ ─ ─ ─ ─
久松農園 出荷担当の十川(そごう)です。年間100種類以上の野菜を、露地で農薬を使わずに育て、畑から直接お届けしています。
─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
─ ─ ─ ─ ─
筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。
寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。

おいしさを届けるために,
1,収量や見栄えよりも味の良い品種を選び,
2,その野菜に適した時期につくり,
3,採りたてを鮮度よくお届けしています。
─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
─ ─ ─ ─ ─
【畑の今を ドヤ顔でおすそわけ】
私たちは,美味しく、楽しい野菜づくりをしながら,今を味わい,今を楽しんでいます。
そんな私たちの野菜を,農園そのものを,皆さんと分かち合いたいと考えています。
─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
─ ─ ─ ─ ─
【目指しているもの】
私たちの目標はシンプルです。おいしい野菜でお客さんに喜んでもらうこと。
手の込んだ技術に頼らずとも、当たり前の時期に当たり前に育つ野菜を採りたてで食べれば、とても美味しいものです。

理想とするのは、口先だけの甘さではなく、食べた人の体になり心になる、滋味のある野菜。派手なご馳走よりも、日々の食卓をしっかり支える、飽きの来ない味。

「お、この小松菜、味が濃いね」 私たちのつくる野菜でそんな会話が弾んだら、とても嬉しく思います。
─ ─ ─ ─ ─

◆その他アピールポイント◆
─ ─ ─ ─ ─
自分たちのやりたい野菜づくりで、お客さんに深く喜んでもらい、経営がきちんと成り立つ。
どの要素が欠けても、持続的な農場の運営はできません。

たくさんの種類の野菜を、露地で農薬を使わずに育て、直接お客さんにお届けする、という私たちのやり方は、栽培の上でも、経営の上でも、決して効率のいい方法ではありません。
それでも、私たちは、色とりどりのパッチワークのような畑が好きなのです。
力強く育つ野菜の間を吹き抜ける風の中で感じる充実感は、何物にも代えられません。もっと上手な栽培や販売の方法がある、と言われても、それを手放すことは出来ないのです。

とは言っても、ちっぽけな農園です。私たちだけでは何も出来ません。さまざまな形でサポートして下さる方々や、野菜を買って下さるお客様の力を借りながら、私たちのワガママを貫きたい。そして、その成果を、支えて下さる皆様や、これから農業をやりたい人たちに還元していきたい、と思っています。

十川英和さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするにはログインしてください

momo
2018.06.20.
にんじんジュースすぐに到着しました。
早速自家製ベーグルに入れてにんじんベーグル作ってみました! かわいいきれいなニンジン色のおいしいパンができました☺🍩 ジュースでも濃くておいしいです。ありがとうございました

Bxvrfdqu4gukgddadmyp

十川英和
2018.06.20.
にんじんジュースのご注文ありがとうございます!
ベーグル、色がキレイですね~
美味しそうです!